てきすとぽいトップページへ
投稿お試しページ(12月末まで)
〔 作品1 〕
おひさしぶりですコンニチワ
 投稿時刻 : 2016.12.04 11:07
 字数 : 508
5
投票しない
おひさしぶりですコンニチワ
マザー♧シップ


私のことなど、誰もおぼえていない。ひさしぶりにやてきたので。

アカウント名も変わている。何もかもが変わている。知ている人がいるようで、たぶんだれもいない。私自身、作風も変わているかもしれない。いや、すこしも成長していないので、気づくも気づかないも

「あのときのお前だろ?」

という茶番がすぐさま繰り広げられるかもしれない。あ、あるわ。これはあり得る。バリエーンの少なさは、才能のなさを判別するいちばんのキーポイント。

さて、あの頃の私は説家になりたかたのだけれども、

今の私は、小説が書きたい。

上手いかどうかはどうでもよく、ともかく書きたくなて、書くということが楽しくて。正直、仕上がりなんかよく見たくない。感想も、良いのじなければ全然ききたくない。うん、絶対にうまくならないだろう。完全なる趣味。小説家にはなれない、どころか売文でお金は稼げないだろう。

でもまあ、そんなことはどうでもいいんだ。

私は誰かに評価されてうまくなていく、そんな螺旋にのれる器ではなかたのだ。そんなことに気付くのに、まるで3年もかかてしまたんだよワトスン君。

ともかく、私はまた書き始めました。そして、また遊びに来てみました。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない