てきすとぽいトップページへ
【BNSK】品評会 in てきすとぽい season 14
 1 «〔 作品2 〕» 3  6 
名探偵上海2 違法捜査ダメ、絶対。
夏SNOOPY
 投稿時刻 : 2015.09.20 08:09
 字数 : 4178
5
投票しない
名探偵上海2 違法捜査ダメ、絶対。
夏SNOOPY


「いい? この「フリーター、家を買う。」て本に書いてある内容、これは、まともな職業に就いていないキモオタの妄想なんだからね! こんなのを気にしち駄目よ!」
「ええー! そうなの?」
「はあー、もういいわ。一応説明してあげる。あのね、世間はまだ、就職氷河期真最中なの。たかだか一年、ドカタで頑張て働いたからて、事務に昇進できるわけがないのよ。それに、最近の企業が、ガバガバの経理でいい加減に経営されてるわけがないのよ。全部電子化されて、白日の下に全ての真実が晒されているのよ。作業員の飲むジスやらの値段まで、たちどころに分かるのが当然なんだからね。お姉さんが当然の真実を教えてあげるわ」
「当然の真実? なんだか寒気がしてきたんだけど」
「そりそうよ。恐れおののきなさい。たかが同じ志社大学で新卒でもないアホにどんな仕事が待ているか。第二新卒? そんなの鼻クソにもならないわよ。あー、アホくさ。これからあなたが仕事を手に入れるために、どのぐらいのことをしなくちならないか、お姉ちんがたぷり教えてあげる」



 四川織の 労働意欲のない絣お姉ちんのための、正しい就職アンド人生講座



 今からバイトの面接を受けます。頭下げてでも何でも受かります。(ここに決まらなかたら飢え死にしてしまうんです、という泣き落としでも可)
 そのバイトを死ぬほどこなします。月に12万は稼げるはず。
 そのまま60まで続けます。初めに決また仕事はとても貴重なものなので、間違ても三月でやめてはいけません。ただし、半年やたとか、一年やたとか、そんなことで欲を出さないこと。あなたが欲を掻いても、周囲の人はあなたを動物園の珍獣のようにしか見ません。
(檻で飼われた動物みたいに外の世界のことが分からない奴だと思われる)
 それ以外に道はありません。最初に決また仕事にしがみつきましう。もといい仕事はないかなんて、間違ても思てはいけません。
 住む場所は一生実家を検討してください。間違えても家賃三万の社宅から引越そうなんて思わないでください。え、引越したい? 死神ですかあなたは。
 老後は年金でひそりと暮らします。勿論厚生年金、共済年金なんてものは貰えません。



……な、何これ」
「そう、これがあなたが見なきいけない現実よ」



 そんなことを言われても、絣には信じられなかた。
 いいさ、もう、この「新卒お断り! 落ちこぼれだけを採ります」て企業に応募するから。



「分かた? 分かたら早く履歴書買てきなさい。書き方はどんなでもいいわ。泣き落としを使うんだから」
「はーい」
 へ。そんなのイヤだよ。絶対就職して妹の鼻を明かしてやる。



 面接会場は、この狭い大阪の中でも特に清閑とした、人の来ない死角ともいえる場所だた。
 なんか、三日たたらわずかにある建物も敷地も、何もかも全て新しくな
「誰も使ていないので撤去しました」
 といわれそうな、本当のデドスペースだた。何トンもありそうな巨大なコンテナが何個も積み上げられ、複雑な地形を作ていて、小学生が喜ぶ巨大迷路のような趣を漂わせていた。
 そんなコンテナの箱庭の一角に、二階建て六畳ぐらいの小さいテナント小屋があて、その一階の照明がついていた。これもやぱりいつの間にかなくな
「工事の時だけ使うので、もう撤去してありません」
 といわれても仕方ないような造りだた。こんな所で、本当に面接なんて出来るのか? 待合室はどこ? 外で待つの?
 え、もしかして、入り口から延びる十人程度の列は、面接を受ける順番を待ている列だろうか?
「すいません、皆さん面接希望者ですか?」
 人の声一つしない静けさに圧倒されながら、最後尾に待つ真面目そうな若者に聞いてみた。
「ええ、そうですよ」
「ひええええ!」
 突然何者かの唸り声……いや、叫び声があたりにこだました。思わず列の先に目を凝らす。
 声の主は……あの眼鏡かけた出目金か。気持ち悪い。なんだか知らないが、いかにも神経質そうな容貌である。春だというのに、何であんなコートを羽織ているんだろうか。ギと出た目がきろきろあたりを見回している。じと見ていたら目が合てしまた。気持ち悪い。男は、自分では我慢できないのか、ゆらゆらと前後に揺れながら、しきりと手を揉んでいる。あり駄目だ、イカレてるよ……
 テナント小屋の扉が開き、男が出てきた。
「ひあああああ! 昨日から草やてねえから禁断症状で死んじまいそうだぜ!」
 おいおい。いいからそのまま死ね。
「大丈夫ですかね、あの人」
「そうですね」
「まあ、大きな声では言えませんが……新卒じなくてもいい、なんて言たら、集まてくるのは前科者か、麻薬の常習犯ぐらいのもんですよ。ここだけの話、私も売人で……どうですか、お一つ」
「い、いりません。私普通の、堅気の人間なので」
「そうですか。残念です」
 私の後ろに並ぶ人は誰もいない。一人ずつ、部屋に入ては出て行く。風が吹いて、コンテナと地面の境目から生えている草が、そよそよとそよぐ。就職できない私たちへの、餞別とでもいうべきか。だが、この中でいたい何人が就職するのだろう。二人。何となくそう思た。次の瞬間、その二人の中に自分が入ているかどうかを考えて、愕然とした。無理だろう。
 もう諦めて早く帰ろうかしら。
 いや、そういうわけにはいかない。妹の織の鼻を明かしてやるんだ。絶対に内定を取る。そのために、ここにやてきたのだ。
 同じ志社大学……確かに、「Fラン並の難度の割に就職はいい」とか、「コネを使て生徒をねじ込む」とか、散々にいわれている。でも、そう馬鹿にしたものでもない。京大や東大を出てホームレスになている奴だているんだ。文系学部を出てもシステムエンジニアになている人もいる。同情を禁じ得ない。まあいい。
 部屋に入る以前から、のべつ幕なし何事か呟いていた奴が、部屋から出てきた。足取りも覚束ないながら、ボツボツ呟きながらどこかへと去ていた。
「所詮こんなのは無理だたんですわ。私の職歴でこんな仕事に受かろうなんて虫が良すぎる。ほんまにアホや俺は。もうどうでもいい。どうでもいい。無理やたんですわ。無理やたんですわ。……
 ぐ
「私は受かる!」
「ん?」
「私は受かる! うおお!」
「なんや、やめときやめとき。滅多なことじ通らんよ、ここの面接は……
「同じ志社舐めんな! 絶対受かてやる!」
「ああ……なんにもいわれへん。こんなところの面接受かるぐらいやたら、うんこでも食てた方がマシかもしれんな……ふふ……
「何いてるんです! あなたのやる気がないから落ちたんでしう!」
「違うで、ワシはただ……
「聞く耳持ちませんから! さよなら!」
 長かた列は半分になた。もう、どんなことがあても驚かない。何を訊ねられても、動じない。絶対だ。弁論術には自信がある。必ず勝つ!



 中に入ると、まるで刑務所のような……いや、みどりの窓口のような構造で、マジクミラーの、こちらから見えないボクスに人が入ているらしく、女性の声だけが聞こえた。
「いらいませー。お待たせしました、大林建設です。本日はどのようなご用件でいらいましたか?」
 え? 面接でし。もちろん面接を受けるためだよな。
「面接を受けるためです」
「そうですか……では、あなたはこの会社のために何が出来ますか?」
「え、ええと……未熟者だけど、それでも精一杯努力して、この会社をよくすることに貢献したいと思ています」
「そうですか……それでは、あなたはこの会社のために、どれほどまで努力が出来ますか?」
「ええと……出来る限りのことは致したいと思ております」
「ほう、では……具体的に言て、あなたはこの会社で何かミスをしたら、土下座できますか?」
 ゲ。ま、まあ、そのぐらいならできる!
「はい、できます」
「はい。では、この場で土下座してみてください。できますよね?」
 え? い、今?
「はい」
 この通りだ。私の誠実な気持ち、会社に通じてくれ!
「では、次です……



「あなたは会社のために、ウンコを食べられますか?」
「え?」
「ウンコです。食べられますか?」
「無理です! 失礼しました!」



「フン、ゴミが……使い物にならぬわ。誰もお前らのことなど求めていないと弁えろ。フ……。いいなりにならない社員などゴミ以下の存在価値しかないのだ。ひたすら従順、追従する社員以外は必要ではない。その上残業は百時間でも耐えられるような社員、それこそ理想の社員なのだ。頭を使て考えるような奴は必要ないんだ! くたばれゴミ共が!」



「では四川警部、事件の概要を説明してください!」
「先日私の家で、ボヤ騒ぎがあ……ほ、本当に事件なのか? これは……事故じないのか?」
「そうでーす。なぜなら、仕事がなさすぎる絣お嬢様は、何もかも破滅して失えば開き直れる、と思ているから! 立派な動機です! 絣お嬢様は、投げやりになていたのよ! そして、LINEで犯行予告を繰り返していたから! 駄目ですねー誰も見てないと思て犯行予告しち! 犯人は四川絣、あなただー!」(ビシ!)
「ふ、ふん。動機だけで、状況証拠と犯人の自白以外に証拠もないんじ、探偵の名折れよね」
「そんなことない! 大体名探偵コナンでも、江戸川乱歩ですら、証拠とトリクに凝るあまり、動機はおろそかになる。だが、私はそうじない! 動機こそが推理の神髄!(ビシビシ!)そして証拠はこれ! 四川警部の家に仕掛けた、沢山の盗聴器を使ての録音!」
「な、なんですて! いつの間に!」
「知り合いの家に盗聴器を仕掛けるぐらい、今時当たり前よね!」
「そ、そんなことをしたら……
「それからこれ、北京、言われちう前に早く!」
「はいお嬢様。僭越ながら申し上げます。このようなことをしていると、法に触れてしまいます。違法行為はおやめくださいませ」
「何いてるのよ北京、もう触れてるわよ! なんちて! みんな、聞いてる? 法律違反は駄目よ、絶対! 真似しち厭よ!」



「こうなたら……逆にプライバシー侵害で訴える!」
「無理よ、なぜて、今日本では司法取引がある! そんな物じ私は捕まらない!」
「十兆円でよろしいでしうか」
「十分よ!」
「そ、そんな!」



 めでたしめでたし 完
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない