てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
横顔
 投稿時刻 : 2020.04.18 23:43
 字数 : 3526
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2020.04.26 01:42
whiteorca @white0rca
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
とても清潔な主人公である受験生の視点と、そこに絡める風俗嬢、そんな対比が、純粋さという点で一致するという構成になっているように思える。恋心なのか、自分の世界との「境界線」を飛び越えられない自分へのふがいなさへの思いなのか、泣いているようにも見える終わりが良い。そういった純粋だからこその、抱え切れ無さ。迷いの萌芽という物を捕まえようとしている作品だと感じた。他愛無いことでも世界が崩壊するほど正面から受け止めてしまえる頃をもう忘れてしまった側からすると、これはもしかしたら初恋なのかもしれないとも想う。自らも気づかないままに、心の動きを持て余してしまうというあの年代特有の。明希が振り切っていくひとつの理由に、理樹が意識しないままに変わって行くことを見るという。明希がウエットになっていないところと、ひらがな多めでしゃべるところが、少し先に行ってしまっている未来の、どこか希望のようにも思えた。

コメント前に
する
ネタバレを含む