てきすとぽいトップページへ
勝手に連動 第6回ぽい杯スピンオフ賞
 1 «〔 作品2 〕
となりのへや
茶屋
 投稿時刻 : 2013.06.23 18:52
 字数 : 814
5
投票しない
となりのへや
茶屋


「やべこえ
 信親は布団に身をくるませて震えていた。
 アパートの隣の部屋から泣き声が聞こえるからだ。何か金属製の缶が転がるような音がして目を覚ましてから、うつらうつらとまどろんでいると、しばらくしてから女の泣き声。しくしくと、さめざめと。この世に残した後悔を、恨みを、晴らしても晴らしきれぬ思いに苛まれているかのような悲しい涙の音だ。
 待て待て、と信親は思う。
 別に幽霊と決またわけではない。
 隣に誰も住んでいないと思い込んでいただけで、ただ隣の住人が世の辛さに涙しているだけかもしれない。今日はたまたま仕事がなかたからこうして人と同じ睡眠時間に甘んじていられるが、昼間に寝て夜働くのが信親の常だ。だからアパートのどこが空き部屋で、どこに人が住んでいるかということを全く把握していない。それに信親は不定休で、休みの日に顔を合わせるということもないのだ。
 だが、どうも、隣から聞こえる泣き声は人のものとは思えぬのだ。
 人ならざるもの。それはつまり……
 
 否。否。否。
 
 科学の申し子たる俺がそんな蒙昧な概念に怯えるものか!
 今まで戦てきた相手とて、怪物ではあたが、決して科学で説明のつかぬ超常存在ではなかたのだ。
 
 曽我部信親は改造人間である。
 彼を改造したSieben Wolf㈱は、一部上場を目論む悪のベンチ結社である。
 曽我部信親は己の生活のため、悪と戦うのだ。
 
 彼は勢い良く布団をはねのけ、険しい目つきで壁を見つめる。
「はあ
 拳を握りしめ、全身に力を貯めこんでいく。
「変身」
 信親の体を不思議な力が包み込み、眩いばかりの光を放た。
 次の瞬間、そこに現れたのは鋼の装甲を纏た英雄の姿だた。
 戦闘形態となた彼の目は赤外線からX線まで幅広く完治することが出来、超人的な頭脳が素早くかつ総合的に情報を処理して、適切な情報を手に入れることができるのだ。

「おなごおるやん」
 
 信親はため息をつきながら変身を解除すると、そのまま布団に潜り込んだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない