てきすとぽいトップページへ
勝手に連動 第10回ぽい杯スピンオフ賞(土日版)
〔 作品1 〕» 2 
仮面パンダー -壱-
茶屋
 投稿時刻 : 2013.10.19 14:34
 字数 : 2997
5
投票しない
仮面パンダー -壱-
茶屋


「いたいいたいどうなている」
 もじもじの白髪を掻き回しながら、今にもずり落ちそうな眼鏡越しにモニターを眺めている白衣の男。
「そんな馬鹿な馬鹿なありえんありえんおかしいおかしい」
 いかにも「THE 博士」といた風体の男の肩に止また烏が甲高い声で真似をする。
「うるさいうるさい!」
 博士は烏を打つように拳を振り上げるが、烏はいつものことと言わんばかりに悠々と飛び立てその拳を避ける。
「わからんわからん」
 博士の名は獅子神。世界征服を企む悪の秘密結社・ポイカーの大幹部である。

 仮面パンダー本藤武は改造人間である。彼を改造したポイカーは、世界征服を企む悪の秘密結社である。仮面パンダーは頭痛を治すために、ポイカーと闘うのだ!
 戦え!仮面パンダー
「頭痛
 本藤は公園のベンチに座りながら、頭を抱えている。最後に「わるいやつ」を殺してからもう3日経つ。頭の痛みも段々と強くなてきており、そろそろ「わるいやつ」殺さないと無差別殺人でも起こしてしまいそうな具合だ。
「わるいやつは、どこだ」
「むに、どうも反応が弱いに
「くそが」
 本藤は鉄パイプで猫を殴りつけるが、猫は優雅にそれを避ける。
「仕方ないに。そろそろ敵も感づく頃だにん」
「くそが。何でこんなに頭いてんだ」
「そり改造が失敗したからにん。遠隔操作のためのデバイスチプが不良品だたんに
「くそ。ぶ殺す」
「その意気に
 失敗作として捨てられていた本藤が謎の猫に導かれ仮面パンダーとして覚醒したが、頭の痛みのせいで記憶も曖昧だた。猫が言うには悪いやつを殺せば頭の痛みが緩和されるらしいが、理屈はよくわからない。実のところ猫が本藤の頭の痛みをコントロールしているのだが、痛みに耐えることで精一杯の本藤はそれに気づいていない。そもそも全て現実感がなく、すべてが幻覚とすら思えている。
 ただひとつ確かなのはこの痛み。
 これだけは現実だ。
 最悪の、現実だ。

 『目標 世界征服 獅子神』と新年の書き初めが吊るされているここは博士の部屋だ。
 そんなことを書いておきながら博士は大好きな研究ばかりにのめり込み、役に立つかもよくわからない発明ばかりしていて、世界征服のことなどすかり忘れてしまている。時々は他の幹部にそのことを指摘されるのだが、「すんまへんすんまへん」とのらりくらりしているのだ。
 そんな獅子神博士は昨今の戦闘員連続殺害事件に頭を悩ませていた。
 戦闘員が事故で死ぬことは今まで無いではなかたが、ここまで連続したのは初めてだ。
 誰かが戦闘員を狙て殺して回ているとしか思えない。
 だが、どうやて?
 戦闘員は本人も無自覚のまま戦闘員となているのだ。
 ポイカー系列のフロント企業グループが提携して発行している「ぽいポイントカード」を所持するものが戦闘員と化す。ポイントカードに隠された機能はポイカーからの通信を受け取ると所持者は戦闘員に強制的に変身させられ、洗脳効果により目の前のものと戦うことになるのだ。大量の従業員を雇用することの出来ぬ秘密結社ならではの問題を一挙に解決する名案だたのであるが、しかりとした管理下あるわけではないので戦闘員であるというだけで狙われると対処が難しい事態となている。
「ちとちと泳がせてみるかな。いやいや待て待て、新作を試してみるかみるか」
 博士の部屋にある手術台の上に横たわた女がいた。
「目覚めよ目覚めよもう朝だゆくのだゆくのだ犬犬怪人」

 臭いな。
 女はいつもより鼻が敏感になてような気がした。鼻の中もいつもより湿た感覚がある。
 何だろう。何かのアレルギーとかなのかな。
 異常は感じるものの、特段不自由があるというわけでもないので医者にもいかずに会社に出かけることにした。どことなくぼーとする頭で歩いていると、いつの間にか知らない道を歩いていた。
 何かの臭いに引きつけられている。
 いくら道を修正しようと試みてみても、いつの間にか臭いの方向へ歩いて行てしまうのだ。
 そうこうしているうちに、女は男とぶつかた。
「すいません」
「痛
「あ、大丈夫ですか」
 男は女の方など見向きもせずに頭を抑えながら通りすぎようとした。
 男の格好はボロボロで、薄汚く汚れている。
 ホームレスだろうか。
 顔はなかなかなのに勿体無い。けど、鉄パイプなんて持てるしあまり深く関わらない方がいい。
 でもこの臭い、男の方から。
 どこか懐かしい気もする。
 どこかで、この臭い。
 何かを思い出そうとしたその時、女の体に衝撃が走た。これはもしかして恋てやつなの。ほら、ビビビて来たし、いやビビビて言うよりゴリゴリゴリていうかメキメキバキバキていうか何これ体中痛いんですけど何か腕も変な方向に曲がていつもより身長が高くなたような気がするし音はうるさいしガウいたたたいたいガウグルル何何なにが唸てんの犬でもいんのガウワウグルル。
 
 仮面パンダーの目の前に犬の怪人が姿を現した。
 いつの間に、だが。
「悪いやつ、見つけた」
 本藤はニカと笑うと鉄パイプで怪人を殴りつける。ガンという大きな音がした。
 折れた。
 鉄パイプが。
 犬怪人は蝿でも振り払うかのように本藤を軽々と壁へと叩きつけた。
「痛んだよ……
 衝撃で頭痛が大きくなり、視界もぼやけている。犬怪人が大きな足音を立てながら迫てくる。
「変身するに!」
 猫が叫ぶ。
 犬も叫ぶ。
 パンダも叫ぶ。
「変身!」
 犬怪人が止めとばかりに本藤に拳を叩きつけると雷迅が駆け抜け、閃光の元、頭でかちなシルエトが現れた。
「痛てえんだよくそが!!!!」
 着ぐるみパンダのヘドを被り、手に持ちたるはオリハルコンのパイプ。
 犬怪人の攻撃を一撃ではねのけると、後は戦いの緩急など全く無視した一方的暴力。
 殴る殴る殴る叩く叩く叩く潰す潰す潰す。
 ボロボロになた犬怪人は一瞬の隙を見て逃げ出した。
「追うに!」
 言われずとも仮面パンダーは追いかけ始めていた。
 殺さないと、痛みがとれない。
「痛んだよ…………
 パンダの顔がグラグラと揺れる。

路地裏/袋小路。
夜/満月。
人/パンダ。
「なあ」
 パンダが篭たような声を発した。
「お前、悪いやつなんだろ」
 女は反論しようにも声を出すことが出来ない。犬怪人になた時、喉を潰されたのだ。
「知てるよ。俺にはわかるんだ。誰が悪いやつか」
 月明かりの下、パンダは鉄パイプを振り上げた。

「なあ」

「知てるか?」

「悪い奴は正義の味方にぶ殺されるんだよ」

 どうして。どうしてこんなことになたんだろう。
 まだ死にたくない。
 まだ、何もできていないのに。
 まだ……

 女は夢を見ていた。
 懐かしい。学び舎の夢だ。
 女は友達と楽しげに話している。
 友達の輪の中で、ついつい目が行てしまう人がいる。
 本藤武。口数は少ないが動物好きで心優しい少年。
 彼のことなら何だて知てるつもりだた。

 ああ、懐かしい。
 今年の目標は彼に告白することだ、なんて意気込んでいたのに、結局そのまま卒業しちたんだけ。
 でも、何でこんなこと思い出すんだろ。
 何で。
 助けてよ。本藤くん。

 パンダは鉄パイプを振り上げ、女の脳天を砕いた。



 仮面パンダーとして覚醒した本藤は謎の組織ポイカーの怪人を何とか退けたが、その存在を獅子神博士に知られてしまう。獅子神博士は打倒仮面パンダーのため、新たな怪人を作り出すのだた。
 次回「その名はパンダー二号」。ご期待ください。
 
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない