てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
ささやかな希望
 投稿時刻 : 2014.08.02 06:29 最終更新 : 2014.08.02 15:42
 字数 : 5018
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2014.08.09 22:07
犬子蓮木 @sleeping_husky
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
なんとなく静かな感じでよかったです。ただ、彼女との時間が語りでけでなくふつうに書かれていたほうが好みだったかもしれません。回想だからということはありますが、ひとりだけの語りでは少し物足りない感じが。

プロフィール画像
2014.08.10 01:36
muomuo @muo_2
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
 死して循環する自然・生命と死なずに取り残される(もしくは再生可能な)人工物の対比が、少し変わった形で提示されていて興味深かったです。ただ、人工物らしき主人公が理性的に行動しないのが面白かった反面、矛盾と対峙せずに終わっているので妙にちくはぐな感じが残って納得できなかったのも確かです。「誰かのために誰かを殺すことは、この世で最も忌むべき行為だと思っていたのだ」と言いながら、「早く死ななければならない」彼女のためだけに(集団を撃退して殺すのはもちろん)他のすべての生物・文明(人工物=仲間)を巻き添えにして自然に還してしまう危険性・独善性……その二律背反に対峙せず「理屈は分かったけれど、感情で理解できない」という「人間ぽい」吐露だけで済んでしまっている……。この場面のために、主人公が(人間ぽく)悩んでいるというより壊れているだけに見えてしまい、せっかくの逃避行の魅力が褪せてしまったように感じました。

このイベントは、コメント投稿にアカウントが必要です。