てきすとぽいトップページへ
【BNSK】品評会 in てきすとぽい season 6
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  12 
あの暑い夏
 投稿時刻 : 2014.09.03 21:56 最終更新 : 2014.09.05 21:34
 字数 : 1118
5
投票しない
更新履歴
- 2014.09.05 21:34:27
- 2014.09.03 21:56:24
あの暑い夏
如月恭介


 もうずと昔のことだけれど、そのころの渋谷の街は、比較的健全な若者たちもけこう多くて、どちらかというとお洒落な街に分類されていたような気がする。
 僕も違わずいたて普通な青年で、その暑い夏の日の夜、やはりその渋谷にいた。
「お見合いをすることになたの」
「え……
 驚いたわけじない。彼女の真意が読めなかただけだ。なにも言わない僕にしびれをきらしたのか、彼女は眉間にしわを寄せた。
「もう待てない……
「あ、うん……
 小さく頷いてみせたものの、じつは彼女の言葉の意味なんてまたく理解できていなかた。もちろんそんなことは、彼女にはすかりお見通しだ。
「もう二十四なのよ。つきあて三年にもなるし。私のことどう思てるの?」
「あ、うん……
 言わなくてもわかてるだろう、と口には出さずに心の中でつぶやいた。でもそれは僕のとんだ勘違いで、彼女が欲しかたのは、「好き」だとか「愛してる」なんていう、数年もたてば何の価値もなくなるような戯れ言ではなかた。
 僕の煮え切らない態度にいよいよ我慢ならなくなたのか、彼女はいつになくいらついた様子で、終いにはバグをつかんで、「もういい」と吐き捨てて立ち上がてしまた。そして、「私なんてどうなてもいいんでし!」と言い残して、店の出口に向かて歩き始めた。あわてて僕は後を追た。あたりまえである。たしかに今と比べれば渋谷の街はずと安全だたけれど、それでもやぱり渋谷の繁華街である。放ておくわけにはいかない。
 けく僕たちは道玄坂まで行き、もう電車もなかたし、その夜はラブホテルに泊また。そしてその僕の行為が、彼女にしてみればYesとうつたらしく、翌日の彼女はいたて上機嫌で、弾ける笑顔を絶やさなかた。
 それから数日後――
「いつにする?」
「いや、まだちとはやいし……
 もちろん、結婚の話だ。ほんとうは迷う理由なんてなにもなかた。彼女は正直で美しくて、それになにより優しかた。でも僕は迷た。いろいろと自信がなかたのだ。でもそんな僕の思いは、彼女には通じなかたようだ。
「もういい!」
 ガチンと電話が切れた。
 それから三月後――
 僕は横浜の市立病院の廊下で息を切らし、神にも祈る気持ちで佇んでいた。連絡を受けてからまだ一時間たらず、いまだに信じられなかた。そしてようやく手術室のドアが開き、白衣姿の先生が現れた。そのとき先生の言た言葉が、いまだに僕の脳裏に焼き付いて離れない。
「残念でした……

 交通事故とはいえ、今でも僕は、自分の責任だという思いを捨てきれない。そして暑い夏が来るたび想い出すのだ。かつてのあの渋谷の街の明るい景色と、弾けるような彼女の笑顔を――
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない