てきすとぽいトップページへ
しゃん様生誕祭 6月に祝日を作ろう大賞
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  10 
心がさけびたりなんだ。
大沢愛
 投稿時刻 : 2015.06.08 07:58
 字数 : 1930
5
投票しない
心がさけびたりなんだ。
大沢愛


 夜半になて、雨脚はひときわ強くなていた。

 六月の夜だというのに、傘を差して歩き過ぎるひとたちは上着の襟元を掻き寄せ、口の周りには白い息がまとわりついていた。

 街灯脇の暗がりに彼は座り込んでいた。
 髪から額を伝て流れ落ちるしずくが、鼻先で膨らむ。
 まるでピエロだ、と彼は思た。
 ウイスキーの瓶が、投げ出した両脚の間に転がている。
 口にするたびに心の痛みが融け出して、目の前の一刻をやり過ごすことができた。
 雨に打たれて、身体は冷え切ていた。
 彼の座り込んだアスフルトの周りは水たまりになていた。
 なにもかもが濡れそぼち、体温を奪て行た。
 もう冷たさも感じない。
 それでも、胸のあたりのかすかな痛みだけは、暗闇の灯火のようにともり続けていた。

 かつて、輝いていた時間があた。
 そのまん中に彼はいた。
 すべてに手が届くはずだた。
 笑顔や賞讃に囲まれて、彼の背中の白い翼は誇らしげに天を指していた。
 高みにあるもの、仰ぎ見る者には引き換えることのかなわないもの、その頂へと彼は羽ばたこうとしていた。
 輝きのなかで、彼の足は静かに大地を離れ、温かな光に導かれるように天へと舞い上がていた。
 徐々に光に盲いてゆく彼の目の前に、人のすがたが現れた。
 みすぼらしいなりで、おどおどとした眼の娘。
 高みへの道は閉ざされて地面近くを漂うしかない、多くの人々と同じ、平凡な娘。
 彼は手を伸ばした。
 すべてを摑むことのできる手は、娘を手のひらに収め、小さな宝石へと変えるはずだた。
 怯えた娘の胸元で、彼の指は空を切た。
 つい、と娘は遠ざかる。
 みすぼらしかたはずの姿は光に包まれ、背中には彼よりもさらに凛とした黄金の翼が備わていた。
 怯懦と映た顔は、悲しみに満ちていた。
 娘は光の彼方へと消え、そして彼は地面に立ち尽くしていた。
 彼の背中には翼はなかた。
 身なりはみすぼらしく、その手に摑めるのはもはや土くれのみだた。

 大粒の雨が身体を打ち続ける。
 頭蓋に反響して、耳からこぼれ出る、音、音、音。
 ズボンに沁みとおる雨水と彼の足との境目はなくなりつつあた。
 ウイスキーはもう残ていない。
 光は遠ざかてしまた。
 奇蹟の時間はあとわずかだ。
 ボトルに弾ける雨脚を薄目に捉えながら、痛みを抱えた枯れホオズキが暗がりに揺れる。
 耳朶から流れ込んだ雨滴が、かすかに音を立てていた。
 耳抜きをする気もなくなり、鳴るにまかせる。
 音はしだいに囁きへと変貌していた。

――くすくすくすくすくすくすくすくすくすくすくすくす

 ひとつ、またひとつと増えてゆく。
 耳にちいさな口を寄せて、無数の笑い声が彼を包んでゆく。

 痛みが押し潰されそうになる。
 動かなかたはずの腕がぴくりと動いた。
 ずぶ濡れのシツを伝て、ほんとうにすこしずつ左胸へと這い登らせる。
 ようやくたどり着いた。
 胸を摑み、渾身の力で握り締める。
 彼に残ていた力では、落ちないようにしがみつくだけで精いぱいだた。
 翼はとうに失われ、光も見えない。
 彼に残されているのはこの痛みだけだた。
 この痛みのせいで、大地に縛り付けられ、嘲笑われ、ウイスキーを呷て日々をやり過ごすしかなくなた。
 彼は逃れようとしていたはずだた。
 痛みの尽きることを望んでいたはずだた。
 そしていま、彼は最後のときに臨んで、痛みを守ろうとしていた。

――くすくすくすくすくすくすくすくすくすくすくすくす

 無数のちいさな笑い声は、雨音よりも大きくなていた。
 背中が、わずかに曲がる。
 左胸を抱えるように丸まる。
 首筋に雨脚を感じる。
 冷え切ていたはずの身体にも、まだ感覚が残ていたのがおかしかた。
 胸の中で彼を刺し続ける痛みを、愛おしむように包む。
 自分がいなくなれば、痛みは存在することはかなわなくなる。
 与えることができる限り、すべてを与えてやろう。

 痛みが薄れてきた。
 彼は身体に残たすべてを痛みへと供し続けた。
 熾火が冷めていくように、痛みはかたちを失てゆく。
 彼の眼には涙が浮かびそうになた。
 その涙のぶんも痛みへと捧げよう。
 彼の身体はみすぼらしく萎んで行た。
 痛みは彼を刺し続けた。
 彼は笑顔で、それを受け止め続けた。
 空の彼方へ消えた娘を思う。
 あの娘の中で、彼は痛みになたのだろうか。
 彼女を苦しめないようにはやく消えてしまいたい。
 それでも、自分の中の痛みを思うと、彼はあがき続けることを選んだ。
 雨脚は強くなる。
 囁きも聞こえない。
 尖た痛みは、彼に守られながら、闇の中でいつまでも灯り続けていた。


 雨は止んでいた。
 いつもどおりの月曜日の朝だた。
 朝日が街並のそこかしこに弾けている。
 街灯脇の紫陽花の茂みが、雨滴を宿して輝いている。
 茂みに囲まれた水たまりにはウイスキーのボトルがひとつ、朝日を受けて転がていた。

                (了)
 
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない