てきすとぽいトップページへ
投稿お試しページ(8月末まで)
〔 作品1 〕» 2 
ツイッターの気概
 投稿時刻 : 2013.06.14 23:41
 字数 : 716
5
投票しない
ツイッターの気概
豆ヒヨコ


 その日の会議は白熱していた。ミクシは巻き毛(人工的なやつ)をはねあげて怒りを表し、グーグルプラスはいつものスカした態度でコーヒーのおかわりを注ぎにいた。ツイターはすでに泣きそうだた。
「…で、2ちんねるさんはご意見ないんですか」
 フイスブクが仕方なく、ため息まじりに話をふた。ミクシがいちご色のネイルをいじくりながら、ふんと大きく鼻を鳴らす。
「ご意見? 俺のパイとお前らのパイ、ぜんぜん被てねえだろう。陣地とりのいさかいに巻き込まれるのはごめんだて言たはずだぜ。俺はただ、上がうるさいから形だけ出席してんだ」
「被てない? よく言うわ。ねえツイター?」
 ミクシが憤慨して大声をあげる。ツイターは突然の矛先に身が縮む思いだた。ボサボサに伸びた前髪から、2ちんねるが鋭い目をのぞかせ全員を睨みつけた。カフスボタンをはめたり外したりしながら、フイスブクもツイターを見つめる。
「そうだな…なんというか、僕のとこのお客さんは色々なWEBサービスを併用するみたいだから。でも、それはそれでアリじないかな、連動した相乗効果もあるし」
 あたりさわりのないコメント。このメンバーに通用するわけがないと知りながらも、ツイターはお茶を濁す以外の手だてを思いつけない。
「そうそう、ツイターはおいしいとこ取りなんだよ」
 気づくと、グーグルプラスが席に戻ていた。香ばしいにおいをふりまきながら、紙コプに口をつける。
「はじめるのが速かてだけで、かなり得をしているしな。ほかの者は身銭を切て多種多様のオプシンを用意しているのに、君はシンプルに徹して他サービスに寄生する作戦をとた。それがうまくいているてわけでね」
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない