てきすとぽいトップページへ
投稿お試しページ(4月末まで)
〔 作品1 〕» 2 
小さな痕跡と大きな先入観
 投稿時刻 : 2019.02.26 20:10
 字数 : 812
5
投票しない
小さな痕跡と大きな先入観
金銅鉄夫


注意:ストレスが溜まるかもしれません。


 連休が明けた日の朝、教室に入ると、僕の机がなくなていた。当たり前だけれど、しばし唖然とした。
 席替えで一番後ろになて喜んでいたのに……
 自覚がなかただけかもしれないが、イジメられてはいなかた。それに、あの大ごとになて面倒な思いをした記憶は、まだみんな薄れてないだろう。
 僕の机にはなんの価値もない。芸術的な落書きも、情緒的な詩も、宝の地図の印もない、ごく普通のありふれた机だ。
 廊下や近くの教室を探したが見つからない。
 仕方なく教室に戻た。普段休みがちで、ほこりをかぶた灰色の脳細胞を働かせてみたけれど、さぱりわからない。

 やがて先生がドアを開けた。前の担任とは対照的に、二十代の女性の教師だ。セミロングの黒髪と縁のない眼鏡。清楚な雰囲気と明るい性格で、担任になたことを喜んでいる男子も多い。
 いつもは笑みを浮かべながら、元気に挨拶をして入てくる。ところが、今日はうつむき加減で、ようやく教室の後ろまで聞こえるような声だた。
 その空気を察してか、みんな静かに席に着いた。
 一呼吸おいて、担任が口を開く。
「みなさんも、教室に入てきたときに気付いたかもしれませんね……
 言葉を選んで話しているようだ。当然かもしれない。
「そのことについて、この場では言い出せないかもしれません。だけど、なにか気になることがあたら……いえ、別になにもなくても構いません。私や、信頼できる他の先生に、いつでもいいのでお話ししてください」
 全員がうつむいていた。真剣な表情だた。膝の上で拳を握りしめる者。なかには声を殺して泣いている人もいた。

 なにかちと変だ。違和感がある。
 一瞬、頭上の蛍光灯が点滅した。

 薄くグロスが塗てある口から、予期していなかた言葉が発せられた。

「机もなくなてしまたけれど、これからも、Y君は私たちの中で生き続けます」


 ……思い出した。僕は、豆腐の角に頭をぶつけて死んだんだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない