てきすとぽいトップページへ
投稿お試しページ(12月末まで)
〔 作品1 〕
〔無題〕
 投稿時刻 : 2019.12.27 16:39 最終更新 : 2019.12.31 15:39
 字数 : 8
5
投票しない
更新履歴
- 2019.12.31 15:39:38
- 2019.12.28 15:28:10
- 2019.12.27 16:39:16
わに 万綺


 よく行く新橋のはなまるうどんがつぶれていた。グーグルマプにはそんなこと書いてなかたから意気揚々と行てみたのに、私たちの前に現れたのは空ぽになたテナントだけだた。
「あらー
 なくなてますねえ、のんびりした声でそう言て、タカハシさんはスマホを取り出した。
「近くにあるかな、はなまる」
「別にはなまるじなくてもいいですよ」
 小さな声でそう言てみたけど、たぶんこの人ははなまるが食べたいのだ。もしくは丸亀。私もポケトからスマホを出して、グーグルマプにもう一度「はなまるうどん」と打ち込んだ。昼下がり、ビルに遮られて日光の当たらないここは少し肌寒い。

 ペアーズでマチングした人が料理人だたのは今回が初めてではない。これでもう三回目だた。
 元彼と別れて半年とちと、これくらいのインターバルをとたのだからもう次へ行ていいだろう、と適当に自分に言い訳をして新しい恋人を探すことにしたのが一カ月半ほど前。会社の同僚に声を掛けて合コン的なものに出てみたり、相席居酒屋に行たり、街コンに参加してみたりしたけど、なんだかいきなり対面で初対面の異性と話すのはあまり居心地の良いものではないと気がついた。相手の表情、視線、緊張した振る舞い、そういうもの全部が気持ち悪く思えてきてしまうのだた。もちろん自分が選ぶ側だ、相手が選ばれる側だ、なんて驕ているつもりもないけど、なにも知らない異性を目の前にして「この人と恋愛できますか?」て問いを眼前に突き付けられているような焦りのある空気感にあてられてしまたのだと思う。
 だから半月ほど前からそういうことを全部やめて、マチングアプリを使うことにした。今年に入てからやたら通勤電車で広告を目にするからユーザー数は結構いるんだろうなあ、と思ていたけれど、登録して数日間、通知が鳴りやまなかたのは驚きを通り越して少し恐怖だた。

 新橋から少し歩いて、虎ノ門のはなまるうどんに入た。
 やたー、と嬉しそうに言てタカハシさんは扉を開ける。その後ろについて私も店内に入た。
「えー久しぶりですはなまる入るの。たぶん二年以上きてない」
 はなまるうどんでこんなに喜んでいるのは外国人観光客と彼くらいじないだろうか。私は笑て、注文方法おぼえてます? とからかいながら揚げ物の小皿を手に取る。

 料理人は舌が肥えているだろうし高級料理しか食べないんじないかな、なんて思ていたけれど、マチングした料理人たちはみな非常に敷居の低いカジアルな店に行きたがた。最初に会た、高級ホテルのレストランに勤めているというミヨシさんは牛角に行きたいと言て二人で焼き肉を食べたし、次に会た高級フレンチが有名なチン店に勤めるトドオリさんとは俺のフレンチおいしいよ、と言てフレンチを立ち食いし、結構面白かたので次に会たときは箱根そばを食べた。
 今日、初めて会うことになたタカハシさんもその例にもれず「何か安くて懐かしい感じのものが食べたい」と言た。11月下旬、つめたい風が少しずつその威力を増してくる季節に食べたいものと言えば、あたかいそばやうどんや鍋。私は学生ときによく行ていたお店を適当にピクアプして提案し、じあ夜は湯島にある居酒屋のもつ鍋を食べようということになた。ただ二人が観たかた映画の上映時間が妙に早い時間帯のものしかなく、観終わた時点でまだ午後の二時にもなていなかたのだた。
 そして今に至る。

「料理人だから安物は嫌いだて思てたんじないですか」
 卵のあんかけうどんをトレイに乗せたタカハシさんが、席について早々笑いながら訊ねてきた。割り箸をパキ、と綺麗に割て丼の中に滑り込ませる。私はマチングアプリで出会た人たちのことをマチングアプリで出会た別の人に話すべきかどうか一瞬思案した。
……まあ、ちと呆気にとられはしましたね」
 言わないことにした。
「マオさんて、アパレル関係でしたけ? 自社ブランドの服が好きでも、やぱり他のブランドも着たいなあとか、ユニクロいいよなあとか、思いませんか」
「ユニクロはいいですね、確かに」
 言いながら私もかけうどん小サイズを食べる。学生の頃は105円だたのに、いつの間にか150円になていてびくりした。まあそれでも安いんだし、私も社会人になたんだからもう少し高いものを頼みなよと思う。アパレル店員の賃金はあきれるほど低いから許してほしい。
「もちろんおいしいんですようちの店、びくりするくらい。自画自賛てちと恥ずかしいですけどね」
店内の有線は最近流行りのドラマ主題歌を流している。ああ、先週の録画まだ見てなかたなあ。
のんきでカジアルな店にいると、こちものんきでカジアルな気持ちになてくる。
「でも休みの日くらい、そういう完全無欠みたいなのから離れたいんですよね。マオさんの希望には添えてないかもしれないですけど」
「いや全然」私はかぶりをふる。
「高級レストランなんて記念日くらいが丁度よくないですか」
 それならよかた、とタカハシさんがまた笑うので、でもはなまるがいいていう人はなかなかいませんよ、ともうひと笑いとておく。



早い時間帯であろうとぜひ観たい、といていた例の映画はちとチープなアクシンものだた。洋画だけれど、ハリウドみたいな大がかりでスペクタクル全開ではなくて、ばかばかしい感じのB級フルム。十年前に流行たタイトルの続編なのだた。最初はひとりで行くつもりだたのだけれど、上映中に手でも握られない限り二人で行ても問題ないだろうと思い提案してみたら、彼も行きたいと思ていたのだという。十年前のタイトルもきちり映画館で見たらしい。当時中学生だた私はまだ洋画に興味がなかたので大学生になてからDVDで見たのだた。映画館で見た彼が少しうらやましい。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない