てきすとぽいトップページへ
投稿お試しページ(12月末まで)
〔 作品1 〕
〔無題〕
 投稿時刻 : 2019.12.27 16:39 最終更新 : 2019.12.31 15:39
 字数 : 8
5
投票しない
更新履歴
- 2019.12.31 15:39:38
- 2019.12.28 15:28:10
- 2019.12.27 16:39:16
これからだから上っておいでよ
わに 万綺


 よく行く新橋のはなまるうどんがつぶれていた。グーグルマプにはそんなこと書いてなかたから意気揚々と行てみたのに、私たちの前に現れたのは空ぽになたテナントだけだた。
「あらー
 なくなてますねえ、のんびりした声でそう言て、タカハシさんはスマホを取り出した。
「近くにあるかな、はなまる」
「別にはなまるじなくてもいいですよ」
 小さな声で提案してみたけど、たぶんこの人ははなまるが食べたいのだ。もしくは丸亀。私もポケトからスマホを出して、グーグルマプにもう一度「はなまるうどん」と打ち込んだ。昼下がり、ビルに遮られて日光の当たらないここは少し肌寒い。

 ペアーズでマチングした人が料理人だたのは今回が初めてではない。これでもう三回目だた。
 元彼と別れて半年とちと、これくらいのインターバルをとたのだからもう次へ行ていいだろう、と適当に自分に言い訳をして新しい恋人を探すことにしたのが一カ月半ほど前。会社の同僚に声を掛けて合コン的なものに出てみたり、相席居酒屋に行たり、街コンに参加してみたりしたけど、なんだかいきなり対面で初対面の異性と話すのはあまり居心地の良いものではないと気がついた。相手の表情、視線、緊張した振る舞い、そういうもの全部が気持ち悪く思えてきてしまうのだた。もちろん自分が選ぶ側だ、相手が選ばれる側だ、なんて驕ているつもりもないけど、なにも知らない異性を目の前にして「この人と恋愛できますか?」て問いを眼前に突き付けられているような焦りのある空気感にあてられてしまたのだと思う。
 だから半月ほど前からそういうことを全部やめて、マチングアプリを使うことにした。今年に入てからやたら通勤電車で広告を目にするからユーザー数は結構いるんだろうなあ、と思ていたけれど、登録して数日間、通知が鳴りやまなかたのは驚きを通り越して少し恐怖だた。

 新橋から少し歩いて、虎ノ門のはなまるうどんに入た。
 やたー、と嬉しそうに言てタカハシさんは扉を開ける。その後ろについて私も店内に入た。
「えー久しぶりですはなまる入るの。たぶん二年以上きてない」
 はなまるうどんでこんなに喜んでいるのは外国人観光客と彼くらいじないだろうか。私は笑て、注文方法おぼえてます? とからかいながら揚げ物の小皿を手に取る。

 料理人は舌が肥えているだろうし外食なら高級なところにしか行かないんじないかな、なんて思ていたけれど、マチングした料理人たちはみな日常的で非常に敷居の低い店に行きたがた。最初に会た、高級ホテルのレストランに勤めているというミヨシさんは”牛角”に行きたいと言て二人で焼き肉を食べたし、次に会た高級フレンチが有名なチン店に勤めるトドオリさんとは”俺のフレンチ”おいしいよ、と言てフレンチを立ち食いし、結構面白かたので次に会たときは箱根そばを食べた。
 今日、初めて会うことになたタカハシさんもその例にもれず「何か安くて懐かしい感じのものが食べたい」と言た。十一月下旬、つめたい風が少しずつその威力を増してくる季節に食べたいものと言えば、あたかいそばやうどんや鍋。私は学生ときによく行ていたお店を適当にピクアプして提案し、じあ夜は湯島にある居酒屋のもつ鍋を食べようということになた。ただ二人が観たかた映画の上映が妙に早い時間帯のものしかなく、観終わた時点でまだ午後の二時にもなていなかたのだた。
 そして今に至る。

「料理人だから安物は嫌いだて思てたんじないですか」
 卵のあんかけうどんをトレイに乗せたタカハシさんが、席について早々笑いながら訊ねてきた。割り箸をパキ、と綺麗に割て丼の中に滑り込ませる。私はマチングアプリで出会た人たちのことをマチングアプリで出会た別の人に話すべきかどうか一瞬思案した。
……まあ、ちと呆気にとられはしましたね」
 言わないことにした。
「マオさんて、アパレル関係でしたけ? 自社ブランドの服が好きでも、やぱり他のブランドも着たいなあとか、ユニクロいいよなあとか、思いませんか」
「ユニクロはいいですね、確かに」
 言いながら私もかけうどん小サイズを食べる。学生の頃は105円だたのに、いつの間にか150円になていてびくりした。まあそれでも安いんだし、私も社会人になたんだからもう少し高いものを頼みなよと思う。でもアパレル店員の賃金はあきれるほど低いから許してほしい。
「もちろんおいしいんですようちの店、びくりするくらい。自画自賛てちと恥ずかしいですけどね」
 店内の有線は最近流行りのドラマ主題歌を流している。ああ、先週の録画まだ見てなかたなあ。
 のんきでカジアルな店にいると、こちものんきでカジアルな気持ちになてくる。
「でも休みの日くらい、そういう完全無欠みたいなのから離れたいんですよね。マオさんの希望には添えてないかもしれないですけど」
「いや全然」私はかぶりをふる。
「高級レストランなんて記念日くらいが丁度よくないですか」
 それならよかた、とタカハシさんがまた笑うので、でもはなまるがいいていう人はなかなかいませんよ、ともうひと笑いとておく。



 早い時間帯であろうとぜひ観たい、といていた例の映画はちとチープなアクシンものだた。洋画だけれど、ハリウドみたいな大がかりでスペクタクル全開なそれではなくて、ばかばかしい感じのB級フルム。十年前に流行たタイトルの続編なのだた。最初はひとりで行くつもりだたのだけれど、上映中に手でも握られない限り二人で行ても問題ないだろうと思い提案してみたら、彼も行きたいと思ていたのだという。十年前のタイトルもきちり映画館で見たらしい。当時中学生だた私はまだ洋画に興味がなかたので大学生になてからDVDで見たのだた。映画館で見た彼が少しうらやましい。
 今日、日比谷の新しい映画館で観たそれは、十年前観たタイトルよりもずいぶん色々と整ているように感じた。タカハシさんも同じように感じたようだた。
「なんだか低俗な感じがちと減たよね。セトとかもだけど、ストーリーがわかりやすすぎたのかな」
 確かに前作はストーリー展開が意味不明で、そこがまた面白かたのだた。
「そうですねえ、いつの間にか死んでたり、生き返てたり、そういうのなかたですね」
「そうそう。前のやつは急に誰?みたいな人が出てきたりしてね」
 ランチの時間帯を少し過ぎた虎ノ門は変に静かだた。みな周りのオフスでPCに向かているのだろうか。こんなオフスビルと官庁に囲まれた場所でB級映画について語り合ている方がよほど面白い出来事のように思えた。今作は、前作を超えはしないもののそこそこ見所はあり良かた、と総評をまとめたところで連れ立て店を出た。

 まだ時間はたぷりある。あてどなくブラブラしていると東京タワーに近づいてきたので入ることにした。私は東京タワーに嫌で嫌で嫌な思い出がある。あー、と心の中で低いため息をつきながら麓の自動ドアを抜ける。去年と変わりない景色が私を出迎えた。
 ぼうと過去の思い出を反芻していると、ねえ、あれやばくないですか?とタカハシさんの声がする。振り返るとチケト売り場の奥に貼てあるポスターに「展望台まで階段で上ろう!」と書いてあるのが見えた。
「正気の沙汰とは思えませんね」
 タカハシさんが真顔で呟いた。私は真顔で返す。
「上りましう」
 え、え、え?と三回疑問符を繰り返したタカハシさんは、今年36歳になたそうだ。



 ひいひい言いながら東京タワーの赤い階段を上る。私だて25歳だけれどひいひい言ていることに変わりはない。アパレル業界の売り子は体力仕事だけれど、使ている筋肉がまるきり違う。鍛わるのは上り下りではなく右往左往に使う筋肉だ。あと荷物を上げ下ろししたり、声を張たり。
「マオさん自信あるのかと思たら全然ダメじないですか!」
 踊り場でやれやれと腰に手をやりながらタカハシさんが私を見下ろす。
「ゆくり行きまし、まだ時間はあるんだから」
 はいい、と語尾をふらふらさせながら私はタカハシさんのいるところまでなんとか到達する。きつー、と息を吐きながら先を見上げると、少し上がたところに「333段目!」と張り紙がしてある。一体何段目で頂上なんだ。自分で提案したことを激しく後悔した。
「なんで上りたいなんて言たんですかほんと」
 タカハシさんが少し呆れたように訊ねる。学生カプルと思しき二人連れが私たちを追い抜いて先に上がていた。
「いやー……
 初対面のデートの相手に元彼の話をするかどうか、一瞬思案した。
「去年つきあてた人と東京タワーに来たんですけど」
 言うことにした。
「ここで振られたんですよ私」
 言てしまた。
「もう別れる半年くらい前からめ嫌いで元彼のこと。だから私から振てやろうと思てたのになんか振られちたんですよ。しかもどこで振られたと思います?」
 タカハシさんは眉間にしわを寄せたまま首をひねた。
「エレベーターの中です。あの、展望台まで行くやつ」
 私は階段のフンスから少しだけ見えるエレベーターを指差して吐き捨てた。
 その場が凍りつく。
 ワンテンポおいて、ひええ!と、タカハシさんが両腕で自分を抱きしめるようなポーズをとりながら小さく悲鳴をあげる。
「なにそれ。むごすぎる」
「まあ当然他のお客さんもわんさか乗てますよね。エレベーター貸切になんてできませんから。で、満員電車みたいな状態のかごのなかで、俺たち別れよか、て言われたんですよ」
「わあ……
 今度は新社会人くらいのカプルが目の前を通り過ぎる。彼女の方が少し息を切らしている。
「だからねえ、私は、エレベーターなんて絶対使いたくないんです。でも」
 新社会人カプルが言てしまたのを見届けてから、私も東京タワー登山を再開する。タカハシさんもその後に続いた。
「でも、だからて東京タワーに行けなくなうのは嫌じないですか。絶対」
「そうですね」
 だから上るしかないんです、言いながら、チンキーヒールのブーツでのしのしと階段を踏みしめる。

 無言で一、二分上た。まだ頂上は見えない。
「じあ僕も彼女に振られた話、しますね」
 タカハシさんがおもむろに口を開いた。
「僕、なんも決められない質で。今回マオさんとのデートだてほとんどマオさんが提案してくれたじないですか。だから彼女にも全然プロポーズとかできなくて」
「呆れて振られたんですか」
 なんだかよくありそうな話だ。
「いや、一応したんですよ、プロポーズ。それで子供が欲しいて言たら、彼女怒て」
 確かに、ペアーズの彼のプロフルページには「子供:ほしい」と記載があた。
「ていうのも、彼女は子供欲しくなかたんですよ」
「お互いにそこで判明したてことですか」
「いや……
 疲れたのでまた踊り場にとどまることにした。鞄からペトボトルのお茶を取り出す。
「彼女が子供欲しくないてことはもうずと前から知てました。言てたし」
「じあ完全にタカハシさんが悪いですね」
 朝、コンビニの加温器から取り出したはずのお茶はもう冷えていた。それが丁度良かた。
「でも、なんか、話したら変わるかなて。五年も付き合てたんで、気持ちに変化があてもいいじないですか」
 お茶を丁寧に鞄へ戻し、背中へ回す。
「てか普通産める人は産みますよね?マオさんだて子供欲しいでし。不妊治療までして頑張て子供欲しいて人すらいるのに、彼女意地になて意見曲げなくて」
「それ本気で言てる?」
 次は小学生くらいの子供とパパが私たちを追い抜いていた。パパは完全にバテている。振り返た先にあるタカハシさんの顔はぽかんとしていた。
「自分からなんの提案もしない奴がいきなり子供のことだけ意見出してくんのマジで嫌だわ私でも。しかももう相手の意見わかてんのに覆ると思てたんでしう。彼女は意地になてたんじないよ。ただ彼女が決めたことを五年前から変わらず主張しただけだて」
「ええ……
「ええじない!お前は都合良すぎ!」
「はあ……
「はあじない!」
 もう姿が見えなくなた子供が、きあきあと嬉しそうにはしいでいる声が遠くから聞こえた。向こうからも私たちの声は聞こえているのだろうか。
「もしかしてマチング相手も二十代だけに絞てたりしてる?」
 タカハシさんは気まずそうに目を泳がせた。
「してます」
「それて子供欲しいから?」
「そうです」
 もう東京タワーは二度と登らないかもしれない。
「なんで私が怒てるか分かります?」
「分かるような、分からないような……
 いきなりしどろもどろになる彼に私はため息をつく。
「なんかね、私思うんだけど、多分タカハシさん、結婚しない方がいいよ」
「僕もその方がいいような気がしてきた」
 存外素直なのが笑える。私はもう一度、マチングアプリで出会た人たちのことをマチングアプリで出会た別の人に話すべきかどうか思案した。
「私、アプリで実際に会た人がなぜか全員タカハシさんと同じ職業だたんだよ」
 言うことにした。
「ミラクルですね」
「選んでるわけじないんだけどね。タカハシさんだてプロフルに専門職としか書いてなかたし」
 そろそろ頂上が近くなて来たんじないだろうか。フンスから下を覗くと黄色いはとバスがトミカのように小さく見えた。
「なんかね、みんながみんな安い店にしか連れててくんないの。でも私にはそれが結構心地いいことなんだなーて思たりもしてて」
 ちなみに他の人とはどこへ行たんですか、と聞かれたので箱そばと答えると、彼はしみじみとした声で一言「わかる」と頷いた。
「でもタカハシさんはダメだ。色々分かてなさすぎだて。こう、もうちと、思い込みをなくしたほうがいいよ」
「もしかして僕いま振られました?」
「振られましたね」
「マジかあ」
 あと一回りで頂上のようだ。
「でも映画も散歩も楽しかたよ。こんなに素直に話聞いてくれる人て、男女問わずそんなにいないから」
「じあ振らないでくださいよお」
「諦めなて。ついでにペアーズもやめなよ。被害者が増える」
「被害者て」
 最後の一段を上り終えた。網ガラスの押し扉に手をかける。タカハシさんは下の踊り場でちと泣きそうな顔をしたまま立ち尽くしている。
「じあこれでお別れですか」
「うーん」
 それも勿体無いよね、とりあえず上て来なよ。そう言うとまた素直に上てくる。
「お友達でいいならまた会おうよ。今日もまだもつ鍋食べてないしさあ、まだまだ終わんないて」
 不服そうな顔で上てきたタカハシさんの膝が笑ている。私も当然のように笑ている。それに気づいてお互いに吹き出した。
「タカハシさんてなんのお店にお勤めでしたけ」
「懐石です。和食です」
「私がいつか結婚したら、結婚式の料理出してくださいよ。完全無欠なんですよね?」
「完全無欠ですよ」
「それなら安心ですね」
「うち高いですよ」
「その頃にはバイヤーにでもなてモリモリ稼いでる予定なんで大丈夫です」

 押し扉を開くと、室内の暖かい空気が吹き出してくる。東京タワーにはまた来ることができそうだと思た。帰りはエレベーターを使おう、と決めて私たちは展望台へ向かた。

,
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない