てきすとぽいトップページへ
【BNSK】品評会 in てきすとぽい season 14
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6 
悲しみよ、さようなら
 投稿時刻 : 2015.10.01 20:20
 字数 : 5036
5
投票しない
悲しみよ、さようなら
ra-san(ラーさん)


 自分の机の上に菊の花が飾られることになるなんて思てもみなかた。
 重苦しい空気の教室で、みんな神妙な顔をして担任の話を聞いていた。担任は沈痛な顔をして、ひとつひとつ言葉を選ぶように昨日起きた事故の話をしている。あたしは机の上に置かれた花瓶の菊の花越しにそんな光景を見ていた。
――みんな悲しいと思います。それは遠坂も――彼女も同じだと思います。ですからみなさん。少しの間だけ、彼女のことを思てその悲しみをやわらげてあげて下さい。黙祷――
 担任がそう言て、みんな目をつぶた。教室のあちこちから嗚咽やむせび泣く声が聞こえてきた。そんな教室を眺めながら、あたしは「悲しいとか勝手に決めつけないでよ」と他人事のように思うだけだた。
 そういう訳であたしは死んだのだ。教室のベランダの手すりが外れて転落死というなんとも情けない死因で。それでこんな安手のドラマやマンガみたいな光景の当事者にされるなんて思いもしなかたけれど。
 あたしはあくびをした。みんなまじめに悲しんでくれているけれど、あたしは悲しくなかたからだ。たぶん死んだのがあたしでなければ悲しめたのだと思う。けれど幽霊になたあたしは、自分の死にそんな悲しみが抱けなかた。心残りがないとか、世の中や自分が嫌いだたという訳じない。死んだらそういう感情が消えていたのだ。淡々と受け入れるもの、受け入れざるを得ないもの、それが死という奴みたいで、死んだ人間はきと死んだ瞬間にそれを納得させられてしまうのだと思う。涙ひとつ流れない自分の死を、あたしは客観的にそう理解するしかなかた。
 チイムが鳴た。みんなの目が開き、日直がHRの終わりの礼をする。起立、礼、着席。ガタガタと机とイスが鳴り、教室が再び動き出す。動かないのはあたしだけだた。
 することのないあたしは、イスに座たまま教室を眺めていた。HRの黙祷の余韻からか、いつもより少しにぎやかさに欠けた教室。すると三人の女子があたしの机にやてきた。あたしの友達グループのユリとカスミとサクラだ。
「アオイ」
 アオイはあたしの名前だ。三人は涙に腫らした顔をして、無言であたしの机を見ている。いたたまれない顔だ。
「嘘みたいだよ」
 ユリが言た。うなずくカスミとサクラ。
「大好きだた」
 カスミがあたしの机に手を置いた。あたしのいた痕を捜すようにその手が机をなでる。
「アオイ……
 サクラがしくりを上げながらまた泣き始める。
 あたしも嘘みたいだと思た。三人とはとても仲が良くて、「いつまでも一緒にいようね」なんて思春期全開な約束だて交わした仲だた。
 ユリはとてもクールな子で、あたしがバカなことをやるといつもやんわりと冷静にたしなめて、あたしを素直に反省させてくれる頼れる友達だた。
 カスミは考えるよりも行動が先に出るような明るく活発な子で、いつもあたしと一緒になて恥をかくようなバカげたことや、まわりが尻込みするような大変なこともやてくれる気持ちのいい友達だた。
 サクラはちとおとりしているけど芯の強く優しい子で、いつでもどんなときでもあたしたちを信じて後ろからしかりと支えてくれる誰よりも信頼できる友達だた。
 だからあたしのために今もこうして涙を流してくれているこの三人は、あたしにとて本当に、とても、とても大切な友達だたのだ。
 なのにあたしの中からは全然悲しみが湧き上がらないなんて、本当に嘘みたいだと思た。
 あたしは死んでいるのだ。どうしようもないぐらい死んでいるのだ。悲しくなれない自分にいたたまれなくなて、あたしは席を離れた。
 廊下側の席に近づくと、男子たちが小声であたしの話をしているのが聴こえた。
――遠坂が死ぬなんてな」
 ユリたちを見ながらそう言たのは森田くんだた。前の席に座る明石くんがその言葉にぽつりとした声でつぶやいた。
「オレさ」
 森田くんが明石くんの横顔を見る。明石くんはちとぽかりとした空白を置いてから、開いた口を動かした。
「遠坂が好きだたんだよな」
 ちとドキリとした。森田くんもドキリとした顔で明石くんを見る。
「おまえ……
「いや、そんな深刻な好きじなくて、なんていうのかな……
 明石くんは頭をカリカリと掻いて、言葉を探すように目を左右に動かしながら答えた。
「遠坂て明るくてサバサバしてたじん。ちとまわりに外されてるような奴にも気軽に声かけたりさ。そういうのが好きていうか憧れるていうかスゲていうか……といろいろ話しとけばよかて、遠坂が死んだときに思たんだよな」
 あたしてそんな風に思われてたんだ。目をぱちくりとさせていると、森田くんが大きくうなずいている姿が目に入た。
「それはわかる。好意ていうよりも好感ていうか、好きになれる奴だたよな」
 うなずく明石くんがそこに一言つけ足す。
「それに、けこう美人だたし」
「それもわかる。彼女にできたら自慢できただろうな」
 二人してうなずき合う。あたしはちと呆けた顔でそんな二人を見ていた。
 ――なんだ、あたしてけこうモテてたんだ。
 もちろんあたしにとて森田くんも明石くんもただのクラスメイトに過ぎなかたのだけれど、こんな好印象を二人に持たれていたのは意外で、ちと自分で自分を見直してしまた。あたしやるじん。そこに明石くんの声。
「でも死んじまた」
「あそこまで泣けないけど……悲しいよな」
 二人は再びユリたち三人を見やた。ひどく切なげな横顔だた。あたしは切なくならなかた。あたしは教室を出た。
 どうしようもない欠落に、罪悪感だけが残る。だてしうがないじない。あたしは死んだんだもの。どうしようもないじない。悲しくなれないんだもの。
 早足で廊下を歩く。あたしは誰もいないところへ行くことにした。屋上へ行こうと階段を上る。
「う、う……
 階段の最後の踊り場まで上がり屋上への扉を見上げたところで、その前でうずくまて泣いている人影を見つけた。知ている人影だた。
 クラスメイトの北野くんだ。
 彼は人目を忍んで泣いていた。手になにかを持ている。近づいて見るとそれは生徒手帳にはさまれた写真だた。
 ――あたしの写真じん。
 驚く。それは去年の文化祭でコスプレ喫茶をしたときに撮られた、ゴスロリメイド服でピースサインをしているあたしの写真だた。
……アオイさん」
 北野くんはクラスでも地味な男子で、簡単に言うとオタクぽい男子だた。こち方面にもモテていたとは新鮮な驚きである。
 そんなに接点のなかた男子に、自分の写真を見つめられながらこんな人目を忍んだところで泣かれるほど想われていたとは、正直ちと「ヒ!」という気持ちになる。おおう、モテ過ぎだぞ生前のあたし。
 そんなことを思ていたら、北野くんがなにかぶつぶつと独り言をつぶやきだした。
「ボクは、ボクは忘れないよ……。あのときアオイさんがいなかたら、ボクは……
 ここで「あのとき」という言葉を聞いて、あたしは「あ」と思い出した。
 北野くんはオタクぽい雰囲気に加えて、見た目も細くなよなよとしていたから、とてもからかわれやすい男子だた。「北野だたらこのぐらいからかても大丈夫」なんていう空気が「あのとき」の教室にあた。それに北野くんは耐えていた。受け入れてはいなかた。耐えていたのだ。そしてそれが「あのとき」のあたしにはとても不快だた。だからあたしはみんなの前でからかわれている北野くんに言たのだ。
 ――たら? て。
 そして北野くんは怒た。もうすごい怒り泣きの顔で怒た。からかていた方はたじたじになて「ごめん」と謝た。あたしが「北野、男じん」と言て背中を叩いてやると、ユリもカスミもサクラも同じように北野くんを褒めて拍手をした。他のクラスメイトも拍手した。それから北野くんをこぞてからかてやろうという空気は教室からなくなていた。
「ボクは生きてなかたかもしれない……
 あたしはたいしたことをしたつもりはなかたけど、北野くんにはとても大切なことだたのかもしれない。
 でも、その好意も宙ぶらりんに途切れてしまて、北野くんはひそりと涙を流す。もうなにもできないあたしは、宙ぶらりんにその横を通り過ぎる。
 休み時間の終わりのチイムが鳴た。北野くんが立ち上がる。あたしはその背中を見送りながら、屋上の扉をするりとすり抜ける。
 するりだなんて、あたして完全に幽霊だな、と思た。あんな北野くんの背中を見て、なんのひかかりもなく閉じた扉をするりとすり抜けて屋上へ出てしまえる自分に嫌気が差す。ひかかるような心はもうなくしてしまたんだ。そんな現実を突きつけられているような気分になたのだ。
 授業の始また学校は静かになる。屋上の空はぽかりとしていた。遠くなた喧騒に風だけが吹いている。それが隙間の風みたいに思えた。屋上のフンスに手をついてあたしはそんな風に吹かれる。風は寒さだけを残して吹いていく。
 風に乗て遠くの声が聞こえた。体育の声だ。校庭に目をむけると、男子たちが声を掛け合てサカーゴールを運んでいる姿が見えた。そこであたしの目が止まる。一人の男子の身体がよろめいてサカーゴールが斜めに傾く。
 あたしはフンスをすり抜けて、校庭へと飛び降りた。
「おい、しんとしろよ。シクなのはわかるけどさ」
 あたしが校庭に着いたときには、サカーゴールは運び終わていた。その近くでさき身体をよろめかせていた男子が、別の男子に肩を叩かれてそう励まされていた。
 その男子は「ああ」と弱々しい笑顔を相手に返すと、なにかを振り払うように首を振り、みんなの集まる体育教諭のいる場所へと走ていた。あたしは走り去るその背中をじと見つめる。
 ――横山くん。
 それが彼の名前だた。
 昨日のことを思い出す。あたしは教室のベランダの手すりに乗り出して、彼の姿を見ていたのだ。サカー部の練習で校庭を走る彼の姿を。
「おい、あんま言てやんなよ。好きな子に死なれたら誰だてああなるよ。二組の遠坂さんだけ? あの美人の」
「そう。あの二組の美人の遠坂さん」
 そこに一緒にサカーゴールを運んでいた男子たちの会話が聞こえてきた。あたしの首が「え」と動く。
「中学のときに同じクラスになてからずと好きだたんだよ、あいつ。でも遠坂さんて昔から人気者だたからさ、ずと告白できないでいたんだよ」
「ああ、わかる。きと自分なんかじて思ちまうよな」
「でも、まいるよな。フラれたんなら励ましようもあるけどさ、死なれたんじなあ……
「なあ……
 そう言て、その二人も体育教諭のところへと歩いていた。
 残たあたしはぽつねんと立ち尽くす。
 ――ああ、両想いだたんだ。
 いまさらにいまさら過ぎた真実に、胸の奥が鈍くうずいた。
 サカーの試合が始まる。
 赤と黄色のゼケンに分かれた二つのチームをボールが行き交う。
 赤のゼケンを着た彼が走ている。彼がボールをドリブルし、デンダーをかわしながら走ている。彼が汗と息を散らしてゴール前へと走り込む。彼がシトの姿勢を作る。彼が――
 そこで追いついた相手のデンダーが後ろからのスライデングで彼のボールを奪い取た。彼がバランスを崩して転倒する。ボールは黄色チームのものになり、今度は赤チームのゴールへと運ばれていく。
 ボールと試合の喧騒が、倒れたままの彼を置いて遠ざかていく。彼はそのままごろりとあおむけに転がり、胸を大きく上下させながら、はあはあと息を吐いていた。ぽかりとした空を見上げながら、はあはあと息を吐いていた。
 そんな彼の側へとあたしは近づく。
 彼の目もとは薄く滲んでいた。泣いている。それに気づいて、あたしは彼に手を伸ばした。
 けれど途中で手を止める。
 きと彼に触れたら後悔する。あたしの直感が頭の中でそう言ていた。彼は生きている。あたしは死んでいる。だからこの手はきと彼をすり抜けてしまう。それはもうどうしようもないことで、あたしをきと傷つける。だて、悲しみを失たあたしには、もう流す涙なんてないんだから。
……遠坂」
 それでもあたしは彼の涙に触れてしまた。
 ――横山くん。
 そして流れない涙に、あたしはぐと胸を押さえた。
 軋め。
 軋め。
 軋んで――
 あたしは強く、強く胸を押さえた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない