てきすとぽいトップページへ
山本昌くん引退記念 レジェンド小説大賞
〔 作品1 〕» 2 
僕らのレジェンド・ストーリー
kaz
 投稿時刻 : 2015.09.27 03:25
 字数 : 3341
5
投票しない
僕らのレジェンド・ストーリー
kaz


「俺がレジンドだ」

 この台詞を初めて聞いたのは、蒸し暑い初夏の日のことだ。
 その日、他県から転校してきた彼が、教師の掛け声とともに教室のドアを開け、黒板の前に立たとき、クラスの女子から黄色い声が飛んだものだた。
 黒板に書かれる名前。
 そうして、教師に促されて、彼の口から紡ぎだされた言葉――アイ・アム・レジンド。
 その瞬間の真冬のような吹き荒(すさ)ぶ風を、ついこの間のことのように思い出せる。
 その時の教室に、彼の言葉の真意を完全に理解できた人は、僕以外きといなかただろう。
 教師の咳(せき)払いとともに、時間は戻され、彼は僕の後ろに座たのだた。
 それからの彼は、確かにレジンドの名前に相応(ふさわ)しい伝説を歩み続けた。
 定期試験の合計点数――10教科50点。
 50M走――タイム15秒。
 レオナルド・ダヴンチ彫刻像の模写――モアイ。
 “ものの”を使て文章を作りなさい――すももももものもものうち。
 “伝説”を英語で書きなさい――reigendo。
 彼の伝説は学業だけに留まらない。
 他校の女子生徒に告白されること――50回。
 喫茶店のおばちんに“顔面”割引されること――3回。
 レンタルの延滞料金を免除されること――4回。
 芸能プロダクシンにスカウトされること――10回。
 挙げだしたらキリがないが、彼のことを考えるたび、僕はつくづくイケメンは得だと思う。
 彼には、学問の才能がない。スポーツの才能がない。英語の才能がない。
 けれど。
 その才能のなさを補て余りあるほどの顔面偏差値。
 僕みたいに、何の才能もなければ、顔面偏差値も良くない人間は、日陰の道を歩く他ないじないか。
 彼に一度、そう話したことがあた。
 僕の言葉に、彼の口から飛び出した言葉は、僕の予想をはるかに超えていた。
 ――俺はレジンドだからな。
 慰めるわけでもなく、はたまた大人の“俺はなんでも知てる”と言わんばかりの説教をするのでもなく、ただ彼はいつもの言葉を口にした。
 それが彼の優しさだと気付いた頃には、僕は彼といつも一緒にいるようになた。
 学校でも。
 放課後でも。
 時には、深夜でも。
 そうして、熱い夏は過ぎ去て。
 少し物悲しい紅葉の季節の今日、彼はあの時と変わらぬ台詞を口にしたわけというわけだ。

 僕は、彼にそろそろ言わなければいけないと思ていることがある。
 それを、今日。
 ここで、彼に伝えなければならないのだ。
 彼にとては残酷な宣告かもしれないが、それでも、僕は彼に伝えたいことがある。
 そういうわけで、僕は彼があの台詞を口にするのを待ていたのである。
 そして、ついに彼はその台詞を口にしたのだ。
 僕は、はやる心を無理に抑えつけて、何度か小さく深呼吸をする。
 言うぞ。
 言うぞ。
 言うぞ。
 僕は、意を決して口を開いて――すぐに閉じた。
 僕は今、なんて言おうとした?
 “君はレジンドなんかじない”
 そう言うつもりか?
 違う。
 彼は確かに、レジンドなんだ。
 そう。
 あれは、僕がゲームセンターで不良たちに絡まれたときのことだ。
 何人もの屈強な不良たちに小突かれて、財布の中身をすからかんにされる。
 まさにその時だた。
 彼が颯爽(さそう)と鼻血を出して横たわる僕の前に立ち、言い放たんだ。
 “俺がレジンドだ”
 ――と。
 その言葉を聞いて、一瞬首を捻ていた不良たちは、そのうち彼を嘲笑(あざわら)い始め、一斉に飛びかかていた。
 彼は、それに臆することなく、僕の前に立ちふさいで叫んだ。
 彼は、殴られながらも叫んだ。
 “俺はレジンドだ!”
 ――と。
 不良たちは、ただただ彼を殴り続けた。
 店員が止めに入るまで、あの台詞を彼はただ叫び続けた。
 それから、僕らは互いの酷い顔を夕暮れの河川敷で笑い合た。
 ひとしき笑た後、僕は急に悲しくなて、泣きながら彼に問いかけた。
 どうして、あんなことを。
 彼は、切れた唇をハンカチで押さえながら、ニカと笑て、やはりあのお決まりの台詞を口にした。
 でも、その日、いつもと違たのは、その言葉に続きがあたことだ。
 彼は、しばらく口をつぐんだ後、こう言たんだ。
 俺はレジンド。お前の名は、須藤凛(すとうりん)。
 須藤凛。
 すとうりん。
 すとーりー
 “二人合わせてレジンド・ストーリーだ”
 僕は、呆気(あけ)に取られて彼を見つめる。
 “伝説は物語でなければ、紐解(ひもと)くことができない。つまり、レジンドにはストーリーが必要なんだ”
 ――だから、俺にはお前が必要なんだ。
 僕は、その言葉の真意を理解できなかた。
 できなかたが、彼なりに、僕の問いに答えようとしていた。
 それだけは理解できたし、それで十分だた。
 僕らは、二人合わせてレジンド・ストーリー
 切ても切り離せない関係の。
 一人じできないことも、二人ならきとできる。
 彼が照れくさそうに突き出した手には、不良たちに取られそうになた僕の財布だた。
 僕は、それを震える手で受け取り、子供の頃のようにわんわんと泣いた。
 困たように、夕暮れの空を見上げる彼は、まさに僕にとての“レジンド”だた。

 そして、今。
 あの時と同じように、今、何かよく分からない音で口笛を吹く彼の顔に、夕暮れがさしかかている。
 僕は、今言おうとしたことが、あまりに無粋(ぶすい)な気がして、それを口にするのを躊躇(ためら)われた。
 まるで、これまでの僕らの関係にくさびを打ち込むような。
 そんな怖さが、僕の身体を襲て、震えが止まらない。
 それでも。
 今日で。
 今日で終わりにしよう。
 この関係を。
 僕は、もう一度、今度は大きく深呼吸をして、ついにその言葉を口にした。
「前からずと言おうと思てたんだけど……
 彼は、僕の妙な行動に、きと何かを言おうとしていることに気付いていたはずだ。
 それを証拠に、彼は僕が口を開くまで、数十分。
 ただ僕を待ち続けたんだ。
 だから。
 僕は、最後まで言うんだ。
「あ、あのね! 最近は――苗字から名前を言うんだよ!」
 遠藤玲人。
 令二遠藤。
 レイジ・エンドウ。
 レージ・エンド。
 レジンド。
 い、言た。
 ………
 無言の時間がゆくりと過ぎていく。
 どうして、何も言わないんだ?
 僕は耐え切れなくなて、彼をちらりと上目遣いで見る。
 彼は――ていた。
 僕と視線が合うと、もう耐え切れないとばかりに、声をあげて笑う。
 笑わなくてもいいじないか!
 さきまで、悩みに悩んだ数十分。
 あの台詞を始めて聞いた日のことから、あのレジンド――
 まるで僕が馬鹿みたいじないか。
「またくだ! お前は馬鹿だ!」
 もうちとオブラートに包んでくれてもいいじないか!
「くだらん! 実にくだらん! 俺はレジンドだぞ!」
 彼の顔面偏差が平均以下になても、笑いが止まらないといた様子だ。
 僕は、自分の馬鹿さを呪た。
 気が済むまで笑た後、彼はなんとか顔面偏差を取り戻して、口を開く。
 ――が、お前の言い分にもそれなりの理がある。
 理しかないと思うんだけど。
「そこで、改めようと思うんだが」
 ………は?
 ――今、なんて言たの?
 僕は思わず、素の声をあげてしまう。
「うむ。そろそろ、飽きてきたんだよな、レジンド・ストーリーにさ」
 それ、僕も入てる
 彼は重々しく頷く。
「もちろんだ」
 こ、この……
 僕はやり場のない怒りで床にへたり込む。
「俺たちは今、ここで! 新しい境地へと達するのだ!」
 こほん。
 咳払い一つ、彼は新たな僕らの名前を口にする。
 エンド。
 レイ。
 オブ。
 ストーリー
 end 0 of story。
 ………ダサい。
 それに、0だけ日本語読みてどうなの。
 ジもどこかに行てしまているし。
 断固拒否!
 やり直しを要求する!
 そんな僕の抗議を涼しい声でかわす。
「細かいことはどうでもいいじないか」
 大事なのは、心。
 ――マインド
 ………はあ。
「はいはい………もう、それでいいですよーだ」
 僕は、半分呆れ顔で舌をべーと出した。
 意図せず、ため息がこぼれてしまう。
 本当にくだらなすぎて、涙が出そう。
「さて、俺の旧(ふる)い物語は終わたわけだが」
 ――お前の旧い物語も終わらせてみたていいのじないか?
 本当にレジンドだ、この人。
 全部、お見通してことか。
 もちろん。
 そのつもりだ。
 だて。
 僕らの――ううん。
 私たちの関係を新しく始めるために。

 ――終わりのない物語のために。
  
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない