てきすとぽいトップページへ
第30回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5 
変更性タイムライン
 投稿時刻 : 2015.12.12 23:53
 字数 : 1942
5
投票しない
変更性タイムライン
犬子蓮木


 あなたは、タイムマシンというものを知ているだろうか。
 僕は知らなかた。昨日までは。
 動物を狩るような荒々しい生き方につかれた僕らは、徐々に食料を農耕へと移し、穏やかに暮らしていた。そんな僕の前に突如現れたのがタイムマシンで、そこに乗ていた彼女から僕はさまざまなことを教わたのだ。
 ここは将来、日本と呼ばれる国になるらしい。
 タイムマシンとは時間を超えて行き来できるもので彼女はずとずと遠い未来からやてきたという。
 そんなバカな、という反応を見せた僕を、彼女は未来へと連れて行て驚かせた。どうも本当らしい。未来は思い出したくないぐらい怖い場所だた。
 そんな彼女になんでこの時代にやてきたか、と聞くと未来を変えるためだと教えてもらた。仕組みはよくわからないけど、タイムマシンを使て過去を変えるとその変更が未来にも影響するとのことだた。そのためいくらかの財力と権力によてタイムマシンを使うことができるようになた未来人たちは、自分たちの時代をより優位なものとするためにさまざまな時代に飛んで過去を変えているという話だた。
 というわけで、なにをどうしたいのかはよくわからないけれど、おいしいものをくれるというし、未来のおもしろいことなども教えてくれるというから僕は彼女に協力することにしたのだ。
「それでどうすればいいの?」僕は彼女に尋ねる。
「まずはあの山のとある木を切り倒す」彼女は言た。
 そんなことでなんの意味があるのかはよくわからない。彼女はバタフライエフクトがどうたらと説明してくれた。過去のちとした変化によて未来が大きく変わるらしい。梃子の原理だよ、と格好をつけた感じで言われたけど、それがなにかもわからなかた。
 ひとまず僕は彼女のタイムマシンで空を飛んで山の木のところへ移動した。そうして木を切るようの道具を借りた。ものすごい音でうなりをあげて光る部分が回りだした。
「その周てる部分で切れるから」
 僕はおそるおそる回転してる部分を木にあてる。するとすさまじい勢いで木が削れて簡単に倒れてしまた。
「すげー」僕は感嘆の声をあげる。
「チンソーて言うんだよ」彼女はそう教えてくれた。
 その後も、彼女と一緒に移動しては、意味不明な地味活動を繰り返す。やること自体は地味だたけど、その度に彼女が未来の道具をくれるので、毎回、わくわくしながら手伝た。
「次はなんですか師匠!」
「その呼び方はやめろ!」
 いろいろ未来のことを教えてくれるから尊敬して言たのに、起こられたので僕はしんぼりしてしまた。
「次で最後のお願いだ」
 最後と言われて、余計に落ち込んでしまう。
「これはとても難しいお願いだから聞いてもらえないからもしれない」
 そう言われるとわくわくする。
「またなにかおもしろい道具くれますか?」
「いろいろな未来の道具を使うことになるだろう」
「なら僕、やります!」
「内容も聞かずに決めていいのか?」
「師匠を信じます!」
「師匠ではないけれど、ならばお願いしよう」
「はい」
「わたしと一緒に未来で暮らしてくれ」

 あれから十年もしくは一万年ぐらいが経過した。
 僕は今、未来で暮らしている。師匠の本来の目的は、僕のずと未来の子孫が起こす問題をふせぐために僕を消すということだたらしい。そのためにいろいろひとけのないところに連れ込んで消そうとしたけれど、その度に迷いが生じて、実行に移せなかたと師匠は教えてくれた。だから僕の子孫があの時代から発生しないように未来に連れて来てしまえばいいと考えたとのことだた。僕が未来に来たことで、僕の子孫は歴史上から消えてしまい、この未来に僕の血を受け継いでいる者はいない。僕の目の前で遊んでいる息子を除いて。
 最初は未来なんて怖くてしうがなかたけれど、いろいろなことを師匠に教わてなんとか暮らしていけるようになた。僕の子孫には悪いかなと思うけれど、会たこともない子孫よりも一緒に楽しくいろいろなことを教えてくれた師匠のお願いのほうが大切に感じてしまたのだからしかたない。僕の子孫はあの時代からはずと離れたこの未来から本来とは違た形で少しずつ伸びていてほしい、とささやかながらに願ている。どこかでまた歴史が変えられるかもしれないけど。
「師匠、次はどうすればいい?」
「師匠じない! 次は、え……。水回りの掃除」
「オーケー。わかた」
「しし」息子が窓のサシを掃除している母親の元へ駆け寄る。
「師匠じないてば。向こうで遊んでてね」
 歴史を変えられるぐらいの未来でも、まだまだいろいろやることがあて大変なのだな、と僕は掃除なんてなかた昔を懐かしみながらタワシで汚れたところをこすていた。
 帰りたくはないけれど。               <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない