てきすとぽいトップページへ
第13回 凶暴幻想短編コンテスト
〔 作品1 〕» 2 
通り魔とJK
茶屋
 投稿時刻 : 2015.12.17 22:54
 字数 : 1712
5
投票しない
通り魔とJK
茶屋


 多分、決意したのはAmazonで金属バトを見かけた時だと思う。僕のうちにあた不満やら絶望やら諦観が一緒くたになてそいつをカートに入れさせていて、余勢を駆てスカルフイスマスクもカートに放り込んでいた。元々はゲームでストレス解消でもするつもりで買てきたギフト券はそいつらの代金に消えた。
 人を小馬鹿にしたような笑みに見える矢印が特徴的なダンボールが届いた時には既に事故こうすることは既定路線になていたし、問題はいつやるかであたのだけれども、箱を開けた瞬間に(今日やろう)と決めてしまた。はきりいて能動的なのか受動的なのかよくわからない決断のもとに、僕は通り魔をすることにしたのである。
 不満のはけ口に通り魔を選んだのか、どこか衝動的だたのか、それともどこか精神がおかしくなていたのか、正直いてそこのところは僕にもわからない。ただ漠然と、僕は行動を起こそうとしていた。衣装ケースを明後日、買たはいいものの似合わずにあまり着ていない黒いパーカーと黒いスキニージに身を包みをスカルフイスマスクで口元を覆て、いつもかぶている黒いニト帽を身につけると、新品の金属バトを持て闇の中を散歩する。
 相手は、特に決めていない。
 場所も、特に決めていない。
 だから多分、最初に出会た人を殴る。
 この金属バトで。
 行き当たりばたりの計画性のない通り魔。
 捕まるかどうかなんて別段考えていなかた。捕またところで、別にどうでもいいや、と思ていた。
 しばらくぼんやり歩いていると墓地の近くで、人影を見かけた。
 あいつでいいや。
 そう思いながら近づくと、制服姿だ。確か市内の女子校の制服。こんな遅くに帰るなんて部活帰りか、塾帰りか。全く危ない。襲われたりしたらどうするんだ、なんて考えながえていると、はたと気がつく。
 襲うのは僕だ。
 相手はか弱い女子高生。JKだ。そんな相手を襲うなんて卑劣だ。卑怯だ。なんて思いが巡るも結局はそんなことはどうでもいいのであて、僕は足早に彼女の背後に近づいてバトを大きく振りかぶた。
 そしてフルスイングで彼女の背中をぶ叩く。
 彼女の歩みがピタと止また。
 ん? なんか違う? 倒れたり、痛みのあまり叫んだり、しがみこんだりするんじないのか? こういうもんなのか?
 少し不思議に思ていると、彼女は不機嫌そうな顔で振り向いた。
「駄目! 気持ちがこもてない! やり直し」
 さすがにこの言葉には僕も耳を疑た。
「え?」
「だからー、やり直し! 全然気持ちが伝わてこない! 怒りも絶望も憎悪も悪意も殺気もなんにも伝わらない! そんな空ぽの攻撃なんて効かないから! じ、また歩くから、少ししたらもう一回ね!」
 言いたいことを言いたいだけ言い放つと彼女はまた踵を返して歩き出す。
 唖然としながらも気持ちを切り替えて、今度はバトを上段に構え、頭を狙て振り下ろした。
 が、バトは彼女の頭蓋に到達することもなく、片手でがしりと握られた。
「なてない。全然なてない。そんなんじハエ一匹殺せない」
 いや、バトでハエを殺すのは意外と難しいのではなかろうかと思ていると、「ちと貸して」と彼女は僕から金属バトを奪い取た。
 彼女はニカと笑うと「お手本、見せてあげる」と言て、バトを振りかぶた。
 何が起こたのかはよくわからなかた。
 頭に衝撃が走た次の瞬間首に衝撃が伝わり、体全体から力が抜けてアスフルトから横になた世界が霞んで見えていた。
「どう? こうやるんだよ? わかた? て聞いてる? てか聞け! おい!」
 次第に薄れ行く意識の中、彼女のパンチラが見えた。正直言て、そんな状態の僕にはどうでもいい光景だたけど、これが人生最後の光景かと思うと少し悲しくなたのを覚えている。
 まあ、それが彼女との出会いだた。
 最悪で最低でどうしようもない出会いだた。
 だけど、出会いということは最悪と最低はそれで終わりじなかたんだ。
 最低で最悪で苛烈な非日常がその日から始また。


元作品
企画:バール神&キツネくん合同祭 30字小説賞
タイトル:金属バト通り魔
http://text-poi.net/vote/108/14/
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない