てきすとぽいトップページへ
「ふすまの向こうの文学」作品募集のお知らせ
〔 作品1 〕» 2  4 
なな子うしろ!
 投稿時刻 : 2016.01.30 16:43
 字数 : 5855
5
投票しない
なな子うしろ!
松浦(入滅)


 ピ、ピ、ピ――
 ドラマなんかでよく聞く、いかにも病院という感じの音がする。
 まあ、病院も病院。結構大きなところの、それも手術室にいるのだから当然か。
 学校から帰たら、お腹が痛くなて。我慢できずに夜病院に行たら、そのまま大きな病院へと運ばれて。あれよあれよという間に手術となてしまた。
 明日学校を休むのはまあ確定だろうけど、みんなはどう思うかな。ひとしてお見舞いとか来てもらえるかな。
 あんまり期待は持てないけど、奈々子くらいは来てくれるかもしれない。古いつきあいだから。といても、小学校入学からだからまだ五年か……
 この後、中学に行たり、高校に入たりしても、今みたいな感じが続くのだろうか。
 そういうことを想像すると、僕の心の中にもやとした気持ちが広がる。
 ピ、ピ、ピ……
 機械の音が遠くなていく。
 ああそうか。麻酔がはじまたんだな……
 こんな気持ちで眠たんじ、悪い夢をみそうだ。
 なにか楽しいことを考えなき……

   ◇

 ポクポクポク――
 次に僕が気づいたとき、目の前にあたのは僕自身の写真だた。黒い枠に入て、これまた黒いリボンをかけられていたけど。
 その前には親戚とかが並んで正座していて。先頭に座ているお坊さんが木魚を叩いていた。
 お葬式??
 困たな。どういう状態なのか、さぱりわからないけど……。これはいろいろと問題がありそうだ、ということはすぐに感じた。
 それからまもなくわかたことは、どうやら僕は死んだらしいということだた。
 なるほど。
 これが死後の世界というやつだたのか。
 誰からも認識されず、せいぜいネコが気づくくらいの存在。
 あれ? それて死後の世界ていうか幽霊!?
「その通りだ」
「うわ、だれだ!?」
 いつの間にか、背後に仕事できそうな感じの女の人が立ていた。
 小学生の僕でもわかる。この人は生命保険とかそういうのをバリバリ売るタイプの危険人物だ。
「私は誘鬼。みつる、お前が死んだので、その諸々の手続きのためにここに来た」
「ああ、そうなんだ……
 まあ、そんな気はしたんだ。だて、こういうのてマンガとかでみたことあるし。やぱり僕は死んだんだ。
「さて、それで今後のことだが――
「天国とか地獄とか、そういうの?」
「違う」
「え?」
 違うてどういうことなんだろう……
「死んだら、天国か地獄に行くてクラスの友だちも話してたけど……
「それは嘘だな。だいたい極楽か地獄かというのならまだわかるが、天国というのは適当なことを言うにもほどがある。それに地獄といてもだなその段階は――(誘鬼さんによる専門的地獄解説が続きますので中略)――というわけだ。わかたか」
「う、うん……
「で、お前の今後だが、しばらく現世にとどまてもらう」
「え? 今、誘鬼さんが言てたやつのどれかに行くんじないの?」
「本来ならそうなるのだが、みつるの場合は生命力がまだ余ているからな。連れて行けないんだ」
「なんだよ、死んでるのに生命力が余てるて!」
「まあ聞け。お前の場合は寿命がきて死んだのではない。手術のミスで魂の受け皿たる肉体が壊れてしまたのだ」
「じ……
「だからその生命力を消費してしまうまでは、ここでぶらぶらしていてくれ。では――
「ち、ちと待て!!」
 僕は無責任にもそのまま消えてしまおうとした誘鬼さんの手を掴んだ。
「ん? ここで待ているのは不満か?」
「不満もなにも、ただ時間が過ぎるのをここで待つなんて、暇すぎだよ!」
「そうか。特に力を使わなくてもホンノ六十数年なんだが……
「今、六十年て言たよね? そんな長い間、お寺でぼんやりなんてしていられるわけないだろ!」
「わかたわかた。なんとかしてやるから、手を離してくれ。こうみえても忙しいんだ」
 手を離すのは少し心配だた。この人、僕を置いて逃げそうな気がしたから。
「よし。ならば、あそこにいるお前の幼なじみの背後霊でもやていろ」
「え? 僕が幽霊?? そんなのち――
「男ならつべこべ言うな!」
 誘鬼さんに突き飛ばされて、僕は葬式に来ていた幼なじみ、奈々子の背中にぶつかた。
「誘鬼さん!」
 ……いない……
 人のことを突き飛ばしたかと思たら、もう姿が見えない。
 すぐに追いかけて文句を言おうと思たが、もうお堂から外には出られなかた。いや、正確にいうと、僕の幼なじみである奈々子から十メートルも離れるとみえない壁にぶつかたようになてしまて、そこから先には進めないようになていたのだ。
「そか。これが背後霊てやつなんだな……
 これから六十年も、奈々子の後ろで過ごすのだろうか……
 そんなことを考えて、僕は自分が幽霊のくせにゾとした。

   ◇

 僕の葬式から一月ほどが過ぎた。
 急に背後霊として奈々子と常に一緒にいる生活がはじまり、いたいどうなることやらと思ていたけれど、実はなにも事件らしいことは起きていない。
 というのも、僕が一方的に見聞きするだけで、奈々子は僕の存在にまたく気づかないし、なにか奈々子の行動が僕に影響を与えることもないのだ。
 上から見ると交差している線も、高さが違うと実は交わていないというような、そういう図形問題みたいな感じだと僕は思た。
 でもそれは、僕の心が穏やかで、今にも成仏しそうな環境だたのかというと、またく違う。まずシクだたのは、奈々子が机に飾ていた写真だ。
 クラスの中でもチラいやつだと思ていた林田の写真が、こともあろうことか銀のフレームに入れられて飾てあたのだ。しかも毎度毎度、奈々子はその写真を見てため息をついている。
 なんの変哲もない、遠足に行たときの写真だろうが、奈々子には宝物になているのだ。ちなみに僕と一緒に昔撮た写真はアルバムの中で、この一月開いているのをみたことはない。おそらく存在そのものが忘れられている。
 一度、奈々子の気持ちに気づいてしまうと芋づる式にあらゆることの裏側がわかていた。学校で班分けをするとき、掃除のとき、体育のとき。僕は奈々子とはなにかと縁があると勘違いしていたのだが、すべてはたまたま僕の近くにいた林田が目的だたのだ。
 情けなくて、みともなくて、死にたくなる。
 まあ死んでるけど。
 僕が成仏するまでのタイムリミトは六十年である。腐るほどある、とはまさにこのこと。その間ずとこんな状態で過ごすのかと思うと、実はここが地獄なんじないかと思えるのだた。

 ダメージを負い続ける僕とはまたく関係なく、季節は過ぎていく。
 最近では、幽霊の体にも慣れたもので、学校で奈々子が授業を受けている間、最初の頃よりも遠くへ偵察に出られるようになていた。
 つまり背後霊ながらも、行動範囲が広がていたのだ。
 これは昼間、学校に奈々子がいる間は、背後霊というより学校の地縛霊のように振る舞うようになた頃のことだ。
 ちうど次が体育の授業で、着替えのために男子と女子がふたつのクラスに別れて着替えているときに、この事件は起きた。
 いくら僕が、生きている人間から一切知覚されないからといても、女子の着替えを覗くのは好ましくない。ましてや僕は死んだ人間。つまり仏なのだから。
 という理由で、その間は男子の更衣室として用意されている方の教室を浮遊していた。
 なんでそんなことに気がついたのか、自分でもそのへんの記憶は曖昧なのだが、林田とその取り巻きがなにか相談をしているのをふと耳にした。
 あとで屋上で――
 そんな話だた。
 学校の屋上は高いフンスがあり、生徒たちに解放されているから誰でも自由に遊ぶことが出来る。たぶん遊ぶ約束なんだろう。そういう風に考えれば、なにも不自然な点などないのに、なぜだか僕の心に引かかた。
 屋上で林田たちがなにをするのか見に行けないだろうか?
 僕はあれこれと考えを巡らせる。幸いというべきか、僕には壁や床は関係ない。純粋に距離だけの問題だから、奈々子が屋上まで行かなくても、最上階の教室まで行てくれれば僕は偵察に出られる。
 というわけで、かねてから試してみようと思ていた作戦を実行することにした。
『ポルターガイスト通せんぼ作戦』である。
 幽霊もしばらくやていると、だんだん勝手がわかてくる。そして最近の僕は軽いものなら動かせるまでになていた。幽霊としてレベルアプをしているのである。
 この現実世界に干渉する力を使て、奈々子の行く手を遮り、彼女に屋上の方へと向かてもらおうというわけだ。
 放課後、林田たちは連れだて屋上へと向かていた。
 一方の奈々子は帰り支度をしている。なんとか、校舎を出るまえに屋上に寄り道をして欲しいと思ていると、タイミングよく奈々子がトイレの方へと歩き始める。
 チンスである。
 僕はさそくトレイの天井灯のスイチをパチパチといじて灯りを点滅させた。
…………
 奈々子の顔色が悪い。
 ちとやり方がマズかたか……
 しかし結果オーライというべきか、奈々子はここのトイレはやめて、上の階のを利用することにしたようだた。タタと階段を上がていく。
 よし、今のうちに――
 僕は奈々子の背中を離れて、屋上へと移動した。
 林田たちは……いた!
 なにか車座になて、地面をみている。
 どれどれ……
「すげ、これ無修正てやつだろ?」
「ああ、兄貴が隠してるのをみつけたんだ」
 なんと、エロイ本の閲覧会である。
 困たヤツらだ。
 まあなんであれ、真相の確認も出来たし、僕は奈々子の背中に戻ろうと思た。
 だがその矢先、話はとんでもない方向へと転がりはじめる。
「なあ、本物みてみたくないか?」
 誰が言い出したのか、目を離していたので定かではない。だが、車座になていた男子どもはそういう計画を練りはじめた。
 そして林田が適当な女子に声をかけて、人目のない場所へと誘いだすことになた。
 まずい……。すごくまずい。
 今、仮に奈々子が林田に声をかけられたら、間違いなくついて行てしまう。
 奈々子の恋愛は奈々子の自由だが、騙されるのがわかているのに、黙てみていることなんて出来ない。
 出来れば、林田を脅して動きを封じたかた。
封じるといても僕に出来ることなんて限られているが、『ポルターガイストびくり作戦』で林田が眠れないように仕向ければ、睡眠不足にさせられるし、工夫次第でなんとかなる。
 ただ最大の問題は、やはり僕が奈々子の背後霊だということだ。離れられないのだ。
 そういう理由で、僕は奈々子と林田が接触しそうになるときのみポルターガイストを起こして話が発展するのを阻止していた。
 給食のときに林田が奈々子と並ぼうとすれば、僕は黒板消しを林田に投げつけたし、掃除のときにふたりでゴミ捨てに行こうとするときは、林田のズボンに水をかけて着替えが必要にしてやた。
 そういう努力の積み重ねで、なんとか奈々子を守ていた。
 守ているつもりだた。
 あの瞬間までは――

   ◇

 学級会。
 そこで、ある女子の発言がすべてをひくり返してしまた。
 彼女は言た。
「あたし、みえるんだけど……。奈々子ちん、取り憑かれてる。最近、クラスでヘンなことが起きるのは、そのせい」
 こうなてしまうと、先生がいくらわめいたところで場の空気を変えることは不可能。
 クラス全体が、奈々子を取り憑かれている子、とみるようになてしまた。
…………
 奈々子のためになると思ていた。
 助けているつもりだた。
 僕は自分にいいわけを続ける。
 だけど、そんなものには何の価値もない。
 だて僕は死んでるのだから、誤解を解くことも、奈々子に謝ることもできない。誰にも伝わらない。
 僕はこの事件がきかけで、どうやら心身ともに立派な死人になたようだた。
 なにを見ていても焦点は定まらず、なんの感想もない。
 ただ、うつろに奈々子の背後で浮遊するだけである。
「ほう。どういう手段かは知らないが、見事に生命力を失たな! ご苦労である」
 ふと聞き覚えのある声がしたかと思たら、あの誘鬼さんが笑顔で立ていた。
「僕は、生命力……使い切りましたか?」
「ああ使たとも。見事に空ぽだな! うん、よくやた!」
「はあ……
 そうかもな。
 自分でいうことじないけど、なんか意欲ていうか、そういうのが全然わかないよ。
 もうどうでもいいて気分だし、どうなてもいいからなにかしてやろうていうのとも違て。とにかく手も動かしたくない……
「では、これから上司の閻魔様のところに行くわけだが――
 誘鬼さんは、保険契約のときに約款の都合がいい部分だけをかいつまんで説明する営業マンみたいに、なにかベラベラしているが、今の僕にはどうでもいい音に過ぎない。
 孤立した奈々子。
 その隙を突くように近づく林田。
 結局、助けにも何にもならなか……。むしろ僕がなにもしないでおけば、手をさしのべてくれるクラスメイトが現れたかもしれないのに。
 余計なことをして、クラスメイトすら遠ざけてしまた。
……というわけだが、なにか質問は?」
「別に……
「そうか。ならば行こう」
「は
 いよいよ奈々子の顔も見納めか。
 せめて最後は笑顔をみたかたな。
「ひとつ忘れていたが、現世を離れる際になにかひとつだけ願いを叶えてやるぞ」
……え?」
「いや。非難めいた目で私をみてくれるな。ど忘れしていたが、今はキンペーン期間中でな、期間中に他界するものの願いを、ひとつだけ叶えられるのだ」
「そうですか……
「じ――

   ◇

「ね、奈々子ちん! 今日一緒に帰ろうよ!!」
「うん、いいよ!」
 奈々子がクラスメイトと元気に校舎を出て行く。
 そして渦中の人、林田のグループはエロ左衛門というあだ名を頂戴して、今日も冷たい視線を浴びているのだた。
「どうだ? ちんと願いがかなただろう?」
「そうですね」
 ここは三途の川のほとり。
 誘鬼さんが、僕の願いを叶えた証拠を見せると言い張り、特別に現世の様子を見せてくれていたのだ。
「しかしエロ本が教師に見つかるなんて、その程度でよかたのか? 鬼の力を持てすれば、小学生の数人なら簡単に始末できるんだぞ?」
「別に、そんな物騒なことしなくていいです。奈々子が冷静になれる時間が稼げれば、それでいいんだから」
「ほう……。今まで数多くの人間を案内してきたが、みつるはなかなか徳が高いな」
「そうかな?」
「そうだとも。では行こうか?」
「はい」
 今度こそ、本当にサヨナラだ。
 僕を乗せた小舟は、静かに川面を進んでいた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない