てきすとぽいトップページへ
初! 作者名非公開イベント2016秋
 1  11  12 «〔 作品13 〕» 14  25 
笑わないんじゃない、笑えないんだ
 投稿時刻 : 2016.08.24 02:02
 字数 : 1455
5
投票しない
笑わないんじゃない、笑えないんだ
二人目のさとり


 トシノブは俯いたまま、何も言わない。何を聞かれても、黙たままだた。いつまでもこうしているかもしれない、と、声の主は、そう思たのでその場から消えた。

(笑うて、なんだよ。笑う……どんなときに……

 授業中、そんなことを考えていた。トシノブは、もちろん笑うことがある。だが、それは大笑いだとか、本心からだとか、輝くような笑顔ではない。非常に自虐的な笑いだ。自分を切り売りして、暗く黒く歪んだ微笑みを浮かべるだけだ。

 そんなことをしている間に、高校生活が終わろうとしていた。終始、笑うことがなく「わらてばかり」の自分がいただけであた。

 トシノブが唯一、ホとできる安息の場所。それが自室だ。自宅の、限られたスペースにいる間だけ、トシノブは本心の、心の奥の奥から湧きあがる欲求によて動くことができた。

 今日もインタートを眺めて昏い笑いを浮かべている。面白い事が何かないか、学校でネタに出来ることはないか、そんなことを探している。すると、パソコンの画面にチトを知らせるポプアプが流れてきた。

「今日もそんなことやてんの?」

 ポプアプには、その一言だけが書かれている。トシノブは無視してインタートの動画を眺めていた。この部屋において、見たくないものは見なくてもいいのだ。

 しかし、ポプアプが消えた途端に次のポプアプが流れてきた。

「無視すんなよ」

 トシノブは、いい加減、怒りが湧き上がてきたのでパソコンを閉じてしまた。自分を解放するためにパソコンを起動させていたのだし、辛い気持ちになるくらいなら眠てしまた方が、幾分かましであるのだ。

 夢の中で、トシノブは空を飛んでいた。空を飛ぶ夢とは、一般的に自由に解放されたいときに見るのだという。トシノブは夢の中にいるので、そのことについて考える余裕はない。

 朝日に無理やり起こされ、目覚ましをストプさせる。目覚ましがサイレンを鳴らすまで、あと十数分あた。だが、トシノブはいつもその時刻よりも早く起きる。

(今日もまた、こんな時間に…………

 声が聞こえる。頭の中に響く声だ。いつかの日、聞いた覚えがはきりと残ている、昏い声だ。

(みんな、待てるぜ。お前の笑顔をさ)

 トシノブは、ぶんぶんと頭を振た。できないことは、できない。だから、できないのだ。トシノブは早めに学校に行く準備を始めた。

 通学中、学友が歩いていくのが見えた。笑顔だ。トシノブも笑顔になる。自然に出てくるのは愛想笑いだ。へらへらとした、薄ぺらい笑いだ。

 そんな毎日を、送ている。そして、卒業式も間近になた日だた。その日は、雪がちらついていて肌寒かた。

 トシノブが太陽を見上げている。この雪は、止むだろうか。晴れてくれたら。もし、晴れてくれたら、心から笑うことができるかもしれない。そんなことを考えていた。

 その時。トシノブの背中に体当たりをする者がいた。いつもの冗談だた。しかし、トシノブは油断していたので体勢を崩してしまた。

 よろめいたトシノブの目に、粉雪が入てしまた。とても、とても痛かた。しかし、何故かこの偶然を笑うことができた。

「あれ、どうしたのトシー? いい笑顔じん?」
「え、トシノブ、そういうシミ?」
「う! 違う、違う!」

 ほんの偶然が、トシノブを笑わせた。卒業間近のこの日に、彼はようやく真の笑顔を手に入れたのだた。

トシノブは、パソコンに設定した「いつか笑えた時の為のポプアプ」という実行フイルを、削除することができたのだた。


(了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない