てきすとぽいトップページへ
朝の情景コンペ
〔 作品1 〕» 2  9 
黎明に風、一陣
わんた
 投稿時刻 : 2013.05.04 14:06
 字数 : 554
5
投票しない
黎明に風、一陣
わんた


 遠い山暗く、広い空燈る――――――


 雄大なビーカーの底に沈殿した様な峰々と、裏側から照らされた様な蒼い上澄み。
 淡い稜線に区切られた両者は、まるで違う場所から持てきた様に溶け合わなかた。

 田舎の狭い盆地に住めば、床から出ると最初に目に入る対比。
 顔を洗い、手探りでタオルを引き寄せる。

 嘆息。眠りの誘惑を振り切らなければ、人間は一日が始まらない。
 人間でない者は誘惑に負けることがないのだろうか、と窓を開ける。

 風、一筋。夜の匂い。
 この風がまだ山の向こうに居た頃、そこはまだ夜だたのだろう。

 東の空が金色を強め、ここは夜ではないと言い張る。
 山の一部がそれに染まり、反射が目に染みた。

 そろり、そろり。稜線にぶら下げられたカーテンが引き開けられる。
 山は眠ると言うが、今頃、目を擦ているのだろうか?

 一陣、強い風。カーテンが乱れる。
 なんだ。山だて、イヤイヤ叩き起こされるんじないか。


 日が昇り、顔を出す。逆光でそちらの山は黒ずみ、光の槍があちらこちらに突き刺さる。
 田、畑。道、家々。太陽が支配して行く。生きている者も、そうでない者も。

 草々はぽとりと露を落とし、重みを失て次々に顔を上げる。
 雀は群れて羽ばたき、さえずりながら上澄みの中を泳いで行く。


 風が、また一筋。
 もう、夜の匂いではない。


 ――――、一日を始めようか。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない