てきすとぽいトップページへ

肉小説


 
『鴨男』にコメントされました。
2017.02.08 21:52
プロフィール画像
テンポがよくて面白かったです。結末も好きです。

『にく』にコメントされました。
2017.02.08 22:15
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
5つの「にく」に、「あなたはしゃんさんで賞」という賞を作ってあげたい気分になりました。

『我が輩の名は。』にコメントされました。
2017.02.08 22:34
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
最初はコメディっぽい感じだったのが、最後はちょっと怖い感じになっていたのが良かったです。

『好き? 嫌い?』にコメントされました。
2017.02.08 22:40
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
茶屋さんの話にちゃんとしたカップルが出ている……いや、でも本当に恋人同士か?と疑いながら読んでいったら本当にちゃんとしたカップルで衝撃を受けました。
きっと次回はもっとラブラブな恋人が出てくるに違いないと期待しています。

『食神』にコメントされました。
2017.02.08 22:46
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
最後に出てきた「私」のように、何とも言えないようなお話でした。
伝統を尊重するのが正しいのか、大切な人を殺された復讐のため誰かの命を奪うのは正しいのか、いろいろ考えさせられるようなお話でした。

『生きるために食べなさい』にコメントされました。
2017.02.08 23:18
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
食べる幸福と飢える不幸。食べ続ける限り飢えからは逃れられない感じでしょうか。

『我が輩の名は。』にコメントされました。
2017.02.08 23:20
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
実体としての肉と、存在を確立するうえで必要な名、それを持たない幽霊というのは興味深いです。

『にく』にコメントされました。
2017.02.08 23:24
プロフィール画像
かにくいたい

『食神』にコメントされました。
2017.02.08 23:26
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
曾祖父と友人が食われたかによるかな、と思ったり。

『鴨男』にコメントされました。
2017.02.08 23:28
プロフィール画像
そんな状況になったら確かに少しくらい食べてみたいです。


チャットに参加するには、ログインしてください。