てきすとぽいトップページへ
第37回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動5周年記念〉
 1 «〔 作品2 〕» 3  15 
核兵器ください。
 投稿時刻 : 2017.02.18 23:00
 字数 : 767
5
投票しない
核兵器ください。
スイカ(チコ)


 寝込んだままじ、外の世界のことが分からないや。テレビでも見ようか。なんて、しうもないことからこの物語は始また。――執筆 金鶏

「熱か、薬飲んどけ」
 四十代も入りかけの様な男は、息子に言た。まあ、俺が息子なんだけれど。薬なんて飲みたくない。コプの水だけ、飲みほした。
「それじあ」
 あという間に靴紐を結び終わたら、男は外出した。
 俺は寝た。ぐすりと。
 だけれど妙な夢も見てしまた。洪水で沈む都市。根こに絡みつかれる都市。病気と火に包まれる都市。三すくみの関係表が頭に流れ込んだ。俺は感覚的に、それはバランスなのだと思えた。だけれど妙にその三つ目が強い。
 まあそんなわけで俺は夢から覚めてしまた。付近になにか電子デバイスを目視できたとしたら、テレビくらい。
 リモコンで電源を点けた。
「おはようございます。本日は」
……臨時ニスをお伝えします」
 浮かない顔で、キスターが放た一言はあまりにも衝撃的なんだけれど、俺にとてはどうでもよかた。
「日本海域に向け、核搭載ミサイルが放出されたとのことです! 日本海沿岸にお住まいの方は、直ちに非難してください」
 冷静ながらも緊迫気味に伝わる声。彼女自身東京にいるのだろうに。そもそも核兵器て、何故打つんだ。俺は言葉を発しずには居られない
「人に向けて打つ核か……それで自然すら穢れるだろうに。どうせ父も死ぬんだろう? でも人だけじないんだよ」
 火が強すぎる。直感だ、夢と同じ。火の力によて水と土が足りていない。火を抑えなければいけない。
「神様、最後の慈悲でございます、私達に核兵器を!」
 カメラの向こう側で、男が発するだけの戯言が耳に残る。テレビの信号は切れ……

 その瞬間、世界は火に包まれた。次はいつ病気に包まれるのだろう。
 火素の増えすぎた世界。空飛ぶ金鶏は、下界を観察し、天へ飛んで行た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない