てきすとぽいトップページへ
キムワイフ ゜
 1 «〔 作品2 〕» 3 
ふわふわふわふわ くらげ旅
 投稿時刻 : 2017.04.08 00:24
 字数 : 1690
5
投票しない
ふわふわふわふわ くらげ旅
おかゆまくらげ


「この世の中は汚れている」

透明でふわふわしたソレが言てて、私の周りはそれはもう、とんでもないことになてる。この世はもう終わりだーとか、神のご掲示だーとか。

当の私はて言うと、よくわかんない気持ちでふわふわ、ふわふわ。なんだか、みんなの言葉の中をぶらり、ひとり旅行。


あのね。

透明なソレ。なんだか、可愛いんだ。

ぽが丸くて、細長くてうねうねしてる。それが全部で8本かな? だ円形の大きな顔の下にくついてて、一番端この1本を持ち上げて、マイクなんて持たりして。

ソレの言葉ひとつひとつにみんな、怖がて、ははーとか、お許しをーなんて、地面にひれ伏しちてる。

こんなに可愛いのに。

私おかしくて笑た。


でも、ソレの言葉思い出して考えてみた。

「この世は汚れている」

毎日毎日、悲しいニス。誰が誰を殺したとか、偉いひとが嘘ついたとか、誰かが自分で命を絶たりとか。

まだ15年しか生きてない私の道の前を、黒くてもやもやした雲が立ち込めてる。

見るのも聞くのも、もうウンザリ。

て私の未来にね、そんなの関係ないんだ。そうでし? 私は私の道を歩いてる。そり、その道のそばでたくさんのひとが通り過ぎたり、手を振たり、一緒に歩いたり。

でもね。その道を歩く前に、嫌になたり怖がたり、それておかしいて思う。テレビとかネトとか、遠い世界のこと。まるですぐ後ろに、荒い息遣いを立てて迫てきてる。そんな風に思うから、みんなあーだこーて言うんでし? 自分の身に起きたみたいに、ぎ、ぎ

聞きたくない。

私がもし、その嵐の中心にいたんだたら、そんな風に言てほしくない。結局、みんな自分のことを見てほしいだけ。ひとの気持ちを踏みにじて、ゴミみたいにちぽけな存在だて認めることが怖いだけ。

あ、そか。

ゴミなんだ。みんな。

ゴミはちんと綺麗に拭き取らないと。地表面を清潔で美しい布でシてひと吹き。


「この世は汚れている」

うん。ソレの言てることは間違てない。この世の中は汚れてる。それなら、いそ綺麗にしてくれた方がいいよね。

だけど、ゴミじないひとだている。いつも仕事で疲れて帰てきて、お話とかできないけど、家族のことが好きなお父さんとか、毎日好きなこともできないで、言うこともきかない子どもを叱てばかりのお母さん。

それでも、誰かのためにて一生懸命生きてる。文句もたまには言うけど、誰かの悲しい涙を明るいところに引きずり出して、お前に隙があたからいけないんだ、いつでも逃げ出せた。いやいや、お前は悲しい目にあた、だけどもう大丈夫、僕が味方だとか。そんなくだらないこと言わないもん。

なのに、そんな風に一生懸命生きてるひとたちを、一部の病原体のせいで、この透明な何かに抹殺されちう。

お前たちが死ねばいいのに。


でも、ダメだよね。私たちだて、お掃除の時にいちいち、ゴミのひとつひとつを手に取て、調べたりしないから。拭き取るだけだもん、ゴミは。綺麗なところも含めて、ふきふき。

だから、私たちのことも一緒に、ふきふき。

とそんなふうにね。

むしけらみたいにころされちう。

わたしたちはわるくないのに。

いちぶのびうげんきんのせいで。

ぷるぷるこじかみたいにふるえてもそれはやうんだ。

あーあ。

わたしのじんせいてなんだたんだろ。


なんて、そんなことをぼんやりと考えてたんだけど、ふと思た。

「あ、くらげ」

そしたらみんな、ばて振り向いて、

「お前にも隙があた」
「いつでも逃げ出せた」
「お前だていい思いしてたんだろ?」
「被害者ぶてんじよ」

「可哀想に」
「辛かただろ?」
「もう大丈夫だからね」
「ちんとあいつらを罰してあげるからね」


「「だから本当のこと言て?」」


「ごめんね。気付いてあげられなくて」

私ははとして、涙を目にいぱい浮かべて、身体の不純物を真新しい綺麗な布で、一生懸命拭いてくれるお母さんに抱きついた。

私ぶらり、ひとり旅。

記憶と時間の中をふわふわふわふわ、くらげ旅。

気付いたら、ふんわり家族旅行。

(了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない