てきすとぽいトップページへ
第38回 てきすとぽい杯
 1 «〔 作品2 〕» 3  14 
とらいあんぐる
ゆきな
 投稿時刻 : 2017.04.15 23:19
 字数 : 851
5
投票しない
とらいあんぐる
ゆきな


 参吉は毎日、酒を呑んでは暴れていた。
 ある日、おつうは尋ねた。
「あんた、どうしてそんなに呑んでばかりなんだい」
「うるせえ」
「たのむからしかりしておくれよ」
 だが参吉は、ふいとそぽを向いてしまた。
 またく困たね、とおつうは思う。
 けれどもそれきり何も言わず、おつうは夕餉の仕度を始めた。
 すると、参吉の弟が家に訪ねてきた。名を弐兵衛といた。 
「義姉さんすまね、いつも兄さんが世話ンなて」
「まあ、夫婦なんてそんなもんさ」
「迷惑ついでといなんだが、頼みがあんだ」
「なんだい」
 夕餉をつくる手を止め、おつうは振り向いた。
「一緒になてくんねえか」
「なにと」
「え……いや、だからその……
 弐兵衛はおつうの手を取り、引た。
「ち
 おつうは慌てる。しかし弐兵衛はおつうをつれて外へ出てしまた。
 数間先まで歩いてから、弐兵衛は口を開いた。
「ちと来てくんねえか」
「もう来てます」
「あ、そうだたな……、それで、あのう」
「駆け落ちかい、それとも心中かい」
「どちがいいかな」
「あたしに訊かないどくれよ」
 すると弐兵衛は、袂から紐状のものを取り出した。
「あー、これせかく持てきたから心中で」
「そんな理由で……
「オナシャス」
「ええー
 一瞬の隙を突くように紐を括り付けようとしてくる弐兵衛を、おつうは身軽に躱しながら考えあぐねていた。
 ――はて、どうしたもんかねえ。

 参吉は座敷で一人、酒を呑んでいた。
 ふと嫌な予感めいたものを感じ表へ出ると、おつうと弐兵衛がいた。
 参吉は言た。
「お、おめえ、おれの弟になにしたんだ」
 おつうは紐を、弐兵衛の首に駆けており、そのまま引きずて来たのだた。
「なにて、参吉、あんたの男色をあたしが知らないと思ているのかい。
 あんたと弐兵衛が想い合てるのは知てた。
 だけどまさか、弐兵衛があたしを殺しにくるとはね。
 ほんとはね、この遺体を河に棄てて来ようかとも思たんだ」
 ――せめてもの慈悲だよ。
 それだけ言うと、おつうはその場から去た。
 参吉は、しばらくその場でとぼんとしていた。

 了
 
 
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない