てきすとぽいトップページへ
ファッションの秋!パリコレ小説大賞
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  9 
解析結果 HM3120 1712241326
茶屋
 投稿時刻 : 2017.12.24 22:53
 字数 : 2588
5
投票しない
解析結果 HM3120 1712241326
茶屋


analyse ruslt file:HM31201712241326


 これは衣服であり、物語でもある。
 結論から言えば、衣服に物語は不要だ。
 とはいえ、長年愛用されてきた衣服にはそれを愛用した人物の物語が宿ることもあるであろう。
 とはいえ、職人が幾多の困難を乗り越え、そして想いを込めて織た衣服には物語が宿ることもあるかもしれない。
 とはいえ、衣服の糸を解きほぐし、繊維一本一本を辿ていけばそれに関わた幾多の人々の物語が見いだされれるであろう。
 衣服の物語はは不要だが不可避な物語と言えなくもない。
 たとえば、この衣服は人類が未だ手に入れていない技術で織りなされている。
 未知の繊維一本で織りなされており、一見均質に見える編みをされているが、非常に複雑雑多な織りがなされている。複雑怪奇な編みと織りで構成された衣服はある種の記号のようでもある。だが、それはあらすじに過ぎない。その一本の繊維自体が一本の連結した長鎖ポリマーで構成されているのだ。繊維と物語とのつながりは生物の根源ともいえるDNAの存在からも比喩的に紡ぎだすことができる。DNAはポリマーの4種の単位分子がそれぞれ一つの記号となて生物の「あらすじ」を作り出しているわけでもあり、はてさて、となればそれらの根源たる素粒子の正体はstringであることは無関係とはいえまい。
 兎にも角にも、これはポリマーの織りと編みを記号とみなし、言語学的に解析された物語である。
 解析は解釈であり、そもそも衣服は物語などではなく一種の計算機械であると解釈する向きもあるがそれは蛇足に過ぎない。

 クリスマスイブの出来事である。
 西洋の冬至が起源にあり、無論他の西洋の記念日と同じく誰かが死んだか生まれた日だ。こんな日に街に全裸はいない。皆、服を着ているのだ。驚くべきことに。
 主人公は男でも女でもよく、それ以外でも別に構わない。問題なのは服を着ているか否かであり、当然のことながら下着には言及しない。
 相方もまた同様であり、衣服以外は特に意味がない。帽子や靴を衣服に含むべきか否かは現在調整中である。
 仮に主人公は男として、10代最後の年に人生で初めてできた恋人とのデートを心待ちに駅前の大時計の秒針を見つめているのだ。
 仮に雪が降ており、仮にイルミネーンの色とりどりの光が行きかう人々の顔を照らしている。
 仮に人々の顔はどこか楽しそうに見えるのは、その青年が浮ついているせいだろう。
 しかし、残念ながら今後恋人について言及されることはない。
 散々言及してきたように問題は衣服である。
 白地に黒ボタンのボタンダウンシツの内側に聞こえんでいるのはもちろん定番のヒートでテクなやつ。黒のVネクセーターはヒートでテクと同じメーカーだが、うすらとカモフラになているグレーのダウンジトはバイト代を貯めて買たそこそこな値段の奴である。ボトムスはストレートジーンズ。色は何の変哲もないインデゴで特段にダメージ加工や風合いのある色落ち加工がなされているわけでもない。数年前に親が買てくれたものだが、「ジーンズがかなり長持ちする」するという理由でそこら辺の量販店で売ている中ではハイクラスな値段のものだ。体形があまり変わていないのでだいぶ足に馴染んでいる。ジーンズは丈夫だ。何せ労働者のための作業ズボンが起源なのだから。そもそもジーンズができたのはアメリカ合衆国に燦然と輝くゴールドラの時代。奇しくも日本でも藤原清衡が中尊寺金色堂を建立した時代だ。ジーンズの開発はリーイ・ストラウスを基軸に語られることが多いが、鋲によて縫製を補強するというアイデアはジイコブ・デイヴスによて出されたものである。残念ながらジイコブは金がなかた。故に死後の名声もリーイのほうが大きい。そうはいても現代のジーンズで鋲の意味はさほど大きいとも思えないが。
 ところでジーンズと言えばデニム、デニムと言えばジーンズであるがその原型としてはデニム生地ではなくキンバス生地であたらしい。キンバス生地はそもそも帆布のことであり、船の帆に用いられていた。なるほど頑強である。この帆布であるが、その繊維は主に亜麻製、アマ(亜麻、学名:Linum usitatissimum)、アマ科の一年草の繊維からつくられている。その名前から麻と同種のものと思われがちだが麻のほうはカンナビス・サテバ (Cannabis sativa)であてアサ科に属する植物である。植物の繊維と言えば種子を拡散させるための飛行装置となる綿毛なぞを想像しがちだがどちらも亜麻も麻も茎部分から繊維を取り出している。綿のほうは実際種子に関係する綿毛で、種子の保護をするようなものであると思われる。
 このように衣服を構成する繊維は植物由来のものが多数あるが、それ以外にも昆虫や哺乳類、鳥類に由来する繊維も数多く用いられている。生命は進化の過程で様々な繊維をそれぞれが独自に生み出してきた。それは何かを支える構造体や住居であたり、鱗から進化して防御のための外殻、体表の温度調節や防水のため、あるいは異性を惹くための草食の道具としての機能を担てきた。生物は様々に繊維を作り出し、そして利用してきた。それはまた、人間も同様である。それ故に、衣服は長い生命の年月の物語を孕んでいるのだ。
 例えば、一本の糸を抜いてみよう。
  主人公はオスでもメスでもよく、それ以外でも別に構わない。問題なのは服を着ているか否かであり、当然のことながら下着には言及しない。
 相方もまた同様であり、衣服以外は特に意味がない。帽子や靴を衣服に含むべきか否かは現在調整中である。
 仮に主人公はメスとして、年下のオスとの待ち合わせ場所にちうど辿り着いたところだ。
 オスのほうはまだメスに気付いていないようだ。いつもとは違う服装なので、なんだか不思議だ。
 無難といた感じなのだけれど、近づいていて細部が目に入る。
 無難は無難で大きな減点はないのだけれど、細かい減点対象はすぐに見つかる。
 だけどま、良しとしよう。なにせ二人はこれからなんだから。
 そんな風にメスは思い、メスの衣服の物語に関してはあなたの宿題だ。

 衣服はこれからも織られ、編まれていく。
 物語もまた同様だ。
 だが、人生において物語は必要ではない。
 必要不可欠なのは衣服だけなのである。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない