てきすとぽいトップページへ
第48回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
〔 作品1 〕» 2  14 
パンチラの日
 投稿時刻 : 2018.12.15 22:35 最終更新 : 2018.12.15 23:16
 字数 : 1457
5
投票しない
更新履歴
- 2018.12.15 23:16:41
- 2018.12.15 22:35:25
パンチラの日
ふわ ゆー


 マクドナルドでコーヒーを頼んだはいいが、お金が足りなくて困ている仙人がいたので、割引チケトを譲てあげると、たいそう感謝して、お礼に一日だけイケメンにしてくれる仙術をかけてやるという。
 俺は「頼むから明日にしてくれないか?」とためしに訊いてみると、

「いいじろう。明日の朝、起きてから眠るまでお主はイケメンじ
 と言て去ていた。

    *

 次の日の朝、半信半疑で鏡を覗くと、いつもと変わらぬ俺の顔。
 騙されたか。と思い学校へ向かうと。
 通り過ぎる女たちの視線が熱い。
 これは、もしかして……

 と、遅刻しそうで走てきたドジ子が角から現れて、僕にぶつかり転んで尻もちをつく。フレアスカートがやわらかく捲れピンクのかわいいフリル付きのパンツがちらりと見える。
「ご、ごめんなさい」
 と恥ずかしそうに顔を赤らめて去ていくドジ子ちん。
 思わず、鼻血がつーと垂れ、僕は急いでポケトテで拭う。

 やぱり、僕はイケメンになていた。
 今日一日、最高の日になりそうだ。

 なぜなら今日は、パンチラの日。
 世界の女性が好きなだけパンチラしてくれる(ただしイケメンに限る)という、そんな日なのだ。


 もちろん、こちらから声をかけたり、誘たりしたら通報される危険性はある。
 だが、イケメンとして佇んでいるだけで、つぎつぎと女性がパンチラしていくのだ。こんな幸せがあろうか。いやない。
 今まで、毎年イケメンの自慢話を聞いて枕を噛じているだけだたこの俺が、こんな上級者イベントに参加できるとは、夢のようだ。

    *

 交差点の角ビルの2階にある喫茶を覗くと窓際席のテーブルの下のミニスカートが膝をひらいて灰色のしまむらパンツがチラチラ。鼻血がつー

 電車の向かいに座てる女の子が足を組み替えるたびに白いレースの刺繍をあしらたお嬢様パンツがチラチラ。鼻血がつー

 書類を拾うOLが腰を落として、タイトスカートのスリトが3割増しでずれあがり、黒ストキングの向こう側の世界からのぞく紺色のヒモパンがチラチラ。鼻血がつー

 いたずらな春風に吹かれて二人の制服スカートが同時にめくれ、おそろのシンプル黒パンがダブルでチラチラ。鼻血がつー

 花屋の店先で座て水やりしてる店員。ローライズのジーンズの隙間からお尻の割れ目に沿うように真紅のTバクがキラキラビーズでデコレーンされて、これはモロ見え。鼻血がつー

 そんなこんなで、自転車にのたお姉さん。階段をのぼるギル。タクシーを降りるスチワーデスなど、いろんなパンチラを登校中に目撃させてもらい、そのたびに鼻血がつーと垂れ、テで拭た。

    *

 学校につくと、友達から、
「お前はイケメンでいいよな」と羨ましがられる。
 女子の同級生からも、今までと違い何かとちやほやされる。
 こんな状態が、今日一日続くのかと、ウキウキした。

 しかし、つい鼻血を出しすぎて貧血になり保健室へ。
 保健の先生も愛想よくしてくれて、やさしくベドに寝かせてくれた。
 そして、ひと眠り……

   *

 目が覚めると、先生が「サボてないで、教室で勉強しなさい」とベドから追いたててくる。

 教室に戻り、同級生女子に話しかけると、
「なれなれしい、キモイんですけど」
 と、そぽを向かれる。

 どうなてんの?
 友達に「俺てイケメンだよな?」と訊くと、
「頭、大丈夫か?」と心配される始末。


 どうなてんだ仙人!
 と心の中で怒りのクレームを入れると、

 頭の中にムクムクと仙人が登場。
『効力は朝起きてから眠るまでというたじろう。お主、保健室でグースカ寝てしまいよた』
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない