てきすとぽいトップページへ
第48回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
 1  12  13 «〔 作品14 〕
僕の名前は亜蛇夢。
こなた
 投稿時刻 : 2018.12.25 00:00
 字数 : 271
〔集計対象外〕
5
投票しない
僕の名前は亜蛇夢。
こなた


「伊舞ちん、好きだ」
「え、嫌」
僕は一世一代の告白をして玉砕した。
運命の相手だと思た、そう思ていたのに。
「地球上に私とアンタだけしかいなくてもお断り」
そんな残酷なとどめまで刺されて。
いや、まだ終わりじない。
僕は神様にお願いして、僕と伊舞ちん以外の人間を消してもらた。これで、伊舞ちんは僕と付き合うしかない。そして、愛し合て子孫を作り、第二のアダムとイブになるのだ……!!

「いいじん、このまま人間が滅びちても」
伊舞ちんはあさりそう僕に告げると誰もいないシピングモールで僕しか観客のいない中フンシを始めた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない