てきすとぽいトップページへ
第48回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
 1  11  12 «〔 作品13 〕» 14 
我が青春の飲み会一発ギャグ
 投稿時刻 : 2018.12.16 02:39
 字数 : 255
〔集計対象外〕
5
投票しない
我が青春の飲み会一発ギャグ
浅黄幻影


今日は彼女と初めてのデート。気持ちのいいバラ公園での散策、ドライブで車を流しながら、さりげなくしとりした雰囲気を醸すBGM、こじれたレストランでの彼女の最高の微笑み……そしてホテルでの一夜。
 ウルカムドリンクにワインが用意されていて、これから起こる情事の前に、私は気取てこう言た。言てしまた。
「き、君の瞳にかんう゛…海パン!」
 彼女は無様な私を見て笑い転げてしまい、その夜はそと肌に触れようが、抱きしめようが、もう色気のある空気にはならなかた。そうだ、せめて私が海パンを掃いていなかたら……
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない