てきすとぽいトップページへ

プロフィール画像
浅黄幻影
@asagi_genei

居場所    : 顔形の県の田舎町(村ではないよ)
ホームページ : https://t.co/7tqyRlJfCq

▼文藝MAGAZINE文戯、参加中▼カクヨムに過去作あります▼文学であなたに新しい世界を伝えたい▼文士というカテゴリーの詩人、ガラス玉演戯士▼将棋好き、趣味の農民▼山形県民
エントリー作品
◆第47回 てきすとぽい杯
未熟者(900字)投稿時刻 : 2018.10.20 23:22
 この世に存在するすべてのものは、未熟である。
 根っこを生やして動かぬものは、周囲を見ることさえしないつまらないものであ...
◆第46回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
【封切】忘れた頃、あなたの夢のなかで(1000字)
投稿時刻 : 2018.08.18 20:41
 観光のバラ庭園がよく見渡せる喫茶店。よく晴れて心地よい風が吹いてくるなか、私は窓際の席でバラと何かのハーブティーを口にした。穏やかな午後だった。 ...
◆゚+.゚ *+:。.。 。.世 紀 末 ゚.+° ゚+.゚ *+:。.。
日、没するエデン(1838字)投稿時刻 : 2018.07.17 20:43
 プロジェクト・エデンが世界会議において承認された。
 このプロジェクトが本当に実現するなどとは、世界のほとんどの人が信じていな...
◆第45回 てきすとぽい杯
産業主義(1281字)投稿時刻 : 2018.06.16 23:37
 その日は客が二十人ほどやってきていて、大変賑わった日だった。彼は友人からのすすめだった。汗をハンカチで拭きながら、緊張と不安で私の部屋に入ってきて、そ...
◆第2回200文字小説コンテスト
おかえり!(200字)投稿時刻 : 2018.04.03 19:01
 人というものが笑うから嬉しくなるのか、嬉しいから笑うのか、僕は知らない。でも、きみが笑うから僕は笑うことができるんだ。たとえ世界が終わるとしても、きみ...
◆暁文学
憂鬱エスプレッソ(1872字)投稿時刻 : 2018.04.29 23:59
 悪い夢でも見ていたのか、憂鬱な目覚めだった。もういい時間だったけれど、外はどこまでも続く鈍色の空だった。 ...
◆第43回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動6周年記念〉
死者蘇生(2039字)投稿時刻 : 2018.02.17 23:33
 男は最愛の人を亡くしてしまった。彼は彼女を生き返らせるために手を尽くした。彼女の身体に撃ち込まれた弾丸を抜き取りきれいにし、失血で死んだ身体に血液を満...
◆安眠文学
ひまわり(619字)投稿時刻 : 2018.04.03 19:05
 二人は眠りのなかにいて、母はこどもの夢を見る。我が子が笑顔で駆け寄って、小さくやわらかな手を伸ばして母を呼ぶ。 ...
◆第42回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
兄さんは甘いよ。(2390字)投稿時刻 : 2017.12.09 23:55
 荒野に並ぶ二軒の荒ら屋に、それぞれ兄と妹が暮らしていた。
 兄のコバルトはあたりに広がる土地を畑にし、農家として生きていた。しかし大...
◆第40回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
スリット(1000字)投稿時刻 : 2017.08.19 23:51
 八月一日
 実家に帰ってきた。久しぶりに会った母は僕が痩せたと心配していた。その気持...
◆名作の書き出しは必ず名文
聖夜の借金取り(2145字)投稿時刻 : 2017.08.20 13:46最終更新 : 2017.08.20 13:47
(3)黒蜥蜴/江戸川乱歩
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの...
◆名作の書き出しは必ず名文
風占い師(3768字)投稿時刻 : 2017.08.05 06:27
(2)こころ/夏目漱石
 私はその人を常に先生と呼んでいた。 ...
◆「覆面作家」小説バトルロイヤル!
僕の恋愛招待券(4092字)投稿時刻 : 2017.06.16 21:21
(お題:純愛/テーマパーク)
 先輩と僕は、観覧車に乗っていた。それは星が輝き出す夜のことだった。 ...
◆「覆面作家」小説バトルロイヤル!
野菜サンドのレッスン(7906字)投稿時刻 : 2017.06.12 19:56
(お題:純愛/懊悩)
  一. ...
◆初! 作者名非公開イベント2016秋
富豪とストーブ(1363字)投稿時刻 : 2016.09.22 19:57
「フォクス! イッツ ショウタイム!
 ──笑えるものでなければ人に非ず! ...
◆初! 作者名非公開イベント2016秋
本に挟んで忘れた押し花(1022字)
投稿時刻 : 2016.09.17 21:01
 久々の休日に、私はガレージの掃除をしようとしていた。排気ガスが積もったようなガレージ特有の埃っぽい空気は、吸っているとしばらくして咳が出た。これが一番...