てきすとぽいトップページへ
第66回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
〔 作品1 〕» 2 
妖怪「ヨネ婆」
 投稿時刻 : 2021.12.11 23:20
 字数 : 2096
5
投票しない
妖怪「ヨネ婆」
浅黄幻影


 これは私が中学生のときのことだ。どこから始またのかはわからないが、当時はUFOなどの超自然現象や超科学、呪い、心霊など「この世ならざるもの」が週に二、三回はテレビでまことしやかに話題にされたものだた。こども向けには漫画でも鬼の手で妖怪事件を解決するお話が連載され、アニメにもなていた。
 そしてその基本ともなるこども向けの心霊現象「学校の七不思議」はこどもたちに大人気だた。こどもの知的好奇心、恐怖心との葛藤など、これには誰もが無視できないものだた。
 あの頃の私はこどもというには少しばかり大きい中学生だが、大々的にでは無いものの、オカルトもブームと言うことで、こそりと学校の不気味な話などがされたものだ。
 これは私が体験した七不思議にまつわるお話だ。


「君寺、知てるか? この学校の七不思議」
 私は友人とふたり、放課後の教室にいた。また時間は遅くないが、学舎のあたりに人は少なく、部活動で動く生徒が多く見られた頃合いだた。
「ああ、狼男が職員トイレに出るとかだろう?」
 私はあまり興味がない、という顔をして答えたが、内心では少しドキドキしていた。
「そうそう。あと、夕方に教室にひとりで女の子がずといて、外から見るといるんだけどなかに入ると誰もいなくて、出ていた形跡もなくて……ていう、四組の女の子」
「三つ目は、プールの一番奥のシワーから血が噴き出す、『死のシワー』」
「四つ目が、中庭の誰かは知らない銅像が走る、『動く銅像』」
「五つ目。技術室となりのトイレに出る、『花子さんの霊』」
「六つ目。美術室の絵の目が動く、『ベートーンの血走る目』」
 私は友人と六つ目の話までをおさらいした。一つくらいなら笑い話になるかもしれないが、こう六つも並べられると少し不気味さを感じる。
 しかし私は気づいた。
「六つ目の『美術室のベートーン』て、音楽室と混ざてないか?」
 友人は、えという顔をした。
「あー本当だ。どこで間違たんだろう」
 ははは、と彼は笑た。
「まあまあ、だいたいそんなところだよ。とりあえず、六つ目まではみんな知てるんだよな、なんとなくでも。でもさ、七つ目は誰も知らないんだ。他の話はわかるのに」
 私もその噂は聞いていた。
 友人はにやりとして続けた。
「でも俺、知たんだ。七つ目の不思議」
 背筋が少し寒くなた。
「本当か?」
「ああ、先輩が話していたのを聞いたんだ。話してやてもいいぜ?」
「ぜひぜひ」
「でもな……本当のいいかな? 七不思議を全部知ると、とんでもない目に遭うていう話も聞いたんだ」
 外はそろそろ夕暮れという時間になり、野球部が球拾いや地ならしをしたり、サカー部がゴールのネトを片付けたりしている。そう、もし「出る」とするなら、そろそろいい時間になてきていた。私に少しばかりの躊躇いが生まれた。呪われるだの死ぬだのの話はごめんだた。
 しかし、私は気づいた。
「おまえ、何ともなさそうだから大丈夫じないか?」
「ああ、気づいたか。そう、大丈夫ぽい。じあ言うから聞け」
「七つ目。日が落ちた学舎にどこからともなく現れる学校の妖怪、『ヨネ婆』」
「ヨネ……
 友人はにやりとして続けた。
「ヨネ婆を見たて先輩は何人かいるらしい、本当にいるんだて。シワシワのヨボヨボ婆さんで、実は親の世代でも知ている話だた」
「じあ、マジて話か」
「あながちただの噂じないかもしれな……
 そのとき、突然教室のドアが勢いよく開いた。
 今までひそひそとしていた怪談話をしていた私たちはその方を見た。
「きみたち! いつまで教室に残てるの!」
 入てきた年寄りを見て私たちは叫んだ、うわあ、ヨネ婆だ……と。
 ヨネ婆はそのことばを聞くと突進してきて、私たちの髪の毛を引た。
「きみら、誰に向かて婆とか言てるの! ちと、お父さんとお母さんに来てもらいましうね。職員室に来なさい!」

 その後、私たちは職員室に連れていかれたのだが、まさかと思た保護者呼び出しは本当にされてしまい、このヨネ婆にこぴどく、ネチネチと、担任まで呼ばれて説教を受けることになてしまた。
 帰り道で母は私に言た。
「先生にヨネ婆て言うなんて、バカなことを」
「学校の七不思議の話をしていたら、ちうど来たものだから……
「え、その話てまだあるの? ヨネ婆の!?」
 それから母は、さも恐ろしいという顔をしてヨネ婆のことを話してくれた。
 ヨネ婆は母が中学生の頃からずと学校にいて、未だに現役で先生をしていて、しかも未婚だたのだ……
「お母さんの頃から『ヨネ婆』呼ばわりされてたから……そう、あれは学校に住む妖怪ね」


 みなさんの学校にも、変な先生がいないだろうか。いつもカツラがズレている先生とか、ジジのフスナーが壊れぱなしの体育教師とか……。案外その先生は妖怪かもしれない。ヨネ婆がそのあかしだ。ヨネ婆は学校の妖怪で、すぐに保護者を呼ぶ人間の小さい先生だた。
 だが、不用意に詮索してはいけない。妖怪や物の怪、心霊現象など、人間の叡智の及ばぬものはやはり恐ろしいものだ。
 私たちのようにひどい目に遭わないためにも……
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない