てきすとぽいトップページへ
第66回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1 «〔 作品2 〕
ピースフルコルドウォーフォーエバー
 投稿時刻 : 2021.12.11 23:58
 字数 : 1016
5
投票しない
ピースフルコルドウォーフォーエバー
犬子蓮木


 小さき者たちが世界を支配しようと蠢いていました。
 この者たちは人間を憎んでいたりはしませんでした。ただ、人間と同じく、本能のあるがままに世界を支配しようとしていたのです。大きくて小さくてもどこでまで行ても所詮は動物です。人間が人間のレベルに合わせた理屈を並べていろいろなものを正当化しつつ世界を支配したように、小さき者たちもこの者たちの理屈を持て世界を支配しようとしていました。もちろん支配などという悪い概念ではなく、この者たちなりの正当性を言葉にしたような概念を建前にしていましたけどね。
 小さき者たちは人間の頭に寄生し、操ることを目指しました。現段階で世界を支配しているのは人間なので、勝つための手段としては正しいです。ただ、小さき者たちの中でもそれはやり方が汚いのではないかという声もありました。ここに3つの派閥が生まれました。
 小さき者が支配した人間たち、小さき者たちに支配されおかしくなた人間に抗う人間たち、人間を操らないことを選んだ小さき者たち。
 3つのグループはそれぞれの方法で争いました。武器を手に取り、毒を使い、言葉を用いて世界の支配権を得ようと戦たのです。
 最終的に残たのは人間たちでした。
 ただ、この人間たちが支配された側なのか、支配を逃れた側なのかははきりとはわかりませんでした。どちらも争いに疲れ、停戦し、直接的な対立を控えるようになたからです。
 それがずと昔に行われた戦争です。
 そうして、今、この世界があります。
 僕らは他人の顔色を伺い、空気を読んで、敵ではないふりをするため笑顔で挨拶をし、みんな仲良く暮らしています。たまにミスた個体が過激になて攻撃しすぎてしまいますが、世界の空気は自然にそれを排除します。だて戦争を再び起こされたら嫌ですからね。どちらの派閥もそんな個体は黙らせたいです。
 世界はどんどん平和になて行きます。
 犯罪は減り、悪いことも減り、幸せに暮らせるようになています。
 なにも悪いことはありません。
 ただ世界の支配者が2つに別れただけです。
 それでいいじないですか?
 だめだておもいますか?
 それともながくはつづきませんか?
 そうかもしれません。
 みんなほんのうであらそいがだいすきですから、きといつか遠い未来に別のグループが現れて争いになるかもしれませんけど、もともと遠い未来では同じように平和な世界が訪れることでしう。
 いきものてそういうものです。
 けんかはつかれますからね。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない