てきすとぽいトップページへ
初! 作者名非公開イベント2016秋
 1  19  20 «〔 作品21 〕» 22  25 
富豪とストーブ
 投稿時刻 : 2016.09.22 19:57
 字数 : 1363
5
投票しない
富豪とストーブ
浅黄幻影


「フクス! イツ シウタイム!
 ──笑えるものでなければ人に非ず!
 この男、餓えも悲しみも知らずに育ち、苦労も疲れも感じずに過ごした幸福男。田舎の都市ながら、富みに富み、欠けることの知らぬ満月のような富豪の家に生まれた天下の寵児!
 しかし生まれがよくても運に恵まれなければ長続きはしない! そして彼もまた運を味方につけた男の一人。彼の仕事上の英断は見事に、ひとつ残らず「当たり」を引いた。ついてついてつきまくた。一族は笑た。笑いが止まらなかた!
 しかしある冬、そう、とてもとても寒い冬のこと。娘が悪い感染症を患てしまた。その上、可哀想に治療法がなかた。一週間、熱と悪寒に苦しみ、リンパをひどく腫らしてそこから膿も絞たのだけれど、最期には逝てしまた。
 ──なぜ娘は死ななければならなかたのか?
 男は考えた。そして笑うことを忘れてしまた。しばらく考えた末に、彼は「すべては寒さのためだ」と答えを出した。実際、あのひどい寒さがなければ、体力の低下などの問題は解決できていただろうね。
「これからの時代には薪ストーブではなく石炭ストーブが必要だ。同じ病気に苦しむ人たちにも大事なことだ」
 そう踏んだ彼は一大投資にかかた。厚手の鋳鉄ストーブを組み上げる工場の建設からはじめて、それに対応した良質の石炭精製のために鉱山の権利まで押さえた。会社として、そして父として。
 フクス! どうなたと思う? 男の事業者としての読みそのものは悪くなかたよ。けれど、あー、まさかしばらく暖冬が続くなんて読めなかた。誰だて無理だ! ここで最初の痛手を喰てしまた。
 一年後、どうやら今年も暖冬だとわかたとき、会社の幹部たちはストーブ事業を縮小すべきだと言た。誰でもそう思うだろう。まあ、僕ならストーブで使えるフライパンを作るよう、指示しただろうね!
 でも彼は方針を曲げない。むしろ強固にストーブへ改良を加え続けた。安全性、排気性、後始末のよさ。すばらしいと思うよ。世界はこうあるべきだ。彼のお金でストーブが効率よく燃え上がり人々を暖める。そして彼のストーブは人気になてもと売り上げが上がる。誰も文句はない、そうだろうみんな? いや、僕はこの会社の回し者じないよ!
 実際、お金持ちがみんなに餓えや寒さ、悲しさなんかを乗り越えられるための発明をしてやたら、世界はずとよくなるだろう。
 さあ、そんな人望厚き僕らの味方、大富豪の某氏だけれど、残念だけど死ぬことになた。本当に頑固者だたんだね! 彼は十年後にもまだストーブを設計し続けていた。自ら熱効率の専門家になていたけれど、自分が加熱しすぎていたとは気づいていなかたようだ。
 そして運も尽きるときが来た。どんな運も尽きるものさ。加熱したストーブ事業への投資と、経済の冷え込みで会社が傾いた。彼は設計試作室から会社の執務室に戻て、毎日ずと経理と話し込んで頭を抱えた。そして結果、健康を損ね、娘と同じ病気にかかて苦しんだ。
 ──笑えるものでなければ人に非ず!
 この男、笑うことのない苦労のストーブ制作に後年を費やし、そのために笑わずに過ごした今や負債の多き債務者! けれど 僕は彼こそ微笑みの人だと思う。最期は自分の作た暖かいストーブの火を見ながら、娘を思て静かに病に凍えながら死んだそうだよ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない