てきすとぽいトップページへ
初! 作者名非公開イベント2016秋
 1  18  19 «〔 作品20 〕» 21  25 
本に挟んで忘れた押し花
 投稿時刻 : 2016.09.17 21:01
 字数 : 1022
5
投票しない
本に挟んで忘れた押し花
浅黄幻影


 久々の休日に、私はガレージの掃除をしようとしていた。排気ガスが積もたようなガレージ特有の埃ぽい空気は、吸ているとしばらくして咳が出た。これが一番嫌いだた。この咳には私が次第に年を取ていることを感じさせる年寄りくさい咳の仕方がからまていて、それが何より自分で自分をいらつかせた。
 このガレージの空気には前々から納得がいかなくて、今日こそは駆逐してやるぞと思ていたのだけれど、そこに眠ている家族の思い出に触れると自然、そちらに目が向かた。どんな家庭のガレージにも思い出というものが眠ているのだ。そう、つい目にしてしまう魅惑の思い出たちであふれている。
 ガレージはまず、入り口に冬用のタイヤやジキが積まれていて、その奥へ進むのを阻んだけれど、息子が子供時代に使たもうサイズの合わないスキーや夏場に挑んで結局、あきらめたスケートボードを見つけたりすると、私の心は若い頃の父親のそれに戻た。
 それから妻が若い頃に描いて、おそらく本人も忘れていただろう絵が見つかた。当時、彼女は自慢げに額に入れて見せてきたものだた。あのころは、額の方が立派じないかと私は笑て彼女をいじめてやたものだた。しばらく眺めていると、なるほど、今なら私も納得がいく作だと思た。
 かつては妻も私も若く、彼女があんなことになるなんて思てもいなかた。しかし彼女との思い出は、もちろんずと昔のことだた。今更思い出しても……。私はセンチメンタルになり、また彼女の絵を眺めた。しばらく掃除をしようとする手が止まてしまた。
 それから隣に、本が詰また段ボール箱を見つけた。一冊なんとなく手に取てみて開いてみると、しおりがはらりと落ちた。このしおりについても私は覚えていた。ふたりで草原に行たとき、彼女が見つけたクローバーを押し花にしたものだた。
 ガレージのコンクリートに無惨に舞い降りて埃にまみれたクローバーを見て、私は思た。なんと人生は儚いものだろう! ときの流れは残酷だろう!
 あのとき愛した君はもう、いない。戻らないあの日の笑顔、二人の時間。私はずと君を忘れはしない。私の心の押し花は、あの日にこのページに挟んだまま、そのままだ……


「ねえあんた、今日こそはガレージの掃除をするて言てなかたかい?」
 ──そうだね、ごめんよ母ちん──
 私は年老いて太て横暴になた妻にへこへこと愛想笑いをして、自分の空想旅行から生きた現実へと帰てきた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない