てきすとぽいトップページへ
゚+.゚ *+:。.。 。.世 紀 末 ゚.+° ゚+.゚ *+:。.。
 1 «〔 作品2 〕» 3  8 
日、没するエデン
 投稿時刻 : 2018.07.17 20:43
 字数 : 1838
5
投票しない
日、没するエデン
浅黄幻影


 プロジクト・エデンが世界会議において承認された。
 このプロジクトが本当に実現するなどとは、世界のほとんどの人が信じていなかた。だから予想外の嬉しいニスに喜ぶ人が多い一方で、懐疑的な人々も少なくはなかた。なにせ今まで数千年もかけて争い血を流していた人類が、再び楽園を手に入れようという計画だたから。しかしこの表現には誤謬があて、懐古的思想によるエデンへの帰還ではなく、科学によて新しいエデンを手に入れようというものだた。
 人類の叡智が集結して、エデンは建設された。九十九パーセントの人々が理解できないほど高度な技術が使われて、楽園は世界のある場所、海の上に作られた。かつてアトランテスがあたとか、なかたとか、そんなところだたが、おそらくそれに気づくものはほとんどいなかた。あまりに時間が経ちすぎていて、伝説さえも朽ち果てていた。
 数年の歳月を経てエデンは完成した。しかしそれは、今までに抱いていたエデンの姿とは、ほど遠かた。太陽に届くかというほど、どんなに背を反らしても上が見えないような巨大な塔だた。言うまでもなく人々にあの塔を想起させた。
 世界中の人が住むことを許される巨大な楽園だた。しかし全員が到着するまでにはかなりの時間が必要だたし、到着した人がどう生活するかについても、安心で完全な計画ははきりとは存在しなかた。これはまたく新しい、人類の幸福にいたる試みだたからだ。幸福を目の前にしても、人々はどうしていいのかわからなかた。
 まだ世界人口の三パーセントしか登塔していなかたある日だた。人々が汚染された地上から脱出できたと思たのもつかの間、それからたた一日と一夜ですべてはひくり返た。塔は土台から崩れ、人もものも、何もかもが海に沈み、最後には何も残らなかた。
 そしてこれは地上もおなじことで、世界は終わていた。火山は噴火し、海は希硫酸となり、地面はことごとく引剥がされて岩や金属が露出し、あちこちから水銀を引きずる水が流れ出ていた。もう電気も水も家も道もなく、焼け出された人々には着るものさえ残されず、明日の当てもなかた。
 世界がどうして終わてしまたのか、はきりしたことは誰にもわからなかた。始まりの合図さえ、誰も聞いていなかた。
 元=歴史学者と元=生物学者はこの状況を、どこかの旧=国家間の争いの結果だろうと話していた。
「プロジクト・エデンは失敗でしたな。あれは汚れた地上から脱することができても、人間自身が持つ悪心までは拭えなかた」
「さよう。結局は、互いに相手の持ているものを羨ましく思ていた。派遣を欲する悪い癖も消せなかた。エデンと同じ、つまり技術の粋を尽くした一発のミサイルが始まりとなて、すべてを消してしまた。おかげで私たちはせかくのエデンを二度も追放されてしまた。三度目があたら次はどんな罪か」
「私たちはどこで道を間違たんでしうな」
「私が前に目を通した本では、異端者たちが町中に毒ガスを撒いたということだた。あれは人類史に残る出来事だた。この事件は人間が平和を治めていたはずの時代が、いつまでも殺戮を拡大させてることの発見の契機だた」
「しかし毒ガスで言うなら、二十世紀初頭には戦場の風上から風下へ、塩素ガスを撒いて塹壕やバリケードを一夜にして壊滅させた、と私は聞いたことがある。それまでは銃剣、大砲というもので戦ていて、生還するものも多かた。それが、実戦で空気までも使て大量殺戮を始めてしまた。これは重要視せねばならないでしう」
「殺人道具が進歩したことを私たちの失敗理由にするのなら、火薬の発明、鉄器の発明、人類初めての殺人のカインとアベルまで戻らないと。もうずとずと前から、私たちは殺人というものを発明していた、そもそもがそこからだ」
「してみると……なんだね、私たちはどこから間違ていたのかね」
「最初からじないだろうか。エデンに逃げても宇宙に逃げても、人間という自分自身からは逃れられなかたのだろう。もう一度、人間というものをやり直した方がいいのかもしれない」
「やり直したら上手くいくだろうか」
「失敗作の私たちには、何が成功なのか想像もできやしませんな」
 しかし、と元=学者の一人が言た。
「もう一度やり直すには、いささか遅すぎですな」
 夕日が山へ落ちようとしていた。人類は長い長い闇のなかを歩まなければならなかた。
 地上にはもう、エデンはない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない