てきすとぽいトップページへ
名作の書き出しは必ず名文
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9 
聖夜の借金取り
 投稿時刻 : 2017.08.20 13:46 最終更新 : 2017.08.20 13:47
 字数 : 2145
5
投票しない
更新履歴
- 2017.08.20 13:47:00
- 2017.08.20 13:46:10
聖夜の借金取り
浅黄幻影


(3)黒蜥蜴/江戸川乱歩
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 Aの家にもイヴの夜は訪れていたが、家族に七面鳥を用意などしなかた。もちろん高価な七面鳥だから仕方ないが、それらしいもの、手の込んだ料理や肉のスープ、クリスマスケーキさえテーブルには出されなかた。
 家族の抱えた不満はAに向けられることになた。
「あんたも意地が悪いね。クリスマスの夜はみんな家に帰るもんさ。家族水入らずのところに借金取りに行て自分の家のことはほぽり出してさ!」
 意地が悪いと妻に言われたAだが、どんな顔をしてこの貧しい食卓に向かたものか悩みどころだた。
「意地が悪いてのも仕方ない。こちはおまえらのために意地を悪くして借金取りしてるんだ」
 そう言て集合住宅の一部屋から飛び出して、小雪の舞うなかへ出ていた。気持ちなど、いい訳もない。コートの襟を立て、ポケトに手を突込んで歩くその姿には野良猫さえ怯えるほどだた。
 表通りまで出ると、手帳を片手に開いてみて、誰のところに催促に行くか考えた。
 ――ちくしう、このあたりにいるやつはそろて期待が薄いのばかりだ。おまけに雪まで降てきだした。ホワイトクリスマスとは小洒落たものだが、俺にはまたく関係ない。
 けれどAは借金取りをやめようとはしなかた。
 一言。
「手ぶらじあ帰れね……
 そうつぶやいて、歩き出した。

 駅前の繁華街を抜けた。おもち屋は当然、それに続いてスーパーや本屋、テーラー、肉屋や魚屋に至るまで、クリスマス一色だた。夜の始まりの頃合いだというのに、誰も彼もまたく商魂がたくましい。
「銭の亡者だな、クリスマス・イヴなんて名目ばかりなくせに」
 そしてAは雑居ビルに入ている知り合いの酒場のドアを開けた。入てきた客の数人が、睨みを利かせる彼を見た。と同時に、そのうちの一人がギとした。
「また会たな。どうだ、酒の味は」
 Aが声をかけた相手は、数日前に絶対に払えないと家のドアさえ開けなかたものだた。Aは財布を出せといたけれど、やはりこれにも応えなかた。二人の間で飛び切りの騒ぎが起きそうだと、無関係な客たちは席を離してから好奇の目を寄せてニヤニヤし始めた。
 けれど店主が間に入たので、そうなることはなかた。Aにはありがたいことに、店主はこちらの見方のようだた。
「その人にはツケがだいぶあるからね。財布出してもらうならこちにも分けてもらいたいよ」
 ツケも借金もある男はさすがに青くなたようで、その日の酒代と借金の利息程度はおいて逃げていた。
 Aは自分の財布から金を出して、一杯飲んだ。
「おやさん、今日はほかに誰か客を見てないか。クリスマスを楽しく過ごすくらいの余裕のある奴を、さ」
「さあ、どうかな。最近、みんな不景気らしくて、顔を見せない奴も多いよ。Xなんか、特にそうだね。酒をやめたて噂もあるくらいだ」
 手帳を見ると、Xには「ほどほど」の額が貸し出されていた。
 ――酒もやめているのなら、いくらか持ているだろう。
 AはXのことを考慮に入れてみようかと思たが、あまり望みはなかた。独り身だから、奴の部屋に張り付いているくらいしかできそうになかたからだ。
 家族があれば家を、酒が好きなら酒場を、博打が好きなら賭場を……と、誰かしら通りかかりそうなところに網を張ているのだが、独り身で稼いでいる奴の邪魔をする気はAにはなかた。稼いでいるのにそこに割て入るなど! 育ちつつある穂を刈るようなものだ。
 Aは今夜はあまり期待しない方がいいかもしれない、と考えを改め始めた。

 一つ目の酒場を出て、数軒、同じような店を回てみた。二人の債務者に会ていくらか回収してやたものの、やはり釣果としては今ひとつだた。
 ――大晦日に向けての大捕物の走りがこれじあな……。除夜の鐘は耳に痛そうだ。
 そう思て首をひねていたところで、AはXを見かけた。Xは、丸々と太た七面鳥……ではないけれど、両手でなければ抱えられないほどの大きな菓子店の箱を持ていた。明らかにクリスマスケーキだた。
「あれだけのケーキはかなりのものに違いない。ケーキを取り上げたところで金にはならないが、あいつめ、それだけの金は持てやがるんだな」
 Xの顔にしても、さもクリスマス・イヴだという具合に浮ついているものだから、Aは絶対に逃がしはしないと意を決した。
 ――借金取りより借金してる人間の方が幸せてのは、許せないからな。
 Xは急いでいるらしく、足早に過ぎていくところだた。Aはそれを追いかけるのがやとだた。視界から消えるか消えないか、ギリギリのところを、混雑するイヴの夜の街を歩いていた。しかしXは自分の家とは反対の方向へ、しかも街の中心からどんどん離れて、寂れた地区へと入ていた。
 Aは最後に、Xが教会へ入ていくところを見た。そこは孤児院にもなているところだた。Aが入た直後、なかから子どもたちの楽しそうな声が上がり、賑やかになた。
 遠巻きに様子を見ていたAだけれど、見てさえいないXや子どもたちの姿が頭に浮かんで仕方なかた。そしてその光景は静かに、Aになけなしの金でケーキを買て帰るよう、促した。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない