てきすとぽいトップページへ
名作の書き出しは必ず名文
〔 作品1 〕» 2  10 
亭主と妻と居候
 投稿時刻 : 2017.07.24 00:32 最終更新 : 2017.07.27 00:39
 字数 : 4047
5
投票しない
更新履歴
- 2017.07.27 00:39:51
- 2017.07.24 20:17:53
- 2017.07.24 20:14:48
- 2017.07.24 01:42:22
- 2017.07.24 01:41:13
- 2017.07.24 00:52:31
- 2017.07.24 00:33:34
- 2017.07.24 00:32:42
亭主と妻と居候
白取よしひと


◆OD氏の節◆

 あわただしく、玄関をあける音が聞こえて、私はその音で、眼をさましましたが、それは泥酔の夫の、深夜の帰宅にきまているのでございますから、そのまま黙て寝ていました。
 夫は、隣の部屋に電気をつけ、何やら物音が聞こえて参りましたが、どうせまた悪い虫が起きて、薬でも探しているのだろうと寝入てしまいました。
 
 首筋が、何やらこそばゆく感じます。目を開けたなら既に朝でした。エビにも似て丸めていた体を起こしますと、案の定、気味が悪い程に大きく眼を見開いたネコが、覗き込んでおりました。これは珍しい事もあるものよと、寝床の傍らを眺めますと、夫の姿はありませんでした。
 白毛に黒の牡丹を散らしたネコ。
 前妻の頃から居ついたこのネコは、偉く夫に懐いておりました。朝、日が昇りますと一番に夫の寝床に現れて、朝餉の催促をするのです。
 だけれど今日は蛻の殻。それで仕方なくこちらに寄てきたのでしう。昨晩遅く、帰宅した夫は、何かしらの理由で家を飛び出していたのです。
 ひとりきり。いえ、ひとりきりと一匹が置き去りにされました。パピナール漬けの夫から移された薬臭いのネコを抱き、ひとり縁側で呆けるより、ほかありません。
 
◆JT氏の節◆
 
 前妻の頃より、どれだけの贅沢に晒されてきたのか分かりもしませんが、この猫たるや、そんじそこらの惣菜など見向きもせずに、只々、七輪で香ばしく炙られた小魚を欲しがるのです。
 飼い主様が、漬物だ、煮しめだと辛抱しているにも関わらず、皿を差し出すと、ついと鼻先を他へ向け、うろうろと歩き出します。その有様に、憎たらしいわ、頭にくるわと、皿を片付けると、何やら香ばしく濃厚な香りが漂て来たものですから、襖を開いて縁側に飛び出ますと、それは、お隣の御屋敷から流れて来る様に思えました。
 嗚呼。これはきと、肉を調理しているに違いないわと、夫に誑かされる前、母と一緒に定禅寺通りを散歩した際に、洋食屋の店先に溢れていたヴイオンの香りを思いだしました。
 猫は風上を向いて、物欲しそうに「ミ!」と、鳴きます。
―― 恥知らず!
 贅沢なものに尾を振るこいつに腹が立ち、それを抱き上げて座敷に駆け込みました。
 
◆AH氏の節◆
 
 まな板を叩いていると、奴はやて来た。時折、その叩く音が強くなる度に、奴の背は獰猛に弧を描く。
 挑発しているのか。その鳴き声は台所に響き渡た。それは遮るものがない、大海原に発せられたシチの雄叫びに似ていた。
 この音は戦いを告げているのか。助けるものは誰もいない。ここには二人だけが存在している。わたしは、ひとり船で漕ぎ出して孤高の戦いを挑む漁師だ。手を流水で清め、しかりと包丁の柄を握り直した。
 そして、再び野菜を刻み始める。凪いだ海は緊迫の象徴だ。目の端で奴を追うと、ぶら下がたシモジやヘラを盾として、強かに移動している。カラカラと揺れたシモジに、わたしの眉は寄た。
 奴は跳ね上がると、目算を誤たのか、刻み野菜の上に転落した。辺りが野菜塗れになた。
 憤怒で放た銛ならぬ包丁は、見事にまな板に突き刺さた。その鈍い音に、奴は総毛立ち、座敷の彼方にその姿を消した。戦いは疲労感とともにあけなく終わた。
 
 それは遠き、バハマの潮の満ち干きによく似ていた。


◆KY氏の節◆

 進めど進めど、出口の兆しすら見えないこの長い回廊は、逃避の道かそれとも懺悔の牢なのか。
 救いようもないこの身にも、燈火は注がれるのか。県境の長いトンネルを抜けると、雪原がひろがていた。ひとりならず二人の妻を不幸にし、薬に溺れ、薬欲しさに薬局の内儀にも手を出してしまた。その上、身のやりどころが無くなると、嘗て逢瀬を重ねた芸妓を頼て汽車に乗たのだ。
 まさに救われない馬鹿者は、車窓から見えるま白の雪でさえ、清める事はできない。
 汽笛が胸を突き、汽車が駅へと滑り込んだ。悲鳴を上げた車両が軋み、曇た硝子が震える。

 山形へ一歩足を踏み降ろすと、一片、二片と舞い落ちる雪は大きな牡丹であた。ふわふわと、右往左往しながら落ちて握中にて消える雪を見詰めると、不憫な女たちの面影が過ぎた。
 駅舎を歩いていると、子連れの母親が慌ただしく追い越して行た。追い越される刹那、頬が林檎となた童と目があた。上目使いに向けられたその瞳は、見知らぬ大人に向けられた警戒の目であるのだけれど、一角の幸せを築けなかた己を裁く、冷たい目に見えた。
 
◆KM氏の節◆
 
 くたびれたコートの襟を立て、駅舎の外に出ました。雪をかぶた大きな森と、ま白な田んぼがひろがております。ふと、振り返ると、次の目的地へ向かた汽車は、白い煙をもくもくと吐き出しながら、エメラルドをひらたくのばした空に飛び立て行きました。 
 お見送りでしうか。白サギの群れが、汽車に付き添て飛んでいます。
「ハレルヤ、ハレルヤ」
 その歌声は、この世界中にひろがります。

 突然、何かが体にぶつかて倒れそうになりました。
「おじさん、ごめんなさい! おじさん、ごめんなさい!」
 それは、子ぎつねの兄弟でした。耳の縁がま黒の、兄さんきつねが陽気に話します。  
「これから、森の幻燈会!」
 すると、弟きつねも合わせました。
「これから、森の幻燈会!」
 兄弟は、しばれて固また雪を、その小さな足で踏み鳴らします。
「きく きく きく! 嬉しいな。凍み雪、らくちん嬉しいな!」
 二人は、嬉しそうに森へ向けて歩きだしました。
「おーい。君たち! 山華楼を知らんかねー
「山華楼はこち! 山華楼はこち!」
 二人は、ふわふわ尻尾を揺らしながら手招きをします。わたしは、それについて行きました。
  
 森の山華楼は、三層に重ねられた豪華な建物でした。大きな雪の結晶はそのまま水晶となて、辺りにたくさん気をつけをして立ています。
「はて? こんな建物だたかしら」
 煌びやかな観音開きの扉を開けると、帳場には大きな梟が立ていました。それは、身の丈程にも大きく、大きな硝子玉の瞳をきらきらさせながら、首を回しています。
「梟さん。駒子と呼ばれる芸妓はおりますか?」
 くるくると回していた首を止めて、梟は首を小さく傾げました。
「駒子は…… いないゾ」
 どこぞやに行てしまたのかと、問いを重ねると、梟は無責任にも「いないものはいない。いないものは仕方ない」と連呼するではないですか。
「どこへ行たか、ご存知ないのですか?」
 梟は首ばかりか、顔までも回し始めると、硝子玉が真下になたところで止まて、上になたくちばしで語り出しました。
「会える人は会える。会えない人は会えない。会えない人は、会わない方が吉」

 ともかく、駒子はいない。このまま、水晶に囲まれた森にいても仕方がない。合わせる顔もないけれど、仙台の屋敷に戻ろうかと、汽車の時間を聞いてみました。
「次の汽車…… 山形ケンタウロス駅」
 梟は、忘れたのでしうか。くるくると勢いよく首が回り出し、梟の口ばしから、カニさんの泡が溢れました。
「大変だー。梟さんが大変だー
 奥からモモンガや、リスが飛び出すと、二人で梟の頭を押さえます。そして、モモンガが小さなほぺを膨らませて言いました。
「星がみつ降たら、汽車が来るよ!」

―― 星がみ…… 。

 そして、やとの思いで梟の頭を止めた二匹は、声を揃えて言いました。
「ハラが減ても料理屋行くな! ハラが減ても料理行くな!」
 料理屋て、何の意味があるのだろう? 途方に暮れて、窓から外を眺めると、きれいな幻燈会の灯りがたくさんの水晶を通り抜け、辺りの森一面が紫色と電球の橙色に輝いていました。
 それは、サフイヤやトパーズの森でした.
 
◆SN氏の節◆
 
 いつの間にやら、細君が替わたかと思えば、旦那も姿を消したらしい。風来坊で自由闊達の看板を背負た吾が輩なのだが、どうにも面倒な屋敷に転がり込んだものだ。
 旦那は、それなりに良くしてくれた。来る日も来る日も、何とかのひとつ覚えで、魚を炙り、鼻先にぶら下げてくれたものだ。そう考えれば、それなりに待遇は良い方だたのかも知れない。新しい細君は、前妻の時分から居ついている、吾が輩の事を気に入らないらしい。
 あの、旦那が消えた朝。仕方がないものだから 細君に食事を催促した時のあの顔。吾が輩のどこが悪いと云うのだ。前妻がいようが、亭主が逃げようが、こちには関係の無い事である。

 旦那につけば角が立つ。爪を出しては窮屈だ。媚びを売ては流される。兎角、猫稼業は難しいのである。

 ひとり暮らしが堪えると、毛嫌いしていた吾が輩でも慰めになるのだろう。女学生が初めて与えられた同胞を終日手放さぬ様に、奥方はいつも身近に置きたがた。あまりにも、それがしつこいものだから、時折「ミ!」と抗うのだが、一向に変わらない。
 魚も与えてくれる様になた。旦那の様に、七輪で炙た魚をつまみ、目の前でゆらゆらと揺らす。吾が輩が目で追うのを楽しんでいるのだろう。まあ、いいだろう。こちは魚を食えればそれでいいのだ。

 今日は、朝から奥方の様子が変だ。落ち着きなく、縁側に出ては空を眺めたりしている。腰を下ろしたかと思えば立ち上がり髪を直す。押し入れから何やら袋を出した。吾が輩がその袋に飛び込むと、凄い剣幕で叱たりする。ともあれ、触らぬ神に祟りなしだ。こちは、夕餉の魚があればそれで良い。
 突然、奥方は立ち上がり、着物の上からシルを羽織ると、かの大きな袋を手にとた。そして、慌ただしく玄関に向かうと草履に足を入れた。

―― 出て行くのか?

 ついに、奥方も出て行くのだろう。吾が輩は、この屋敷の主となるのか…… 。
奥方は、玄関先の、日の当たる場所に出ると、肩越しにこちらを向いた。
「山形に行て来るわ!」
 奥方は、確かにそう言た。そして、微かに口が動いた。それは明らかに戸惑いの動きだた。その口が言葉を語る事はなく、そのまま小走りで駆けだした。

 ここに来て、この期に及んで今更気が付いた。吾が輩に、名前はまだなかたのである。

                     (了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない