てきすとぽいトップページへ
暁文学
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11 
憂鬱エスプレッソ
 投稿時刻 : 2018.04.29 23:59
 字数 : 1872
5
投票しない
憂鬱エスプレッソ
浅黄幻影


 悪い夢でも見ていたのか、憂鬱な目覚めだた。もういい時間だたけれど、外はどこまでも続く鈍色の空だた。
 それでまた先週、彼女と喧嘩したことを思い出した。なんてことのない話から始またすれ違いが大きくなり、お互いに後に退けなくなてしまた。その日に行くはずのライブも一緒に行けなくなたし、それから気まずくて連絡もできなくて、まさか会いにも行けなくて……つい一週間が経てしまた。
 気分転換に街へ出てみたものの、余計に落ち込むばかりだた。大型連休の繁華街は人で溢れていて、すれ違う恋人たちの声が僕のなかに響いた。
「どうやて彼女と仲直りしよう? 謝る……なんて言て謝たらいい? だいたい、どんな顔をして会いに行けばいいんだろう。ああ、時間が経つほど、どんどんわからなくなていく。それとも、なかたことにするとか。でも、そんなことをしてこのまま終わりにでもなたら」
 彼女の笑た顔と怒た顔が交互に浮かんできて、僕は後悔していた。
 考えながら歩いていると突然、すぐ目の前を車が通り過ぎていて、僕は慌てて歩道に戻た。よく見れば信号は赤だた。恥ずかしくなて、適当にまた違う道を歩いていた。
 少しするとアクセサリープがあた。店先を見ていると、朝露が葉に落ちた瞬間のようなきれいなトンボ玉の指輪が目に入た。
「そういえば、彼女は新しい指輪が欲しいて言ていた。プレゼントしてみようか、喜んでくれたらいいんだけど……
 けれど彼女の指のサイズを知らないことに気づいた。
 今度はフラワープの前を通りかかた。小さいけれど鮮やかなポピーが目にとまた。
「花を贈るのはどうだろう? ……あれ、彼女のところに花瓶なんてあたかな。テーブル、窓辺、玄関の小さなスペース、またく思い出せない。そもそも彼女は花が好きなんだろうか? 逆効果だたら?」
 結局、そのまま店の前を通り過ぎた。
 ケーキ屋の前に女の子たちが楽しそうに並んでいるのが見えた。辺りに広がる焼き菓子の香りを感じていると、彼女がチコミントのケーキが好きなことを思い出した。
「彼女と一緒に食べて、おいしいて笑ていたな。いつも同じ店のケーキを買てきていて、彼女はあのケーキが好きなんだ。彼女のお気に入りの店は……あれ、覚えていない。あんなに彼女の口から聞いた店の名前が思い出せない。話もろくに聞いていないのか! ああ、なんて彼女のことを知らないんだろう!」
 大好きな恋人への関心が低かた自分にあきれて、気持ちはいそう沈んだ。またく先は見えてこなかた。まるで永遠に夜が明けない世界にいるようだた。
 街を彷徨ていたところへ追い打ちのように激しい雨が降り出してきた。僕は近くのコーヒープへ逃げ込んだ。店先でまだ染みこんでいない雨粒を払て安堵したけれど、レジカウンターからは店員の意味ありげな視線が注がれていた。仕方なく、同じように並ばされたレジの最後尾に並んだ。なかなか列は進まず、雨はひどくなる一方だた。外を眺めていると、真黒な水たまりがどんどん広がていた。
 なんとかカプを受け取たけれど、先に流れ込んでいた人で店はとくにいぱいで、空いていた窓際に立つのが精一杯だた。エスプレソにザラメを入れてざりざり溶かして口に運んだ。甘くて……苦かた。
 突然、すぐ近くの座席からベートーンの「運命」が鳴り響いて、慌てる男の声が聞こえてきた。
「悪い、アラームが今頃鳴たんだ」
「そんなので起きるの?」
「一発で起きるよ。それより、運命は扉を叩くて言うけど、何回か知てる? 四回なんだよ。ジ・ジ・ジ・ジてね」
「それ俗説だよ?」
 なんてことのない男女の会話だけどそれが羨ましかた。
「運命……僕らの運命はここで終わてしまうのか? それでいいのか?」
 辺りが静まりかえた。一瞬とも永遠とも感じられるような時間だた。そして目の前が真白になた。落雷だた。雷は窓際にいるすべての人の目を眩ませ、同時に激しい音と衝撃で僕らを震え上がらせた。
 僕の心が叩かれた。まるで「運命」のように。
「運命は四回、扉を叩くのかもしれない。ベートーンにはそれだけ必要だたんだ。僕の運命はいつ、叩いてくれるんだ? ……いや、待つことはできない。それに彼女もきと待てくれない。そうだ、このまま迷ていたらどうなる? 僕が黙ていたら? それこそ扉を叩かなければ、僕らは」

 嘘のように雷雨は去た。僕は残りのエスプレソを一気に流し込んで、青空の映る水たまりをよけながら街へ走り出した。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない