てきすとぽいトップページへ
第52回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10  16 
もしもヒトラーがラーメン屋だったら
 投稿時刻 : 2019.08.18 13:05
 字数 : 1000
5
投票しない
もしもヒトラーがラーメン屋だったら
浅黄幻影


 私の名はアドルフ・ヒトラー、かつて世界を制する直前までいた男だ。現代に蘇た今、私はラーメン屋をしている。同盟国日本の食文化は実に興味深く、そのなかで一番気に入たものがラーメンだた。ラーメンは他国の文化を日本流にアレンジして支配したというのだから、血が疼く。
 そこで決めた。私はラーメンで世界を制してやる!

 一月 一日  「ヒトラーメン」一号店 ベルリンにオープン
 三月 十二日 オーストリア店オープン
 八月 三十日 ポーランド店オープン
 七月 一日  ヴシー店オープン
 四月 三十日 ヒトラーのカウンセリングが始まる

「ヒトラーさん、なぜこのような出店計画を立てたんです?」
「歴史の勉強をしているのならだいたいわかるはずだ。それ以上に何の意味がある?」
「では質問を変えてみます。どうして歴史になぞらえる必要があたのです? 和光あたりで名を馳せてから、都内進出を狙うのが私にはいいと思いますよ。いきなり海外出店。しかも、この順番……
「私はこれらの地で勝利を収めた。それを辿れば再びかつことができる。そして過去の未熟な作戦を正していけば、今度こそ我が帝国は不滅のものになる」
「ラーメンはどうしました?」
「私には夢がある。野望だ。ラーメン屋は今はまだ小さな規模だが、いつか世界中で一番だと知られるような店にしてみせる!」
「志が高いのはいいことだと思います」
「そのために私は労力を惜しまない! 小さな店の厨房に立ち、自ら世界征服のラーメンを追求する! そうするうちにきと店は繁盛するだろう。テレビに取材され、いつでもどこでも娘たちはラーメンの話題ばかりになる! 黄色い声援が私を迎える!」
「エヴ・ブラウンさんも泣きますね」
「いや、ここからが肝心なところ。持ち前のカリスマを発揮したらもう私の勝ちだ。世界中が私に熱い視線を送るようになるのだ」
「それでは今までのは……!」
「そうだ! 我がカリスマを以てすれば、私の人気はうなぎ登り、すぐにも著名人の仲間入りだ! コメンテーターに司会者に、テレビ番組に引張りだこ! みるみるうちに大金持ち! そうすれば、ラーメンなんて作らなくていい。私はしあわせになるのだ」
……ラーメン作らないんですか?」
「ラーメン? 誰が作るて?」
「ああ、この患者は手に負えない」

 そういうわけで、私は自分をヒトラーだと思い込む病人だとされてしまた。失礼な話である。しかし、やはり画家のラインで攻めるべきだたのかもしれない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない