てきすとぽいトップページへ
第52回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  16 
最期の化粧
みお
 投稿時刻 : 2019.08.18 11:27
 字数 : 1000
5
投票しない
最期の化粧
みお


 私には足がない。
 私には命がない。
 私にあるのはただ悲しみだけである。
 
 気がつけば私の体は『そこ』にあた。
 この場所とは、どこかの寺である。
 経の声がぽつぽつ響く抹香臭い寺である。
(にくい、かなしい、さみしい……
 夜ともなると私の心は悲しみと絶望に支配され、体は境内をさまよい歩いた。

 どうやら私は、幽霊であるようだ。

 幽霊とは恨みを残して死んだ人間の成れの果てである。
 しかし、私は何も思い出せないのである。
 私の姿といえば経帷子をまとう伏し目がちの女である。髪の毛はほつれ、虚ろな瞳にかかる。
 美しく、おぞましい姿である。

「悲しいですか」

 気がつくと、私の見知らぬ男の霊があた。
 老いた男の霊である。
「そんなに悲しい顔にさせてしまいましたか」
 なぜか男のほうが泣きそうな顔で、私を見つめるのだ。


「これですか」
 翌日、気づけば目の前に恰幅のいい男が立ていた。
 彼は葬式帰りなのか、手には数珠、体からは香が匂い、膚には経文が染み付いているようである。
「夜な夜な動き回るとか……
 男は無遠慮に私の体を撫で回す。
 嫌だ嫌だと震えていた私は、彼の言葉で戸惑うこととなる。
「さすが応挙先生の幽霊画はものが違う」
 男の真剣な声を聞いて、私の体に絶望が走た。
 ……なぜ気づかなかたのか。私は絵である。筆と墨で描かれた一枚の絵である。
 悲しみも憎しみも過去も、この身にあるはずもない。
 私は、たた一人の絵師が描いた幽霊の絵であた。
……ああ、惜しい人を亡くした」
 男の顔に純粋な涙が浮かぶ。それがはたはたと綺麗な畳に落ちていく。
 それを見て、私の目からも墨の涙が転がり落ちる。
 私を産みおとした創造主は、私を残して逝たのだ。

「だから、最期の仕上げに参りましたよ」

 気がつけば昨夜の老人がまた、私の隣に浮いていた。彼の手には透ける筆。
 彼はまるで子を見守る親の瞳で、私の顔に筆を置く。
「貴女に悲しみも憎しみもない。貴女の名前は……
 柔らかい筆はまるで優しい指先のように、私の顔を滑る。
 温かい墨が、私の顔を作り変えていく。
「魂をこの世に呼び覚ます、反魂絵というのです」
 まるで天女のような。と囁いたその声は、私の墨の耳に溶け、墨の心に届く。
 私は気がつけば、幸福な心地となり微笑んでいた。

……なんと」
 男がふと、目を丸めた。
「まるで微笑んでいるようじないか」
 彼のその言葉の通り、円山応挙の描いた幽霊は彼の死後、嫋やかな笑みを浮かべるようになたのである。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない