てきすとぽいトップページへ
第52回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  16 
ジムノペディ
 投稿時刻 : 2019.08.18 04:59
 字数 : 1000
5
投票しない
ジムノペディ
小伏史央


1,
 わたしは演奏または再生されるたびに人々の胸裏に風景をもたらしてきた。4分の3拍子のピアノ独奏曲として生まれ落ちてから、時代とともに様々な人間に編曲され、BGMとして大衆化され、現在ではこの喫茶店で安ぽいスピーカーから流されている。
 喫茶店の店番をしている娘は、暇そうにカウンターで頬杖をついていた。店は広いが客はまばらで、いずれの客も常連だた。ゆめうつつで雑誌を読んでいる者や、自分の爪を執拗に磨いている者。いずれの人間もわたしのことは家具や照明と区別がついていないようだた。わたしの生みの親は家具の音楽を良しとしたが、容易には理解しがたいことだた。
 爪を磨いていた客が、満足そうに自分の手の甲を眺めたのち、小銭をテーブルに置いて店を出ていた。ドアに取り付けられた鈴の音がわたしと混ざり合い、苦虫のような余韻をこの風景に残す。

2,
 店番の娘が食器を片付け、小銭をすばやくポケトに突込んだ。ちうどわたしは第2番に入ていた。どのように編曲されていても、わたしはいつもこのときばかりは迷子の心持ちになた。苦虫に翅が生え、柔い上昇気流に乗て鱗粉を振りまく。娘は素知らぬ顔でカウンターの内側へと戻ろうとしたが、つまずいて転びそうになてしまい、その足は大きな音を立てた。その道は意外にも遠かた。わたしがもたらす風景では家路は雲よりも先へと続いていた。すかり雑誌を枕にいびきをかいている客も、伝票をくしくしにしている娘も、わたしを聴いてはいなかた。聴いてはいないがその風景は確かにもたらされつづけた。さながら主人の帰りを待つ忠犬のように、さながら粗大ごみに出されたタンスのように。

3,
 雨が降てきた。娘は窓の外へと目をやた。
 雨はわたしと混ざり合た。鈴やいびきのあとは雨音か。しかしそれは幾分か優れているといえた。雨はわたしを重くする。雨雲から落ちてきたわたしの風景が、草木をたたえ、海をうるおし、蝶を木陰で休ませた。店の娘も、眠ている客も、雨音には一様に耳を傾けた。わたしは雨とともにあた。
 ゆくりと、厳粛に、わたしは混ざり合ていく。目を覚ました客が、冷めたコーヒーにミルクを混ぜ合わせていた。スプーンが白い渦をえがき、いつの時代とも知れぬ、どんな地域とも知れぬ喫茶店の、安ぽいスピーカーへと流れ込む。
 その普遍的な潮流は、わたしが鳴りやんでからも、消えることはなかた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない