てきすとぽいトップページへ
第72回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
〔 作品1 〕» 2  4 
恋から愛が生まれるとき
 投稿時刻 : 2022.12.10 23:17
 字数 : 1684
5
投票しない
恋から愛が生まれるとき
浅黄幻影


 五年間、私たちは付き合た。出会たのは大学、私が三年の冬に研究室に入たときだ。一年年上の彼は私の指導をしてくれて、そのときに親しくなた。彼も私も大学の近くに住んでいて、夜遅くに実験機械の順番待ちで話すことが多かたからだた。毎日のように五時間、六時間と研究室で時間を潰し(そして結果は三十分で出ることもあり)、あるいは遅くまでもとがんばるほかの人たちと話していた、おおらかな大学時代だた。
 彼がその気になていたのを知ていたし、私もそのつもりだたし、そして私が大酒飲みなのもあり、酔た勢いで開いた私の家での三次会でふたりで飲み明かしたとき、私たちは付き合うことになた。ボトルの大五郎から「おーと」とガラスコプに注ぐたびに笑い合たのはいい思い出だ。その夜にはつまみなんていらなかた。必要なのは酒で顔を赤らめて気を大きくし、体裁を整えようと髪を整えてつつも本当は気持ちを伝えるためのアピールなものをして、最後に抱きしめ、虚ろな目で見つめ合てキスをすることだた。

 それから、ふたりとも卒業し、就職し、通い合いの恋愛の末に同棲を始めた。一緒の部屋にいると空気も違う。ひとりひとりの生活品から生まれる匂いとそれぞれの香りが混ざり合た、新しい生活の匂いだた。大五郎は卒業し、ちとだけ日本酒を一升瓶で買てくるようになた。
 私たちの仲が冷め始めたのはいつだただろう。あれだけ一緒に抱擁とキスをして、テレビの前で肩を寄せて、スパゲテをゆでる横でソースをかき混ぜたのに、いつの間にか手をつなぐことはなくなり、お気に入りのマグカプは割れたのを機にそれぞれ別のものになたり、ベドで眠るときも向き合たり腕を回していたのが背を向けるようになたり……

 それで、私はキレた。ある夜、夕飯を食べ終えると同時に私たちはけんかになりキレた。酒はだいぶ入ていた。
 開けぱなしの電子レンジの扉を思い切り強く締めて「あーあ!」と嘆いて、ふたりが住むにしてはやや大きいソフに身を投げた。私の悪態に、彼は何も言わない。当たり前だ、彼が悪いんだから、何も言い返さないのは当然だ。言うのなら私への謝罪だ。でも、彼は黙ている。キとにらみつけると、彼はにらみ返さない。彼の目の色は困惑していた。私とどうやて和解するか困ているのだ。彼は何も言わない、言い返すことも謝ることもできない。
 午前零時を過ぎ、食器もそのままのテーブルを挟んで私たちはまだ対峙していた。言うことは何もない。けれど、ピリピリした空気で充ちている。たくさん飲むのに適している大五郎を台所の隅から持てきて、コプに注いで私だけやていた。彼といえば、ずと突たままだ。
 でも私も少し後悔し始めた。キレる必要なんてなかたんじないだろうか。冷めた関係を温めるのにキレるのはどうなんだろう。そんなことをして、傷は修復されるのか? 修復しようとしてハンマーで殴るようなものでは?
……悪かたよ」
 やと彼が口をきいた。午前一時だ。
「それだけ? 言うことはそれだけ?」
 私はまたキレてしまた。これには彼もむとした様子だ。
「そうだよ、悪かたよ。謝るよ。ごめん。……それだけだ」
 彼は風呂に入ると言てバスルームに向かおうとした。
 私はカ!とコプを置いて、彼に駆け寄て手をつかんだ。彼はもう話すことはないと言た。
「もういいだろ、一時だ。ささと寝てしまおう。この話は終わりだ」
「謝るとか、悪かたとか……それだけじダメ! もと、もと怒てよ!」
 私は思い切りキレて、思いの丈をぶつけた。なんで怒らないの? 怒らないと私たちの気持ちの行き違いの原因がわからないじない! この場はなんとなくやり過ごせるかもしれないけど、火種はずとこのままだよ? それじダメなんだよ、もとさ、もと言い合おう? もとけんかしよう!
 それで私たちは思い切りけんかをした。でも、それはたた五分のことだた。けんかが終わた私たちは思い切りいい笑顔をしていて、ふたりの間に生まれていた距離はぐと縮またんだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない