てきすとぽいトップページへ
第45回 てきすとぽい杯
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  13 
産業主義
 投稿時刻 : 2018.06.16 23:37
 字数 : 1281
5
投票しない
産業主義
浅黄幻影


 その日は客が二十人ほどやてきていて、大変賑わた日だた。彼は友人からのすすめだた。汗をハンカチで拭きながら、緊張と不安で私の部屋に入てきて、そして話した。
「新しい商品のコピーを考えているんです、まだ決まていないんです。コピーというのは、まあ、売り文句みたいなもので、こういうのは商品と一体となて作るので、後から付け加えるわけじないんです。それで……先生に、何かいいお考えがないかと」
 私は彼の年齢と誕生日を聞いた。四十五才七月七日生まれ。
 私は仰々しくいくつかの本を開いて眺め、彼に言た。
「まずはあなたのことを知らないといけませんから。時期的にですが、ご結婚されていますね?」
……はい」
「奥様はおそらく、若くて、五月生まれでは?」
「そのとおりです……
「子宝には恵まれていないようですが……それも気になさているようですね」
「そういうこともわかるんですか」
「なんとなく見えますね。大切な方を大事になさるといいと思います」
 すべてこの客を紹介した男が友人関係で話したことだた。その信用ももとにして、おおよその住所と家族構成、会社の位置……などを聞き出した。
「ご相談の件ですが、基本に立ち返るといいと思います。ご商売の件では、私は繊細な判断はできませんが、迷て焦てはいけません。もちろん時間がないのでしうが。いくつか確認をするといいでしう。過去の経験も豊富なようですし。もと周囲を見ましう。商売は見えないところから始まるのでしう?」
「そうです!」
 彼は心を掴まれたようだた。
「そうです! 私はそれを考えていたんです。そうなんです! 百円しか持ていない人は、千円のものを買うために努力はしても、一万円のものは追いません。だから、ギリギリ見えるか見えないかから……そうでした。ありがとうございます。私は、これで大丈夫です!」
 男はさらに吹き出した汗をおさえながら出ていた。
 私は彼を微笑みながら送り出した。彼が何を言ていたのかはさぱりわからなかた。
 私は悪魔である。

 私たちは占い師のなかでも、本物の悪魔。あの世界からやてきたもの。
 占い師のところへは多くの人間がやてくる。幼い子の未来、恋人、学業、就職……そしてお金。お金の問題はかなり多い。なんといても、お金以外の問題はたいていお金で解決するから。
 悪魔が欲しがているものはお金ではないが、産業はもとも豊かな私たちの喜びのもとになている。
「この新商品はあなたの人生をこんなに豊かにしてくれますよ。あなたにお似合い、もと素敵になれます。笑顔になれます、ハピーです。」
 そう言ていらないものを売り込んで、欲しがらせて、お金のために働かせる! 今日のようなお客は大歓迎。その最たる者なのだから。働けば働くほど、産業は肥大化して苦しみは増していく。そして私に助言を求めて間違た道を歩み、苦しむ。私たち、悪魔のしあわせのもと。
 人間には言わせておけばいい。
「新しい生活始めました!」
 そして最後まで「しあわせを始められる」と思わせておこう。それこそが、私たち悪魔にとてのしあわせなのだから!
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない