てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
紫陽花メタモルフォセズ
 投稿時刻 : 2019.04.22 19:44 最終更新 : 2019.04.28 10:49
 字数 : 4236
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
椋木に触れて彼女の亡骸を発見した展開が良かったです。
雌雄同株である椋木は男であり女でもある人そのものの象徴だといえます。他者と繋がれなかった主人公が勇気を出して人に触れたからこそ、彼女の現在と繋がれた。
主人公の人間関係が良い方向へ変化する予感もあって、気持ちいい読後感でした。
ひょっとしたら紫陽花の毒が見せた幻だったのかもしれませんね。

プロフィール画像
2019.05.31 22:56
金銅鉄夫 @AuCuFeO
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
とても素敵な感想ありがとうございます。
暗い設定ではあるけれど、最後はポジティブに感じるように締めたつもりなので、
とくにそこの部分の感想が嬉しかったです。

コメント前に
する
ネタバレを含む