てきすとぽいトップページへ
第7回 文藝マガジン文戯杯「COLORS」
 1 «〔 作品2 〕» 3  11 
冷たい檸檬
 投稿時刻 : 2019.04.26 19:31
 字数 : 2219
5
投票しない
冷たい檸檬
地主恵紀


 開け放た窓から、冷たい秋風が入り込んだ。金木犀の甘い香りが運ばれてくる。菫色の空を、優しく光る細い三日月や星々が装飾し始めた。ため息をつく。
 外をしばらく眺めた後、キチンへ行き、冷蔵庫から冷えた四角い容器を取り出す。昨日作た檸檬の蜂蜜漬けが中には入ている。とろみのある金色が美しい。檸檬を一枚口に運ぶと、爽やかな甘さが広がた。少しだけほろ苦いのも、良い。
 キチンには檸檬が三つ。その一つをよく洗い、まな板の上にそと転がした。黄色い紡錘形は一回転して、止まる。薄く切ていくと、清々しい香りがする。
 私ではない、他の誰かに恋をし始めた頃の、彼のような香りだた。
 私には恋人がいた。温厚で、ゆたりとした川の流れのような人だた。愛嬌に富み、嘘がつけない良い人だ。
 
 公園は家族連れが多く、賑やかだ。小さな女の子が母親とシロツメクサの冠を作ている。微笑ましくて、つい笑みがこぼれた。
「可愛いね」
 優しい声が隣からした。
「そうね。懐かしい」
「そうじなくて、君が」
 一の言葉には、頬を赤らめる以外の反応ができない。私の頭の上にぽんと手を置いて、彼は笑ていた。
 足元に、シロツメクサに混ざてピンク色のアカツメクサが咲いている。一はそれを摘み取ると、私に差し出した。
 日々が愛おしい。そう思た。

 雨の降る日、私は待ち合わせの時計塔の下にいた。地面を強く打ちつける雨。白い飛沫が激しくなる。不規則な音と冷たさが寂しい。
 見慣れた靴が近づいてくる。隣には、黒いリボンのついたおしれなレインブーツ。目線を上にあげる。壊れた折り畳み傘を持た恋人が、見知らぬ女性に傘をさしてもらている。すらりとした美人で、長い髪をひとつにまとめている。女性から見た、格好良い女性といた印象だた。
「ああ、どうもありがとうございます。なんとお礼したら良いか」
「良いのよ。それなら今度食事でも」
 一がちらりと私を見る。どうすれば正解なのか分からなくて、思わず目をそらした。
「失礼しますね」
 背の高い女性は、コツコツとヒールを鳴らしながら去ていく。
「遅くなてごめんよ。傘が風で壊れてしまてね、ここまで入れてもらてきたんだ。タオルも借りてしまたよ」
「いいのよ。それより食事、行くの?」
 聞きたくないことを、聞く。
「返さないといけないものもあるから、いずれ一度は。どうして?」
「どうして…… 気になただけよ」
「もしかして――
「違う」
 私は冷たい言い方をしていることに気がついた。今更言い直すことなどできない。
「今日、調子よくないかも」
 咄嗟についた嘘。なんとなく、一緒にいたくなかた。冷たい自分が許せなかたから。無理しなくても良いと言て、一は家まで送てくれた。彼は優しく労わてくれたが、私はつんとしたままだた。置いておいたビニール傘を渡して、彼には帰てもらた。

 それから数日間は、自己嫌悪の塊になていた。どうしてああいう言い方をしたのだろう。どうして嘘までついたのだろう。嫉妬だと言ていれば、何か変わただろうか。霧は晴れないままだた。
 一とは連絡を取り合うことも減てきた。何を話せば良いか分からなくなていた。
 厚く切りすぎた檸檬を口に入れる。甘くもない。ただ、酸ぱくて苦かた。厚く切たのなら、もう少し薄く切れば良い。それだけのこともできなかた。そのまま口に放り込んで、我慢していた。

 三週間が経た頃、風の噂で、一が私ではない他の誰かに恋をしていると知た。何となく、予想していた。何となく、納得できた。
 ただこのまま黙て離れるよりは、別れの挨拶くらいしておきたいと思た。時計塔の下、恋人を待つことにした。珍しく、時間ぴたりに彼はやてきた。
「話したいことがあたんだ。ちうど良かた」
「あのね」
「何だい?」
「私、好きな人ができたの」
 嘘をついた。苦しい嘘だた。
「そうか」
 一の顔は、どこかほとしたようだた。
「今までありがとう。ごめんな」
「どうして謝るの?」
「嘘までつかせて。ごめん。幸せになてね」
 恋人だた人は清々しい檸檬のような香りをさせて歩いていた。あという間だた。別れというのはこれほどまでに淡々と終わるものなのかと思た。
 家に帰てドアを閉めると、堰を切たように涙がこぼれだした。
 おもむろにキチンに置いてあたひんやりとした檸檬を手に取り、頬にあてた。思い返すのは穏やかな日々。悲しさよりも悔しさを募らせた。

「あなたが私を好きではなくなて、他の誰かに思いを寄せていても、私は少しも気にしません」
 
 また嘘をついた。
 
 薄く切た檸檬を新しい容器に入れていく。蜂蜜の金色が、檸檬色に溶け込む。爽やかな甘さが好きだた檸檬が、酸ぱくてほろ苦いものだとあの日気づいてから二回目の秋。
 忘れられない香りの中で、今日も私は可愛くない嘘をつく。
 私は彼の幸せを祈る自分に酔ているだけの、女なのかもしれない。


「冷たい檸檬」
あなたが私を好きではなくな
他の誰かに思いを寄せていると
風の噂で知りました

冷たい檸檬を頬に当て
悲しさよりも悔しさを募らせました

あなたが私を好きではなくな
他の誰かに思いを寄せていると
風の噂で知りました

冷たい檸檬を頬に当て
穏やかな日々を思い返しました

あなたが私を好きではなくな
他の誰かに思いを寄せていても
私は少しも気にしません

爽やかな甘さが好きだた檸檬が
ぱくてほろ苦いものだと
初めて気づかされました
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない