てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
薄紫の夜明け
 投稿時刻 : 2019.05.02 14:21
 字数 : 249
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
夜明けがシームレスに朝へと繋がらずに、瞬きで新しい朝が始まってしまったのが良かったです。そのまま朝になっていたら、きっと想いは残ったままだったと思います。なにかを断ち切ってなにかを始める。その瞬間が短い言葉で巧く描写されています。
1点気になったのが導入部です。空、光、月と星々の順番で書かれていますが、視点が全体、拡大、全体と忙しなく動きます。空、月と星々、光の順番のほうが読み手が入り込みやすい気がしました。

プロフィール画像
2019.06.01 00:33
地主恵紀 @jinushikeiki
ご感想をくださいましてありがとうございます。順番についてのアドバイスをいただけて、ありがたいです。今後の創作活動において、意識していけたらと思います。感謝します。

コメント前に
する
ネタバレを含む