てきすとぽいトップページへ
第7回 文藝マガジン文戯杯「COLORS」
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  11 
少女の赤い鎧
こなた
 投稿時刻 : 2019.05.06 15:11
 字数 : 1226
5
投票しない
少女の赤い鎧
こなた


雨が降ていた。
薄暗い灰色の空にサアという音が単調に響く。
それに混じて少女の靴が水たまりに接触するピシンピシン、という音。
靴が、靴下が水を吸い少しずつ重く冷たくなる感覚がまるで帰宅をしぶているようだ。
そして少し後ろから聞こえるバシバシという複数の雑な足さばき。
それに隠れるような大きすぎるひそひそ話。
オカネモチの南さん、あといつもRPGのパーラクターみたいに後ろや横にぴたりしている女の子たち……名前はなんだけ?後井さんと横田さん?まさか!
くすりと少女は笑た。

こんなことで笑ていられるのも雨音で嫌なことが聞こえないからだ。今日が雨でよかた、少女はそう思た。
サア
ピシンピシ
バシバシ
繰り返される単調な音を聞き流し、左足右足と歩を進めていく単純な作業を繰り返しながら、少女は無意識に数時間前の授業風景を思い出していた。
出来の悪い映画を、それでも暇で死ぬよりはマシといた体で。

「この中で本当の赤でないランドセルはどれですか?」
それは、道徳の授業で多様性を学ぶという趣旨の授業だたようだ。
カラフルなランドセルが流行ている昨今、赤いランドセルの子はそう多くはない。それでも、クラスの女子で一番多い色だた。
「吉川さんのランドセルだと思います」
さきに少女のランドセルが指さされた。少女のランドセルはお下がりのものなので同級生のそれと比べて色も形も随分くたびれていた。
ひとしきり少女のランドセルが赤く見えない理由がクラスから挙げられた後、最後の5分間で先生が本当の赤とは人それぞれ違うこと、みんなちがてみんないいとそれらしいことを言て授業は終わた。

サア
「あたしの……は、本革で」
ピシンピシ
「本物……
バシバシ
「さすが……さん」

回想から現実に戻てきた途端、囁き声が断片的に少女の耳の中に飛び込んできた。
聞いてはいけない、そう思たが、聞きづらいために余計に意識がそちらにいてしまう。
ヤメテ、ヤメテ!
耳を塞ぎたくとも傘が邪魔でそれは叶わなかた。

サア
……さんの汚い……
吉川さんの汚いランドセル
ピシンピシ
「買い……
買いかえればいいのにね
バシバシ
「ムリでし

一瞬、世界が静寂に包まれたように少女は感じた。
何故なら聞きたくない言葉がはきりと少女の耳に、脳に浸透したからだ。

「だて、吉川さんはパパがいないんだもの」

その言葉を聞いた少女は、後ろを勢いよく振り返り後ろの三人組の真ん中の女子を見据えた。少女と一緒に回た傘から滴がポロポロ零れる。

「このランドセル、気に入てるの」

言いたいことを言い終えると少女はすぐに前を向き直て歩き出した、唖然としているクラスメイトを置き去りにして。

ボロボロの赤いランドセルが勲章のように感じられた。
足が前へ前へと急く、はやくお母さんに会いたい、会て抱きしめて「だいすき!」と言いたい。
少女は軽やかに駆けた。

雨が上がた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない