てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
君の最後
ぷーち
 投稿時刻 : 2020.04.18 23:43
 字数 : 1653
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2020.04.26 02:30
whiteorca @white0rca
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
子どもに対する感覚はとてもリアルな質感があると思う。赤子を形容する言葉の選択が芋虫などと、語り手の感情を上手く表現している。冒頭に描かれる食べない部位で呼ばれるということと、結末の「どこだろう」がブラックに感じられて、素直に怖い。生まれていくものの違和感と気持ち悪さは、どこかあるものだろうとは思うが、ここまで正面から描いてくるのはとても確信的な企みを感じずにはいられない。女という性が感じる感覚なのだろうか。出荷という表現が、また面白い。

コメント前に
する
ネタバレを含む