てきすとぽいトップページへ
第14回 文藝マガジン文戯杯「花言葉」
〔 作品1 〕» 2  6 
テロリスト・ブルーアイリス
 投稿時刻 : 2021.01.16 02:03 最終更新 : 2021.01.16 03:34
 字数 : 1462
5
投票しない
更新履歴
- 2021.01.16 03:34:02
- 2021.01.16 03:31:05
- 2021.01.16 02:03:55
テロリスト・ブルーアイリス
shitamachi-taro


「また、野党の議員ですね」
俺は先輩の刑事に言た。
周囲には鑑識がいたが、俺たち刑事も現場を検証していた。
「ああ、ナシナルアセト法に反対していた議員だ」
「しかし、自民党の議員を野党の議員と言うのは、なれませんね」
「しかたがないだろ、共産党の首相になて、立憲民主党が与党になたんだから」
そうだ、コロナ対応に自民党・政権が失敗して、いつの間にか共産党・立憲民主党連合政権に日本はなた。
そして、共産党から首相が選ばれた。
国民は不思議なことにそれを自然と受け入れた。
ナシナルアセト法とは「国と国民の為の資産法」のことで、これは一言で言うのは難しい。
ただ、言えるのは自民党が下野して、与党の親中派が日本国内への中国からの出資を募るための手段だた。
いつの間にか、尖閣もなの状態になり、人民解放軍の軍艦が通過するようになていた。
日本の各海峡は中国とロシアの艦船が自由に行き来するようになていた。
て、中国、ロシア軍の偵察機が日本の領空を侵すと航空自衛隊のスクランブルがかかていた、スクランブル出動も禁止された。
「ところでやぱりあたか、あやめは?」
「ありましたよ。ふざけたことにほとけさんのスーツの上着のポケトに差していました」
「テロリストとしても、ふざけているよな」
「これで四人目ですね」
「ああ、さすがに五人目になると、桜田門への国民の眼も厳しくなる」
「それもありますが、市谷のほうも大変らしいですね」
桜田門とは警視庁。
谷とは防衛省・自衛隊のことだ。
「市谷は親米派だとへき地の隊員募集に飛ばされるとさ」
「うちは都内に限りますからね。そう言えば、先輩、あきる野の交番勤務の時期がありましたよね?」
「今の刑事よりそちがよかてかみさんがぐちをこぼすよ。なにせ、俺のところで子供が生まれた時にそれがニスになるぐらいのんびりしていたからな」
「悪くないですよね、二課にいるより」
「ああ、これも一課で扱いきれないで二課になたからな。あきる野にいた頃なんて、地元の子供相手に交通ルールを教えることがメインだたぐらいだよ」
先輩はぼやく。
「ところで、なんであやめなんでしうね?」
「うーん、そこだけど、本部のなんらかのメセージはあるだろうけど、わかていない、だから……
「殺めるであやめならセンスがないすよね」
「そこなんだよな」
「あやめの花言葉は希望だと言う説も」
先輩はいやそうな顔をした。
「バカを言え、こんな日本のどこに希望がある。よぽど給付金をけちたいちご農家の首相のほうがましだた。最近の外事部ののことは耳に入ているだろ?」
「ええ。人民解放軍がサーバを閲覧できるアカウントがあるとかないとか」
「誰が敵で、誰が味方かわからん」
「テロリスト・ブルーアイリスとか呼ぶ連中もいるらしいですよ」
「なんだ、それ?」
先輩はきとんとした顔になた。
「なんでも、そういう国士様のブログがあるらしくて。blueirisr.jpてドメインがあるそうです。日本の新たな希望を書いているらしいす」
「お前、それ、捜査会議で言たか?」
「いやー、都市神話だとばかり思て」
「バカヤロウ!一応、サイバーの連中に身元を洗わせろ」
事件はあと言う間に解決した。
ただ、いつの間にか捜査本部は解散して、関わた捜査員は二課から外された。
俺と先輩は小笠原の交番勤務になた。
一応、都内で警視庁の管内だ。
、事件も起こらず平和な毎日だ。
俺はスキバーを覚え、海の落としものを探している。
先輩のところは子供が増えた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない