てきすとぽいトップページへ
第14回 文藝マガジン文戯杯「花言葉」
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  6 
花を授ける
 投稿時刻 : 2021.01.31 11:05 最終更新 : 2021.01.31 18:03
 字数 : 1664
5
投票しない
更新履歴
- 2021.01.31 18:03:46
- 2021.01.31 11:48:59
- 2021.01.31 11:28:23
- 2021.01.31 11:05:54
花を授ける
住谷 ねこ


クスクスクスクスクスクスククスクス
「今日はどうする?」
「何人?」
「三人かな。女の子がふたり。男の子がひとり」
「しりとりの続き」
「なんだた?」

「この子だよね。この目の下にほくろがある子。ヤマブキにしたんだよ」
「じ、次はキからね」

病院だけど、なんとなく明るい感じがするのは
壁紙が柔らかなクリーム色でクマや、ウサギの絵が
浮き出たような模様だたり
そこかしこにぬいぐるみが置いてあるからだけではなく
新しい命はエネルギーに満ちていて
さあ、これからだよて空気が流れているからかもしれない。
新生児室と書いてあるその部屋は消灯後も、うすらと灯がともている。

透明な小さなベドに寝かされたあかんぼが十人。

そのうちの三人は今日生まれたばかりだ。

 今日の子に花を授ける。

 「キク」とAが言う。
すかさずB、「え?なに、いきなりキク?」
「いいじない。キク。 次はクね? く、く、くー」特に気にしないK。
「いや、ちと待てよ。キクてさお墓とか仏壇に供えるよね」Bは納得しないようだ。

「別にそうとも限らないよ。いつどこに飾てもいいと思うよ」とKが。
「いやいやいや、やぱり死が隣にあるイメージでしう。キクは仏花でしう」Bはキクが気に入らないよう。
「プリテリオとか、レオンとかの洋菊もあるよ。ロマンチクガールとかどうよ?」とK。

「まあまあふたりとも」
「なにがまあまあだよ。Aがキクなんて言うからじない」
「だて。この子」 とAとBとKの中央にはあかんぼ。

ほゆほゆとした少しの髪
産道に擦れて少し赤くなているほぺた
と握た小さな手には
砕いたアーモンドみたいに小さな爪がちんと
ひとつづつ。

「この子、見たら絶対キクて思たんだもの」と、A。
「そおかな。そお?」Bはそうだ、とも違う、とも決めかねる。

A「絶対そうよ。ピンクのキクのイメージ」
B「うーん」
K「いいんじない?ピンクのキク。花言葉は甘い夢」

A「へえ。そうなんだ。いいじん。ぴたり」
B「ふーん。そうなの?ロマンチクガール?」
K「ロマンチクガールに限らず、ピンクのキクは甘い夢」

B「じ、いいわ。それで」
そういうとAとBとKは同時に中央のあかんぼに手をかざし、祝福あれとつぶやいた。

B「じ、次はクね。Kでし?」
今度は隣のベドを取り囲む。

K「クロカス、クロカスはね青春の喜びと言う花言葉がついているよ」
A「なんで急に花言葉なのよ。昨日はただのしりとりだたじん」
K「しりとりもいいけどさ。同じ音から始まる花はいくつもあるじない?
その中のどれにするかの参考になるかなと思て」
A「まあこの子も言われてみれば青春て感じの顔だよ」

B「あそ。じ次、わたしね。ス。スミレ」
K「何色の?」
B「え?色?スミレは紫でしう」
K「じ、貞節と愛だ」
A「えーこの子男の子なのに」
K「男の子じダメなの?」
A「だめじないけど、男なのに貞節と愛だなんて窮屈そうじん」
B「わかた。じ黄色は? 黄色はあるの?」
K「あるけど」 ちと不満気なK。「田園の幸せとか、つつましい喜びとか」

AもBもKも。
「東京なのにね……」「素朴だ……」「地味かな……
「まあいいんじない?」
クスクスクスクスクスクスクスクスクスクスクスクスクス。
そうしてまた、 手をかざし、祝福あれとつぶやく。

「じ、また明日。明日はレからね」
「Aの番からね」
「レ、レ、レ レね」

見まわりの看護師が二人。
「今日、生まれた女の子のおかあさん、母乳の出が悪いんだて」
「どちの女の子?」
「えーと、あれ?男の子のおかあさんだたかも」
「一応、もう一度確認しとこうか」

新生児室のドアを開ける。

「え?あれ?ちと花の匂いする」
「え? 花?」

「花かな。草かな。なんかいい匂い。自然の匂い」

「そお?私しない、鼻悪いからかな」
「鼻、悪いんだ?」
「うん。悪い」

「あ。気のせいかも、もうしない」

「そういえば、婦長さんもそんなこと言たことあた。
なにか匂いしない?て」

「へ
「花とは言てなかたけど」

「へえ」

【了】
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない