てきすとぽいトップページへ
第61回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動9周年記念〉
〔 作品1 〕» 2  11 
つらつらめんめん
 投稿時刻 : 2021.02.13 23:31
 字数 : 874
5
投票しない
つらつらめんめん
犬子蓮木


 顔がなかた。
 目がなく、口もない。鼻もなく、シワもない。つるりとした曲面だけが彼女の顔だた(ちなみにアレがなかた世界線なので多くの人はマスクをしてない。彼女もわたしもマスクはしていないものとする)。
「こんにちは」彼女が言た。
 口はないので開きもしなかた。ならばこの声はどこから聞こえてきたのかわからない。耳はある。だから耳がスピーカーのようになたのかといえばそうではない気がする。耳はやはり耳だろう。
「こんにちは」わたしは挨拶を返す。
 ここは暗い夜の山道などではなく、にぎやかな昼間の繁華街だ。なのでいきなり悲鳴をあげたり、駆け出して逃げるというのもどうかというものだろう。彼女は友好的な言葉で接してきたのだから。
「あの道を聞きたいのですが」彼女が言た。「原島駅へ行きたいのです」
 ちうどその駅から来たところだた。だから一緒に行くわけにはいかないけれど道はわかる。
「この道をますぐいけば左手側に見えてきますよ」
 わたしは手で背後の道を指した。しかし見えているのだろうか? 口がなくとも声が出せるなら、目がなくても見えるか。
「ありがとうございます」彼女は丁寧に頭をさげてから伝えた通りの道へ進んでいた。
 ああ、驚いた。さすが都会にはいろいろな人がいるものだ。まさかあんな人に会うとは。周りの人が驚いた様子を見せていないので、都会にはよくいるタイプなのかもしれない。
 春からの入居先を探しに来たけれど、もし隣の人が同じように顔のない人だたらどうしよう。引越し蕎麦を配ていいのかもわからない。いや、食べなければ死んでしまうだろうから、どうにかして食べるのだろう。いやいや、最近は食べ物を渡さないで、ギフトカードなどがいいとの話も聞く。
 これからの新生活に不安がいぱいだ。
 でもドキドキもする。
 これからどんな人に会えるだろうか。
 もし顔のない人がいぱいいたらどうやて個人を判断すればいいだろう。
 ふるまいとかでわかるかな。
 髪型で? でも変えられたら困る。
 そんなことを考えながら歩いていく。
 鼻の上にひとつだけある、大きな目で、都会を眺めながら。
                                    <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない