てきすとぽいトップページへ
第64回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  9 
僕と妻とラブドール
 投稿時刻 : 2021.08.22 01:59
 字数 : 1000
5
投票しない
僕と妻とラブドール
うらべぇすけ


 まだまだ夏盛りというのに、連日の雨に少し肌寒くも、眠るには十分に快適な二○二一年八月二一日の夜。僕は夢を見ていた。
 夢。特別、夢日記をつけているというわけではないが、夢の内容をはきりと明瞭に覚えていられるのは、僕の数少ない能力のひとつだ。覚えていられるばかりか、明晰夢を通り越して「幽体離脱」まで出来てしまうのだが、それはともかくとして、その日の夢は本当に懐かしい人物が登場した。
 彼は、大学時代の友人であり、お互い社会人となてからは、またく交流がなくなり、今や連絡先もわからない。長身で極度に細身の、ピザ屋のアルバイト生であり、恐ろしいほど不幸体質の持ち主で霊感も強く、夜な夜な心霊スポトにともに出かけたものだ。
 そんな彼と、僕はどうやらラブホテルにいるらしい。ラブホテルというには、あまりに雑然。ベドと呼べるものは見当たらず、L字型のソフが唯一の寝具といえるだろう。特に特徴的だたのはホテルと謳いながら、隣室との境のドアに施錠器具がなく、普通に行き来可能なプライバシーのなさに、僕は肩をすくめるしかなかた。
 そこで彼が僕に見せてくれたのは、二体のラブドールだ。黒髪の少女らしい身体つきの彼女は「まゆみ」というらしい。もうひとりは、まゆみと似たり寄たりな風貌で、ふたりが姉妹であることは一目瞭然であたが、まゆみと違てさらに低年齢な様子で、彼女を「まゆ」といた。そして、どういうわけか、彼女たちのうち、まゆを僕にくれるというのだから、なにがなんだかわからない。突然、目の前に有名通販サイトのレイアウトが浮かび上がて、六八一円という安さに目を丸くするのだが、そうはいても、ドールには並々ならぬ熱量を抱く僕だ。とりあえず、ソフにまゆを寝かせて、毛布をかけてやる。
 ここで場面転換の暗転が訪れる。ややあて視界がひらけると、なにやら満足そうな顔で前に立つ彼と、その機能を十分に発揮したと思われる足元のまゆみ。不憫に思ていると、突然ヤンキープルが乱入してくる。そして、ここから出て行けと言てくるのだが、さきまで横たわていたまゆみがいない。僕は、彼女の名を大声で叫んだ――
 なんの違和感もなく目を開けると、穏やかな寝息を立てる妻の顔。乱れた毛布を整えて、そのちいさな身体を引き寄せる。しかし、まゆみて誰だ。
 ふとあげた視線の先に腕のないラブドールが暗闇のなかに浮かび上がていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない